スポンサーリンク

 

この記事では、リモワのトパーズ82Lのレビューを紹介しています。

1リモワのトパーズの購入を悩んでいる
2スーツケースって買うべきなの?
そんな方は、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

みなさん、こんにちは!現在、タイ・チェンマイでノマドワーカーとして生活中の私は、

 

とか・・。

 

色々と記事を書いているのですが、ノマド生活に入る前に人生で5本指・・いや3本指かな?それぐらいに匹敵するぐらいの。

 

大きな買い物をしたんです!!
(というか、買い替えをした)

 

買ったものは、スーツケース。念願の!憧れの!「リモワ(RIMOWA)トパーズ(82L)」を買いました〜!!

 

美しいよね。
スーツケースに14万も払いましたよ!

 


引用:Amazon

 

他の人から見たら「スーツケースに14万!?はぁぁ??」となるかもしれませんが、わかる人にはわかる!このとてつもない喜びと、満足感。

 

購入後、2回使ってすぐ修理というエピソード付きですが、

 

  • リモワのトパーズって使い心地どうなの?
  • 値段が高いから正直悩んでる。
  • 重いんでしょ!?(間違ってはない・・)
  • そんな高いスーツケースなんて無駄だ!!

 

という方に向けて。リモワを愛してやまない私が、写真多めで魅力を徹底レビューします!

 

購入を悩んでいる人にオススメの秘策や、修理への出し方など細かく紹介しているので最後まで要チェックですよ〜〜♪

 

リモワ トパーズ 82L

前置きが長くなりましたが、今回私が購入したのは「リモワ(RIMOWA)トパーズ 82L」です。まずサイズ感など詳細を表にまとめて見ました!

 

 

商品名 リモワ(RIMOWA)トパーズ82L
日数の目安 4〜7泊向け
サイズ 74.5㎝×50㎝×28.5㎝
容量 82L
シルバー
車輪 4輪
素材 アルミニウム
重量 6.9kg
仕様 TSAロック・ディバイダー×2枚

 

2018年8月からリモワが一新。
製品もリニューアル!

 

 

リモワのスーツケースは、頻繁にマイナーチェンジを繰り返すことで有名ですが、今回創業120周年を記念してスーツケースだけじゃなく、ロゴまで変えちゃったそうです!!

 

個人的な意見ですが、私は前のロゴのが好きです・・。

 

という事で製品の呼び名まで一挙に変わりました!日本では、2018年8月1日から新ライナップのモデルが発売されています。

 

引用:RIMOWA

 

新モデルは、6つの呼び名から構成され

 

  • オリジナル=トパーズ系(色は3色展開)
  • クラシック=クラシックフライト
  • エッセンシャル=サルサ系
  • エッセンシャルライト=サルサエアー
  • エッセンシャルスリーブ=サルサデラックスハイブリッド
  • ハイブリッド=リンボ

 

と大きく、名前も変更されました。まだ慣れない・・。

 

サイズが統一され、わかりやすくなったのかな。2輪モデルが廃止されたり、Eタグ(電子タグ)の一旦休止なども決まっているようです。

 

私が一番このモデルチェンジで残念だったのは、バックホルダーがなくなった事。スーツケースの詳細でも紹介していますが、これすごく便利!

 

 

プレート部分を取り外してバックを引っ掛けることができるんですよね。重宝してたから、新しいモデルでも採用して欲しかったなぁと・・。

 

もちろん新モデルもかっこいいけど、旧モデルが欲しい方は早めに購入を検討するのがおすすめです!

 

購入場所・価格は?

リモワのスーツケースを購入しようとすると、

 

  • Amazonや楽天などの通販サイト
  • リモワの正規販売店サイト
    https://www.suitcase-mania.net/
  • 百貨店のリモワ売り場
  • リモワの路面店
  • 海外のリモワ販売店で購入
  • メルカリやヤフオクを利用

 

などが購入先の候補としてあげられると思います。

 

私は、今回マレーシアのクアラルンプールにあるリモワの路面店で購入。

 

その時はマレーシアに住んでいて、日本に帰国する予定があったので思い切って買っちゃおう!魔法のカードで!ちょうど誕生日も控えていて、自分への誕生日プレゼントだ!!的な。

 

勢いで買っちゃった感じです。

 

肝心の値段は?というと・・
137,821円でした!

