スポンサーリンク

 

みなさんは、海外旅行にいく際に「常備薬」を持っていきますか?何種類ぐらい持っていきますか?

 

私は、必ず持っていきます!


大体、5種類以上10種類以内ぐらいで準備して持ち運びます。海外旅行をする際も、海外に住んでいた時も必須だったのが「常備薬」

 

せか旅
ライター
今回は、これさえ持っていけば安心!な常備薬のリストを作成したので、旅行の準備に役立ててみてくださいね♪

 

機内に持ち込めない薬がある!?

基本的に常備薬(風邪薬や胃薬など・・)は、制限がありません。また、スーツケースに入れて預けてしまう場合も同様に制限がないので、必要な分を持ち込むことができます。

 

 

注意しなければならないのが、医薬品

もし、あなたが持病を持っていて

  1. 喘息に使う電動吸入器を持ち込む場合
  2. 透析液等、大量の医薬品を持ち込む場合

は、事前に航空会社に知らせておく必要があります。

 

例えば・・
喘息のボンベや薬は、機内に持ち込む場合「医薬品」の扱いとなります。必要な分だけ、機内に持ち込むことは可能。その場合、病院から発行された病状を証明する書類があると保安検査場をスムーズに受けられるようです。
 航空会社によってルールは異なりますので、あらかじめ聞いておくと安心ですね。

 

詳しくは、成田空港のHPに掲載されているのでチェック!
↓ ↓ ↓
医療機器・医薬品の持ち込みについて

 

スポンサーリンク

滞在日数に合った量を持って行こう!


「よしっ!常備薬を持って行こう」

と、ビンごと持って行こうとしているそこのアナタ!

 

機内に持ち込む場合も、預ける場合も重量に制限があります。ビンごと持っていくと、かさばるし、重くなるしでオススメできません!!

 

旅行用のお薬ポーチを作って、必要な分だけで十分。ポーチタイプなら、絆創膏や冷えピタなどのバラけがちなアイテムも一括で収納できるのでオススメですよ♪

薬だけを持っていきたい人は、ピルケースに必要な分だけ入れていきましょう!

 

持っていくべき常備薬の種類

今回は、旅行に必須の常備薬を以下にまとめてみました。

 

海外旅行では、いつも以上に歩き回ったり動き回ったりと、疲れもたまりがち。普段と違った食生活で肌荒れや便秘になることも・・。渡航先で薬を買うこともできますが、出来るだけ使い慣れたものを持参し、緊急な場合のみに留めておきたいですね!

 

これだけあれば安心!旅行に必須の常備薬

 

1. 風邪薬

私が、旅行や海外在住中によくあったのが、モールや電車などの屋内で冷え過ぎてしまって風邪を引いてしまうパターン。飛行機の中で乾燥してノドを痛めることも・・。

 

のどの痛みや咳が出始めたら、飲んでおくと安心。大量に持っていかなくても大丈夫ですが、自分がかかりやすい症状に効果のある風邪薬を持っていくといいですよ!

 

2. 胃薬

胃薬が必要かどうかは、人によると思います。私は、胃は強いのでいりませんでした。ただ、海外の脂っこい食事などで胃もたれや胸焼けを感じることもしばしば・・。自分は、胃が弱い!と思う人は、絶対持って行った方がいいと思います。

 

3. 咳止め

海外在住中に悩まされたのが、のどの痛みと咳東南アジアは、ヘイズの影響もあり空気が悪く、すぐにのどを痛めてしまっていました。そんな時に役立ったのが、粉タイプの龍角散。水なしで服用できて、1箱もコンパクトなので旅行者にオススメしたい咳止めです。

 

4. 整腸剤・便秘薬

これがなければ旅に出られない!というほど定番の必須アイテム。ビオフェルミンは、乳酸菌を使った整腸剤で、軟便にも便秘にも効果があるのが特徴。便秘薬のようにキツくないので誰でも服用できます。

 

私は便秘体質、旦那さんは軟便になりやすいのですが、これ1つあれば初めての渡航先でも安心です。

昔、夫婦2人でシンガポールを旅行した時に、旦那さんが食中毒になるというトラブルに。おそらく、お店で出された飲み物が原因(たぶん氷)ですが、清潔だと言われるシンガポールでさえ危険はあります。薬も何が効くかよくわらかず、大変な思いをしました。

 

お腹が弱い人は、日本との違いで大きく体調を崩すこともあります。持っておいて損はないアイテムです!

