スポンサーリンク

 

この記事では、ノマドワーカーとして生活する私が「海外旅行をする時に機内に持ち込む荷物」を紹介しています。

1飛行機に乗る時に、何を持っていけばいい?
2快適なフライトにする為にあると便利なものは?
そんな疑問をお持ちの方に向けて、記事を書いているのでぜひ最後まで読んでみてください♪

リュック派?スーツケース派?

 

私は、断然リュック派!機内持ち込みサイズのスーツケースは、1つも持っていません。
現在は、ノマドワーカーとして放浪しながら生活しているので"大きめのスーツケース×リュック"が基本の持ち物ですが、以前は以下のマイルールに沿って持っていくバッグを決めていました。

 

1〜2泊 リュックのみ
1週間以内 リュックと折りたたみ旅行用バッグ
1ヶ月以上 スーツケースとリュック

 

私は、LCC(格安航空)を使って移動することが多いので、断然リュックで機内に入った方が便利でコストがかかりません。

 

というか、身軽&両手が空くので動きやすい!

 

LCC(格安航空)といえば、

  • 受託手荷物制限2つまで(合計7kg)
  • 当日の超過代金が高い

といった、制限があります。

※航空会社によっては、10kgまでOKというところも。

 

 ちなみに預け荷物は、20kgまでというところがほとんど。事前に申し込みをしておかないと高額な超過料金が取られるので要注意!

 

で、機内持込みのスーツケースだと、軽くても3kg以上はありますよね。3泊以上の荷物を詰めたらあっという間に7kgなんてオーバーすると思います。

 

しかも、手荷物制限は2つを合わせて7kg以内に収めなければいけません!

 

みなさん、機内持ち込みのスーツケース以外に貴重品を入れるバッグも持ち歩きますよね?パソコンやカメラを入れたらあっという間に重量オーバーの可能性も。

 

ということで、私は機内に持ち込みにベストなカバンは、リュックだと思います!

 

私が愛用するリュックとスーツケース
のレビュー記事書いてます!
↓ ↓

 

スポンサーリンク

機内持ち込み手荷物

ここからは、私の機内手荷物を順番に紹介します♪その数、全部で24個!意外と多かった。でも、これを持っていけば、快適な空の旅間違いないと思います!(たぶん・・)

 

ぜーんぶ、このリュックに入れます。

アークテリクス / マンティス26

 

1.パスポート

 

 

絶対忘れちゃいけない、持ち物NO.1がパスポート。渡航先によって、必要な残存有効期限も変わってくるのでしっかりチェックしておきましょう!

 

私は普段からパスポートケースに入れて、さらに母子手帳ケースに収納。予備のクレジットカードやお金など・・万が一、財布が盗られても大丈夫なように分散して入れておくことで、リスク軽減が可能です。

 

 

パスポートだけだと、こんな感じです。パスポートケースは、イルビゾンテのもの。皮で長く使えば使うほど手に馴染んで味が出てくる感じがたまりません。で、気づいた方もいるかもしれませんが「このグレーのバンドみたいなの何?」と・・。これ、すっごく便利!!

 

SIMカードとピンが収納できるケースなんです!!

 

経験ある方もいるかもしれませんが、SIMフリーの携帯を使っている場合、現地でSIMカードを購入してセットすることありますよね。ピンは絶対に必要なアイテムなんですが、私は気づいたら無いということが多い・・。

 

結局、安全ピンとかで代用するんですが、このアイテムに出会ってから、ピンとSIMを同じ場所で保管できるので、無くさなくなりました!

 

 

SIMも、2枚程度なら十分に収納できます♪伸縮性のあるシリコンバンドになっているので、フリーサイズで使用可能。パスポートや手帳につけておけば、紛失防止対策もバッチリですよ!