 

日本の正規販売店の値段が、138,240円(税込)だったので、ほぼ変わりませんでした!(笑)

 

どこで購入するのがおすすめ?

 

 

先ほど、購入する場合の候補を5つあげましたが、それぞれの場所で買うメリット・デメリットをまとめてみるとこんな感じになると思います。

 

  1. アマゾンや楽天市場などの通販サイト

メリット
基本的に、並行輸入品なので値段が安い。

デメリット
ごく稀に偽物が混じっている可能性も否定は出来ない。

 

  1. リモワの正規販売店サイトhttps://www.suitcase-mania.net/

メリット
他の通販サイトでは、売ってないようなレアアイテムに格安で出会える。

デメリット
在庫の有無が不安定。人気のレアアイテムか欲しくても売り切れの場合も。

 

  1. 百貨店のリモワ売り場

メリット
デパート独自の割引や、カードポイントの優待が受けられる

デメリット
価格は、定価。ネット通販のように安い価格で買うことは出来ない。

 

  1. リモワの路面店

メリット
プロ販売員がいるので、アドバイスを聞きながら相談に乗ってもらえる。壊れてしまった時などアフターケアも安心。

デメリット
価格が定価。店舗数が少ないので、行ける場所が限られる。

 

  1. 海外のリモワ販売店で購入

メリット
ドイツでは、日本の半額近い値段で買える事も。正規品を安く買うことが出来る。

デメリット
ドイツに行くことがなければ恩恵はない。他の国で買う場合も日本とほぼ同等の価格設定でお得感はさほどなし。

 

  1. メルカリやヤフオクを利用

メリット
個人出品された、中古品や新品を安く買える可能性がある

デメリット
偽物を正規品として出している人がいるなど、トラブルもちらほら。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - -

もちろん百貨店の売り場や路面店に行くことが一番オススメだし、安心して買えることに間違いはありませんが、安い買い物ではないので、値段を安く抑えたい方も多いはず。

 

例えばアマゾンでは、多くの並行輸入品のリモワが取り扱われています。

 

Amazonでの並行輸入品について
並行輸入品とは、メーカーが認める正規輸入代理店以外を通じて国内に輸入された商品のことを指し、 Amazon.co.jpが販売する並行輸入品はすべて本物で、契約した輸入業者により輸入されたものを指します。

ということなので、偽物!ということではありません。

 

定価より、2万円ほど安く購入が出来ます。また、並行輸入品であっても偽物でなければ修理を受け付けてくれるそうなので、安心できますね。(※保証書がなかったり、購入スタンプがなければ有料修理になる可能性あり。)

 

メルカリやヤフオクは、偽物をつかまされる可能性が高いので利用しないほうが無難です。(本物を出している方もいると思いますが、判断が難しい)

 

トパーズ?サルサ?
クラシックフライト?で悩む。

私は、トパーズ・サルサ・クラシックフライとで悩みました。一応、新しい呼び名だと、オリジナル・エッセンシャル・クラシックですね。

 

トパーズ


引用:Amazon

言わずと知れたリモワ王道の
アルミニウム素材の
スーツケース。

 

サルサ


引用:Amazon

リモワの軽量モデルといえば
サルサ。買い換える前は、
サルサの黒を愛用していました。

 

クラシックフライト


引用:Amazon

昔ながらのスタイルを継承した
アルミ製のスーツケース。
トパーズより値段が安価。

 

スーツケースは、軽いが正義?
それともかっこよさ?
サイズは大きい方がいいの?