 

おすすめの便秘薬については、
別の記事で紹介しています♪
↓ ↓

 

5. 鎮痛剤

どんな痛みにも効く鎮痛剤も必須アイテム。頭痛や生理痛など、急な痛みには一番効きます。鎮痛剤は、副作用で胃が荒れやすくなるので、胃が痛くなりやすい人は牛乳と一緒に飲むと軽減されますよ♪

 

6. 酔い止め

海外でタクシーに乗ると、芳香剤のニオイがきつく気分が悪くなったり、無謀な運転で酔ったりすることも多いです。飛行機の揺れで気持ち悪くなることもあるので、念のために持ち歩いています。

 

海外でも手に入りますが、以前マレーシアで購入したものを言われた数だけ飲んだ所、起きていられないほどの睡魔に襲われた経験があります。成分がキツく体に合わなかったのかもしれません。それ以来、酔い止めは日本で買うようにしています。

 

7. ビタミン剤

肌荒れ、ニキビ、口内炎に効果があるビタミン剤。海外在住中は、栄養が偏りがちで普段できない場所にニキビができたりと、肌荒れに悩まされることが多かったので、毎日飲むようにしていた常備薬の1つ。旅行中の偏りがちな食生活もサポートしてくれる強い味方です。

 

8. 虫刺され薬

東南アジアでは、蚊に刺されるとデング熱を発症する恐れがあるので、虫刺されの薬は大切なアイテム。刺されないように虫除けスプレーを常備し、万が一刺されてしまった時は軟膏を塗ってケアしてくださいね!

 

9. 冷えピタ

急な発熱や、熱中症に近い症状で体に熱がこもってしまった時に役立つのが冷えピタ。暑い時には、額につけるだけでも気持ちがいいですよね!

 

10. 番外編

ここからは、番外編!薬ではないですが、実際に自分が旅行に持って行ってよかったものや、海外生活で役立ったものを紹介します。

 

★ 粉末ドリンク

風邪を引いて熱を出したり、下痢になった時など・・意外とあると役立つのが粉末ドリンク。インド旅行に必須の持ち物としても選ばれています!

 

粉末タイプなら持ち運びにも便利で溶かすだけなので持っておきましょう♪海外では水道水が飲めない場所も多いので、ミネラルウォーターで溶かすようにしてくださいね!

参考記事

 

★ 便秘に効くお茶

 

 

旅行中や、海外生活で常に悩まされていたのが「便秘」今まで何をしても改善せず、慣れない食生活で、ひどいと1週間以上出ないことも。

 

下っ腹が不自然に飛び出るほど、ひどい事になったこともあります・・。そんな時に、助けになってくれたのが便秘に効くお茶「黒モリモリスリム」

 

 

今では、必ず買いだめして帰るほどお気に入りのアイテム。旅行に行く際も、必ず何袋かポーチに忍ばせておきます!私は、かなり頑固な便秘症ですがこのお茶を飲むとスッキリ出ます。ただ、飲み方を間違えると下痢をしてしまうほど強力なので注意が必要。

 

私のように便秘で悩んでる方は、初回380円でお試しができるので、まず飲んでみてください♪

 

 

モリモリスリムのレビュー記事は、
コチラから↓

 

まとめ

いかがでしたか?

 

実際に行った旅行や、海外生活の体験を元にあると便利な常備薬を紹介しました!訪れる国や、自分の体質でも内容は変わってくると思いますが、参考になれば嬉しいです。準備万端で旅行に出かけましょう!

 

- - - - - - - - - - - - - - - -
【 旅行に役立つ持ち物記事 】

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事