 

この便利で素晴らしいアイテムは、
楽天でもAmazonでも購入できます!
↓ ↓

 

2.ボールペンとノート

 

 

国によって税関の書類やArribal Card・Departure Card(出入国カード)の記入が必要になる場合があります。フライトの間に記入しておけば、到着後にスムーズに出国できますよね!筆記用具は、何かと出番が多いもの。

 

ノートは、何か思いついた時に書き留めたりするように持っていますが、ペンとノートはセットで持っておくといいと思います。

 

3.財布

 

 

わかりやすい長財布や折りたたみ財布は持ち歩いていません。無印良品で買ったポーチを財布代わりに使っています。

 

 

リュックについているフックに財布のフックを引っ掛けて盗難防止もバッチリ。パッと見、財布に見えないし(ここ大事)、軽くて使いやすいので意外と重宝しています。

 

 

ポケットが2つに分かれているので、コインとお札を別々に収納も可能!念のためパスポートのコピーも入れています。

 

4.カメラ

 

 

カメラやアクセサリーなどの貴重品は、衝撃防止・盗難防止の為にも必ず手荷物として持ち込んでください。海外では、日本製ブランドのカメラは超高級品です。日本では考えられないかもしれませんが、海外ではスーツケースを開けて荷物を盗むといった事件も発生しています。

 

スーツケースに貴重品を入れないのはもちろんの事ですが、ベルトをつけて盗難や破損などのトラブルを防止するのも大切です。

 

参考記事

 

5.MacBook

 

 

パソコンも必ず手荷物として持ち込みを!

 

6.iPad

 

 

iPadは、今や飛行機を乗る時には欠かせないお気に入りアイテム。LCC(格安航空)は、座席モニターがないので長時間のフライトでは時間を持て余してしまいます。そんな時に私が絶対使うのが、以下の3つのアプリ

 

 

これがなきゃ、飛行機乗れない!
  • 映画を見る為に「Amazonプライム」
  • 本を読むのに「Kindle」
  • 音楽を聴くなら「Amazonミュージック」

 

私は、Amazonプライム(月額400円)の会員なので、映画やドラマをダウンロードして飛行機の中で見ます。ダウンロードしておけばオフラインで再生できるのが嬉しいところ。

 

AmazonミュージックやKindleも同様に、ダウンロードしておくことでオフラインで使うことができますよ♪便利ですよね!空港の待ち時間も時間を潰すことができるようになって、今やiPhoneと同様に手放せないデバイスの1つ。

 

アマゾン・プライムビデオについては、
別の記事に詳しくまとめています♪
↓ ↓

 

7.イヤホン

 

 

iPadでビデオや音楽を楽しむ時用に、必ず持ち歩くのが独立型のワイヤレスイヤホン。ポーチは、無印良品で買ったもの。

 

ブランドの2〜3万もする高いものじゃなくて、Amazonで6,000円ぐらいで購入したものです。コード無しタイプって引っかかりを気にしなくていのでストレスフリー。フィット感も音質も普段使いには問題なしで気に入ってます!

 

今は昔と違って、高品質でリーズナブルなワイヤレスイヤホンが数多く販売されているので、チェックしてみるといいかもしれません。

 

ちなみに、私が使ってるのはコチラ
↓ ↓

 

8.モバイルバッテリー

 

 

iPhoneとiPadを充電する用のモバイルバッテリー。渡航先についてからも、Mapやカメラを多用するとすぐに充電がなくなってしまいますよね。海外で電源を探すのも意外とめんどくさい。必要な時にすぐに使えるように、必ずリュックに携帯しています。

 

私は、アンカーのモバイルバッテリーを愛用。
↓ ↓

 

USBポートが2つ備わっているので、夫婦や友達と共有して使うことも可能。iPhoneなら5回程度のフル充電が出来ます。

 

 モバイルバッテリーはリチウムイオン電池が使われているので預け荷物に入れることは出来ません。必ず手荷物として持ち込みを!

 

モバイルバッテリーは、持ち込みに関して色々と制限がありますが、私が使っているアンカーのタイプは、規定量以内なので、オススメです♪

 

制限については、コチラの記事が参考になります。
↓ ↓
機内持ち込みのバッテリーの容量は?何Amh?