 

悩んで、色々検索してみたけど「ご自身の旅行スタイルにあったスーツケースを選びましょう!」って。

 

そんなのわかっとるわ!!的な答えしか得られなかったのですが、正論だと思い、自分の旅行スタイルを考えてみました。

 

  • 海外に住んでいて、頻繁に移動する
  • スーツケース1つとリュックで移動している
  • もはやスーツケースが家のノマド兼ミニマリスト

 

私がスーツケースに求める役目
・丈夫で長く使えるものであること
・以前使っていたスーツケースの容量が3〜5泊用で少なく、不便だったのでそれより大きいサイズ
・かっこよさとおしゃれさを備えている(大事!)
・ある程度の軽さがあること
といった感じでしょうか。

 

なぜ、トパーズの82Lを選んだのか?

以前は、リモワのサルサブラックを使っていましたが、6年ほど使って壊れちゃったんです。だから、丈夫なスーツケースが欲しいなと思っていました。

 

サルサ ブラック/ 3〜5泊用

 

で、クラシックフライトのレトロな外装やこのモデルオリジナルの内装のデザインも魅力的だったし、サルサの軽さもいいなと思ったけど・・。

 

最終的には、トパーズの82Lを選びました。

 

クラシックフライトとサルサに感じたデメリットは、以下の通り。

 

クラシックフライトは、トパーズや
サルサよりホイールが小さいので
動きが鈍くなりそう。
トパーズより軽いけど、強度はない。
ロック部分の作りが弱そう。

 

ファスナータイプは軽い。
ただ荷物の詰めすぎは、
破損のきっかけになる(経験済み)
カッターで切れば空いてしまうなど
セキュリティー面が不安。

 

 

 

私がトパーズを選んだ理由、5つ

・圧倒的な強度
・ホイールが大きく、自由自在に動く
・フレームタイプでセキュリティー面が安心
・おしゃれな人が持っている
・バックホルダーが付いている(旧モデルのみ)

 

ステッカーが貼ってあって、
ボコボコのスーツケースに憧れみたいなものもあったり。

 

もちろん重いというデメリットもありますが、それでも私はトパーズを選んだ事を後悔していません!こういう、感じ憧れません?旅慣れてる感じで、これが私の相棒だぞみたいな!

 

 

スポンサーリンク

スーツケースの詳細(写真多め)

ここからは、実際に写真多めで細かな部分のレビューをしていきたいと思います!

付属品

 

 

買った当初浮かれてて、ほぼ当時の写真が残ってないんですが、

 

  • 保証書(正規店のスタンプ付き)
  • 説明書
  • ネームタグ
  • ステッカー 2枚
  • 雨用カバー

が付いていたと記憶しています。

 

ステッカーは、スーツケースに貼ったけどネームタグは使ってません。

 

外観

 

 

 

写真を撮り忘れていたので、すでにステッカーが貼ってある状態です。そのうち飽きたら剥がすかもしれません。スッテカーって貼るの難しい。

 

センスが問われる・・・・

 

便利なバックホルダー

 

引っ張ると、ベルトが出てきます

 

バックでもリュックでも問題なく引っ掛けられる!

 

倒れてくる事もありません!

 

個人的に便利だと感じているのは、「バックホルダー

需要がなかったのか?新モデルでは廃止されているので旧モデルのみの仕様となりますが、ちょっとお土産を買った買い物袋とか下げておけるので重宝しています!

 

上部の取っ手部分

 

丸いゴム製のポッチで衝撃吸収

 

取っ手が、下に当たらないように衝撃吸収用の丸ポッチがついています。

 

サイドの取っ手部分

 

サイドの取っ手部分(拡大)

 

サイドの取っ手部分にも、リモワのロゴがプレートが埋め込まれています。

 

ロック部分

 

ロック部分(拡大)

 

TSAロック付きで、通常はダイヤルロックで解錠します。上下2箇所ついていて、セキュリティ面でも安心度が高め!

 

キャリーのハンドル部分

 

真ん中の黒いボタンを押すとロックが解除。

 

 

最大に伸ばすと、こんな感じです。好きな長さでハンドルの固定ができるテレスコープハンドルと呼ばれる伸縮ハンドルが採用されています。

 

ホイール部分(拡大)

 

ホイール部分(別角度)

 

ホイールは4輪仕様で、大きく自由自在に動くのでスムーズな走行が可能。行きたい方向へ、ストレスなく動かすことが出来るので、一度使うと手放せなくなりますよ!

 

そんな、自由自在な車輪のためこんなデメリットも・・。スーツケースを広げようと寝かせると必ずと言っていいほど、ホイールが縦になってスーツケースが浮きます。

 

開けづらい・・。
というかホイールに荷物の重量が全てかかるので折れないか不安になる。

 

 

 

私は、必ずホイールを横にして水平にしてから開けるように気をつけています。自由自在に動くからこその、ちょっとしたデメリットでした。

 

内装

 

ディバイダーなしの全体像

 

この青い内装に惚れた!というのもトパーズにした決め手。やっぱりリモワのトパーズといったら青色の内装でしょ!というぐらい、昔から変わらない部分ですよね。

 

右側はハンドルが収納されている分、凹凸があります。

 

ディバイダー(仕切り)は、2枚

 

ディバイダーを付けるとこんな感じ

 

ディバイダーが2枚ついているので、閉めるときに荷崩れしにくく使いやすい!もちろん、ディバイダーは収納にもなっているので、細かいものを収納するのには便利。

 

 

欲を言えば、写真のようにディバイダーの真ん中に仕切りをつけて2つに分けて欲しかった。結局、ものを入れると全部下に落ちてくるから、あんまり物を詰められないっていう・・。

 

ここは、1番不便を感じている所です。

 

ベルト部分のアップ画像

 

ベルトは、上に1本・下に2本が垂れ下がる仕様。

 

 

マジックテープになっているので、ディバイダーに固定して止めるだけでOK!

 

 

もちろん、リモワのロゴつき!留め具の部分は、ゴム製の柔らかい触り心地です。

 

 

スーツケースの内部にも、リモワのブランドロゴがしっかり入っています。「Made in Germany」ってなってるだけで、かっこいい!とテンションが上がります(笑)

 

 

トパーズ 82Lの使い心地

実際に私が、軽さが売りのサルサから、ドドーーンと重くなったトパーズに変えてから数回旅行をした使い心地について紹介します。

 

確かに重いけど、私はそこが好き!

私が以前使っていたモデルのスーツケースだけの重さがおよそ4kgぐらい。トパーズは、+3kgの6.9kgです。

 

+3kgって相当重いんです。

 

 

スーツケースの中だとヘビー級。スーツケースだけを持ってみると、意外と軽い!?なんて思うんですが、荷物を詰めると一気に重たくなります。容量も82Lあるので、重量を気にせず詰めていたらあっという間に25kg以上に。

 

みなさんご存知の通り、
飛行機に荷物を預ける際は重量制限がありますよね。

 

利用する航空会社によって荷物の許容量は変わりますが、国際線の預け荷物を例に説明すると

 

  • 日系の航空会社(国際線)
    エコノミーは、23kg以下の荷物2つまで
  • 格安航空(国際線)
    20kg以下の荷物1つまで
  • 許容量をオーバーしたら追加料金の支払いが必須!

 

特に、格安航空は重量については厳しいです!

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私の体験談でお話しすると、

エアアジアの自動手荷物チェックインを使ったときは、20kgオーバーは一切受け付けてくれませんでした。(まぁ、機械ですからね)窓口を利用した際は、1kg未満のオーバーで受け付けてくれた事もあるし、ダメで荷物を分けるように言われた事もあります。

 

その時のフライトの混み具合によっても左右されますが、基本的に1kg以上のオーバーは見逃してもらえないと考えるのが適切です。

 

でも、私はそんな重くて無骨な所もトパーズの魅力だし、好きな所。実際に、ミニマリストになって「本当に必要なものは何?」という事を常に考えながら、トパーズに荷物を詰めている時がなんだか幸せなんですよね〜。

 

そんな私の旅のパッキング方法は、「タイ・ナラヤを使った、私のパッキング術」で紹介していますが、人間意外と本気出すと、スーツケース1つで生きていけるもんだなと(笑)

 

 

もちろん、重量オーバーで追加料金なんて取られたくないので「ラゲージチェッカー」は旅の必須アイテムです。

 

私はアマゾンで、購入しました!