 

9.ガイドブック

 

 

私は、ガイドブックを持ち歩きません。Kindle Unlimitedの会員なので、るるぶをiPadにダウンロードして飛行機の中で情報収集するのがお決まりのパターン。

 

Kindle Unlimitedは月額980円で読み放題です。他にも、小説や雑誌・漫画など12万冊以上が読めるので暇つぶしには最適!旅行のガイドブックまでラインナップされているというのが嬉しいポイントです。

 

- - - - - - - - - - - - - - -

ちなみに、アマゾンの本を聴くという話題の新サービス【オーディブル】を知っていますか?雑誌は読むけど、活字が大の苦手な私も早速初めてみましたが、読むより聴く方が頭にスッと入ってくるので意外といい感じです♪

 

参考記事

 

10.サングラス

 

 

旅行先が日差しの強い国の場合、日焼け止め×サングラスはセットで持ち歩きます。日焼け止めは、塗るタイプと飲むタイプと両方。

 

意外と見落としがちなのが「目からの日焼け」紫外線が目から入ると脳に伝わり、脳が反応することで、肌に直接紫外線当たった時と同様の日焼けが起こるそう。日焼け止めは、必須の持ち物です。

 

「オススメの飲む日焼け止め」が
知りたい方は、コチラをチェック!
↓ ↓

 

11.リファの美顔ローラー

 

 

リファの美顔ローラーは、機内持ち込みも可能です。飛行機の中でむくみがひどい時、座席が狭くて足が辛い時に使います。ひんやりとした触感で気持ちがいい。

 

席が3列シートの真ん中で思うように身動きが取れなかったりすると、本当にストレスが溜まりますよね。そんな時にちょっとコロコロするだけでも不思議と気分転換に!7時間以上のフライトには必ず持ち込むアイテムです。

 

フェイスとボディーに使えるタイプがおすすめ!
↓ ↓

 

12.着圧ソックス

 

 

手軽に買えるむくみ対策がグッズとして、「着圧ソックス」は最適。飛行機の中では、同じ体勢で長時間座ることになるので、エコノミー症候群になる危険性が高まります。

 

渡航先についてからも、足がダルく疲れたままだと観光になりませんよね。飛行機だけでなく、宿泊するホテルで休む時、もちろん日常使いも出来るアイテムなので1足準備しておくといいかもしれません。

 

飛行機でのむくみ対策について
記事にまとめてます!
↓ ↓


 

13.折りたたみスリッパ

 

 

フライト中に靴を履いたまま過ごすのが苦手なので、スリッパはマストアイテム。締め付けられてる感じが疲れるし、靴を履きっぱなしだとむくみも酷くなるので、どんなに短い時間(1時間とか)フライトでも必ず靴は脱ぎます。

 

タイのブランド(NARAYA)で購入した物ですが、(※日本でも楽天とかで購入出来ます) ふかふかしていて履き心地がよく、足が疲れません。コンパクトに折りたためるので、バッグに入れておいてもかさばらないのがお気に入りのポイント!

 

 

タイのナラヤ(NARAYA)を使った、
私のパッキング術記事も要チェックです!
↓ ↓

 

 

14.防寒グッズ

 

ユニクロのポケッタブルパーカー

 

ベトナムのホイアンで買った大判ストール

 

飛行機の中は乾燥しますし、冷えます。上に羽織るもの、特に膝から下が冷えるとより寒さを感じるので大判のストールは、必要です。

 

またストールは、暑い国での日除けに活躍しますし、上着はクーラーが効きすぎている海外のモールでも使えます。意外と多いのが、暑い国で風邪を引いてしまうこと。原因は、外と室内の気温差があり過ぎることなので体温調節ができるアイテムは必ず持っていきましょう!

 

15.手ぬぐい

 

 

手ぬぐいは、ハンカチ代わりとして持ち歩きます。【手ぬぐい】旅行で便利に使う活用法。バスタオルの代わり、洗顔にも使える!でも紹介していますが、私は手ぬぐいを日常の様々な場面で使います。荷物を減らしたいミニマリストの私にとって、相棒のようなお気に入りアイテム。

 

16.トラベル用のスキンケア

 

 

飛行機の中で、むくみ対策以上に気になるのがスキンケアですよね。

 

メイクはしていく or ノーメイク?
メイクは、いつ落とす?スキンケアは?

 

3時間程度のフライトなら心配いりませんが、例えば人気の観光地ハワイへ行くにもフライト時間は7時間。夜便も多いので、出来るならメイクを落として、快適に過ごしたいですよね。ノーメイクが一番ラクですが、メイクして空港に向かうという方も多いのでは?

 

個人的にメイクを落とすタイミングは、搭乗前が一番ベストだと思います。トイレが近くにあれば、身支度するのに有効活用出来ますよね。

 

狭い飛行機の中で準備するのは大変なので、飛行機に乗る前にささっと済ませちゃいましょう!