 

壊れやすい?凹んでボコボコになる?

これに関しては、YESです。

凹むし、ボコボコになります。
だけど、壊れやすいか?と言うと、NOです。

 

え??
2回目で修理ってタイトルに書いてあるけど!と思った方!修理については、下で詳しく説明するのでもう少しお待ちください。

 

3回目の旅行で大きく凹む

 

初めての旅行から使うたびに傷がつく

 

スッテカーは、スレて破れる

 

角は塗装が剥がれたり、汚れたり。

 

今、紹介した画像を見ると「使ってすぐにこうなるの!?」と思う方もいるかもしれませんが、私にとって凹みや汚れはネガティブなものではありません。

 

歴戦の海外旅行を一緒に旅するごとに傷つき、擦れることが旅の思い出の1つになっているからです。長年、トパーズを愛用している方々のスーツケースを見るとステッカーが隙間なく貼ってあって、ボコボコに凹んでかっこいいんですよ!

 

使うごとに、凹みや汚れができることがスーツケースの味わいをさらに深くしている。だから、どこへでも連れて行きたいし、長く愛用したい。なんとも不思議な魅力を持ったスーツケースだと思いませんか?

 

ホイールの強度について

リモワは、よくホイールが壊れやすいと言われますが、実際使っていた中でホイールが壊れたことはありません。

 

 

他のスーツケースに比べてホイールがよく動く(スーツケースからはみ出るほどに)為に、当たりどころが悪かった場合に折れやすいというのはあると思います。

 

ですが!まず丈夫というのが前提にあるので、よっぽどのことがない限りは、壊れやすいというのは違うと思います。

 

でもこんな感じでポイポイ投げられたら、リモワだろうが他のスーツケースだろうが当たりどころが悪ければ、荷物も飛び出すかもしれないし、ホイールが折れる可能性もあると思います。というか普通に壊れますよね。

 

海外ではこんな光景は当たり前なので、スーツケースベルトは必須だなと感じます。(参考記事:スーツケースベルトおすすめ13選!TSAロックやワンタッチ、どれを選ぶ?

 

 

 

トパーズのお手入れ方法

せっかく買ったトパーズを長く愛用するなら、普段からお手入れをする事も大切。説明書に載っている公式がオススメするお手入れ方法を紹介します。

アルミニウムスーツケースの手入れの仕方

 

  1. ホコリや汚れは水で濡らしたスポンジで落とす

※表面を傷つけ、痕を残すことがある為、クレンザーなど微粒子の入っている洗剤や金属製のたわしなどは使用しない。

 

それだけです。

 

私は使い終わった後は、手ぬぐいを濡らして全体を拭くことにしています。手ぬぐいなら、タオルのように繊維が絡みつく事もないので便利です♪

 

私にとって手ぬぐいは長期旅行の必須アイテム。使い方や選び方など「手ぬぐい、旅行で便利に使う活用法」で詳しく紹介しているのでチェックしてみてください!

 

ステッカーは貼っても剥がせるの?

 

 

こんな風に今はステッカーを貼っていますが、いつか「やっぱり剥がしたい!」という時がくるかもしれません。

 

そんな時は、

  • 80℃未満の熱風
    (一般に市販されているヘアドライヤー)を短時間当てる
  • ベンジンを使う

で、簡単にはがすことが出来ますよ〜!

 

購入後、2回使って修理行き

今回、バックホルダーに部分についているリモワのロゴのシールが曲がって剥がれてしまったので修理に出すことに・・。

 

一番のメインともいえるロゴが剥がれそうになっていたので最初は驚き、地味にショックを受けましたが、実際はシールになっていてついてるだけのようなので、まぁ仕方ないかという感じ。

 

修理後の写真

 

ターンテーブルで拾った時には曲がったりしてなかったので、空港から自宅への無料のスーツケースの配送サービスを利用した時に、ネコのマークの某運送会社の手荒な扱い(多分・・推測ですが)によって壊れたものと思われます。

 

安心の5年保証に助けられる

 

リモワの保証書

 

リモワを選ぶことで得られる最大のメリットといえば、安心の5年保証がついていること。海外のリモワの正規店・国内の正規店で購入したもの・並行輸入品(※一部除外あり)でも、無料で修理を受けることが出来ます。

 

路面店への持ち込みができれば一番いいのですが、あいにく住んでいる場所の近くにはなかったので、今回は成田空港にある「リモワのクイックリペアサービス」を利用しました。

 

 

フライト前に成田空港の
クイックサービスを利用

 

 

  • リモワ専用のサービスカウンター
  • 製品の修理をその場でやってもらえる

ので、今回はフライト前に行って修理してもらいました!

 

  1. ウィール・ハンドルの交換
  2. 開錠
  3. 鍵交換
  4. 油差し
  5. 回転キャスターの取替え

など、リペア対応してもらえる項目は多岐に渡ります。

 

詳しい情報は、公式サイトをチェック!
公式HP:https://www.jalabc.com/rimowa/

 

実際に、行って保証書を渡してものの5分で修理は終わりました(※保証書はなくても製造番号から保証期間を判別してくれるそう)

 

 ちなみに、羽田空港にはありません。成田空港のみでのサービスになるので要注意!

 

念のため、電話しました!

公式HPに記載があるように、パーツがない時はその場で対応出来ないことや、修理箇所によってかかる時間も変わってくるので、心配な場合は電話で確認することをオススメします。

 

購入に悩むなら、まずはレンタル!

さて、ここまで長々とリモワのトパーズについて説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

やっぱり高い。購入は決断できない。
スーツケースなんて年に1回出番があるかどうかだよ!!
という方もいると思います。

 

そんな方に全力でおすすめしたいのが、「スーツケースのレンタルサービス」です。

 

スーツケースを買う前に

  • どのぐらいの頻度で旅行に行くのか?
  • 購入後に、保管する場所はあるのか?

を考えることが大切だと私は考えます。

 

スーツケースって以外にかさばるし、出番が少なかったりすると勢いで買ってしまうのは危険。結果的に家のお荷物になってしまう可能性が大!

 

また、購入を考えている人も実際に気になるサイズやモデルを借りてみることで「自分の旅行スタイル」を知ることができるからです。

 

あなたは、

  • 心配性で荷物が増えがちなタイプ?
  • 現地で買えばOK!な旅人タイプ?
  • お土産を買うのが旅行の楽しみ!!っていう人?
  • 将来は、海外に飛び出して生活したい?
  • 新婚旅行用に大きいのが必要!とか?

 

旅行スタイルは、人それぞれ。
スーツケースの必要なサイズやモデルも人それぞれなんです。

 

個人的なオススメは、
リモワの取り扱いが一番多い「アールインワンレンタル

  1. 最短即日発送
  2. 往復送料無料
  3. 充実の保証付

で、スーツケースのレンタルができます。

 

今回紹介した「リモワ トパーズ82L(5〜10泊用)」をレンタルする場合、

5日間借りた場合
・5日間のレンタル料 12,240円

買うと14万近くする物が、借りたら10分の1以下で試す事ができます。これは、試さない手はないですよね!!

 

もちろん、他のサイズやデザインを選べば、さらにお得に旅行することも可能。

 

買う前にまずはレンタルしてみる」というのが、今の時代の賢い旅行の仕方の1つなのかもしれませんね♪

 

- - - - - - - - - - - - - - - -

詳しくは、以下のURLからチェックできます。

 

 

まとめ

さて最後まで、読んでいただきありがとうございました!!(長文ですみません)

 

この記事が、リモワ トパーズの購入を悩んでいる人やスーツケース選びに迷っている方の参考になれば幸いです。

他にも旅行に関する記事を書いているので、
お時間ある方はチラリとのぞいてくださると嬉しいです♪

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事