 

私は、

  • 拭き取りタイプのメイク落とし
  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • ニベアクリーム

をポーチに入れて持っていきます。

 

飛行機に液体を持ち込むには、100ml以下の容器に入れて・・など規定が多いのでめんどくさい!!お近に入りのスキンケアをわざわざボトルに入れ替えて・・とか正直ズボラでやりたくないんです。

 

なので私は、試してみたい美容系のトライアルセットを注文して持っていきます!余った化粧品のサンプルなんかでもいいですよね。

 

簡単!A8ネットの自己アフィリエイトで化粧品を無料で手に入れる方法でも紹介していますが、アテニアのスキンケアセットを無料+報酬500円でGETして、それをトラベル用のスキンケアとして使っています。

 

17.歯ブラシセット

夜便の場合、飛行機に乗る前に歯を磨きたいのでトラベル用の歯ブラシセットを持ち込みます。離陸したらすぐ寝られるように、搭乗前にスキンケアと歯磨きはセットで済ませちゃいます。

 

 ちなみに、歯磨き粉は液体です。100ml以上のサイズは持ち込みできませんので要注意!

 

18.マスク

 

 

マスクは、すっぴん隠し+機内での乾燥対策で使います。海外では日本のようにマスクをしている人は少なく(というか、ほぼいない)ので旅先についたらマスクは外した方がいいと思います。

 

なぜなら、海外でマスクをしていると「何か大きな病気にかかった重病人ではないか?」という風にみられてしまうからです・・。(笑)そのぐらい、病気の人がするものという認識があります。海外から見ると、日本人が予防にマスクをする姿は不思議な光景だそうです。

 

19.メイク用品

 

 

マスクのところでも説明したように、海外でマスクは不審者もしくは重病者に見られてしまうので、到着前に飛行機の中で軽くメイクをします。ファンデーションや化粧下地などの液体類は、コンタクトレンズケースを活用。あとはパウダーとチーク・リップのみの超簡単な時短メイクで済ませます!

 

20.ウェットティッシュ

 

 

言わずもがな、絶対持って行った方がいいアイテム。トイレで紙がない!レストランや屋台で手が汚れた!もう、使う場面が多すぎて説明不要!

 

もちろん現地の薬局でも購入できるので、大量に持って行く必要はありませんが、とにかく絶対使うので、必要な分はバックに入れておいて損はありません。

 

21.常備薬

 

 

自分の体の事は、自分が一番よく知っていると思います。頭痛がしやすい・お腹を壊しやすいなど・・。海外では、普段と違う環境から体調を崩してしまう人も少なくありません。

 

いざという時のために、常備薬は日本から持って行く方が安心感が全然違います。私は、海外の食事で便秘がヒドくなるので便秘関連の薬は必須!

 

痛み止めや酔い止めを海外で購入した事もありますが、1日中起きていられないほどの眠気に襲われたり、基本的に成分が強いものが多いです。

 

参考記事

 

22.折りたたみ傘

 

 

これは、正直どっちでもいいです(笑)私は、東南アジアを旅することが多いので、スコールや野犬(特にタイ)対策にコンパクトな折り畳み傘を持っています。使いたい時にスーツケースの中だと、あんまり意味ないかなぁ〜と思って、リュックに入れてる感じです。

 

23.ネックピロー

 

 

無印良品のネックピローです。折りたためないので、コンパクトにはならないのが難点ですが、一番枕に近いというか、柔らかさが絶妙なので愛用中。ネックピローはどこのでもいいと思いますが、あったほうが断然ラクです。

 

24.折りたたみエコバック

 

 

最後に紹介するのが、コンパクトになるエコバック。飛行機に乗る時は、リュックから必要なものだけをエコバックに詰めて足元に置いておく用に使います。その他にもお土産を買った時に使ったりと、汎用性が高いので持っておくと重宝します。

 

最後に・・

いかがでしたでしょうか?

 

完全なる女子目線の機内持ち込みに役立つ持ち物リストになっていますが、数多くの旅行を重ねた私が感じた、飛行機の中を快適に過ごす為のアイテムになっていますので、ぜひ参考にしてみてください♪

 

関連する人気記事はコチラ!
↓ ↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事