スポンサーリンク

 

江戸時代から、人々の生活に浸透していたと言われる「手ぬぐい

その使い勝手の良さから今、「手ぬぐいがブーム」だとか!私が、手ぬぐいを使い始めるきっかけとなったのが、定住せず海外を放浪する日々を送ることになったから。

 

「とにかく、荷物を減らしたい。」

そう考えたのが始まりです。

今は、その魅力にすっかりハマってしまいました。

 

今回は、私が海外で手ぬぐいをどのように使っているか?活用法を紹介します!

私の持っている手ぬぐいは、コレ!

 

 

今は、「かまわぬ」で購入した4枚を使い回しています。1枚800円〜と値段もお手頃です。

 

手ぬぐいといえば、季節の柄やその場所でしか買えないデザインなど、とにかく種類が豊富。選ぶ楽しさも魅力の1つですよね!

 

 

スポンサーリンク

手ぬぐいを旅行で使うメリット

ここでは、手ぬぐいを旅行で使う時のメリットについて簡単に紹介していきます。

1. かさばらない

 

 

手持ちの手ぬぐい4枚重ねてみました。とにかく薄くて軽いので、持ち運びに便利。スポーツタオルと比べても、小さくコンパクトであることがわかってもらえると思います。

 

スポーツタオル1枚と手ぬぐい4枚

 

さらに、広げるとスポーツタオルと同じぐらいの長さがあり、幅も広いので活用しやすいというメリットがあります。

しっかりと使えるサイズもありながら、薄くてコンパクトになるので荷物を減らしたい旅行にピッタリですよね♪

 

手ぬぐいサイズ:90×32㎝

 

 

2. 吸水性・速乾性に優れている

 

 

手ぬぐいが、吸水性と速乾性に優れている理由は、生地の製法(織り方の違い)にあります。どちらも、素材は綿で同じですが、織り方の違いでフワフワ柔らかいタオルと、薄くしっかりとした生地の手ぬぐいになるようです。

 

タオルのような、柔らかい吸水性はありませんが、使ってみるとしっかりと水分を吸収してくれます。薄いので、濡れたら絞って広げて乾かせばいい!

 

タオルは、吸水性が高く柔らかいので使い心地はいいのですが、それだけ乾きにくく、かさばるというデメリットも・・。

 

 

3. 性質上、雑菌臭がつきにくい

 

 

もう1つの大きな特徴は「端が切りっぱなしになっている」という事。

 

  1. 乾きが早い
  2. 乾くまでの時間が短いので、雑菌臭がしない
  3. 汚れやホコリがたまらず、衛生的
  4. 切ったり裂いたり、結んだりしやすい

というメリットがあります。

 

タオルって、乾きが悪いとすぐにいや〜な匂いが発生しますよね。手ぬぐいは、端が切りっぱなしなので余分な水分を溜め込まず、すぐに乾きます。

 

旅行先で、毎回タオルを洗うのも大変だし、水を含むと重いし。何枚も持って行くとかさばる・・。旅行にタオルを持って行くのは不向きです。

 

 

4. 使い込むうちに馴染んでくる

手ぬぐいは、経年変化していきます。

 

最初は、固く感じるかもしれませんが、どんどん柔らかくなっていきます。長く使う事で、味がでます。自分好みの手ぬぐいになって行くのも味わい深くていいですよね!

 

 

5. デザインが可愛い

 

かまわぬの手ぬぐい

 

デザインの豊富さも手ぬぐいの魅力。

 

私は、コーヒー豆、ひまわり、江戸切子など・・今はお気に入りの4枚を旅行に持ち歩いています。他にも集めたいし、もう数枚は欲しいと思っているので、次回の帰国まで楽しみにしておきます♪

 

手ぬぐいは、「かまわぬ」で購入しました。全国に店舗があるので、気軽に探しに行けるのもいいですよね!

かまわぬの由来
かまわぬといえば、「鎌」「輪」と「ぬ」の文字を合わせた判じ絵が有名。七代目市川団十郎が歌舞伎の舞台衣装で身に付けたことから、当時の庶民の間で大流行したそうです。
定番の「かまわぬ」の柄もおしゃれ!

 

北欧ブランド「フィンレイソン」の手ぬぐいも。インテリアにも合いそうなデザインも多く販売されています。

 

もっと手ぬぐいを見る→「手ぬぐい かまわぬ 楽天市場

 

 

スポンサーリンク

旅行にオススメの手ぬぐいの素材は?

手ぬぐいといっても、種類はさまざま。染め方で値段も変わってきます。ここでは、「染め方で選ぶ、旅行にオススメの手ぬぐいの種類」について紹介します。

 

手染め(注染手ぬぐい)

経年変化を楽しむなら、手染め(注染)がおすすめ。

その名の通り、染料を注いで染めるから「注染」と呼ばれています。顔料インクを使用しないので、肌触りもよく、さらっとした手触りになるのが特徴。

 

最後に仕上げとして水洗いを行い、余分な染料や糊を落とします。その一手間で、全体に綺麗に色の入った、手触りのいい手ぬぐいが出来上がります。

 

値段の目安:1枚800円〜

 

 

プリント染め

価格がリーズナブルでお財布に嬉しいプリント染め。

顔料を使って生地にプリントしていきます。顔料を使うので、硬めの手触りになるのが特徴。色鮮やかな発色で色落ちしません。

 

値段もリーズナブルなので、まず使ってみたい!という方にはおすすめです。

 

値段の目安:1枚100円〜

 

 

旅先で使う用途に合わせて選ぼう!

 

 

注染?プリント?
迷ったら、自分の使いたい用途に合わせて選びましょう!

 

肌のケアに使いたいなら注染を!

手ぬぐい活用法で少し紹介していますが、手ぬぐい洗顔をしたりバスタオル代わりに使うことが多い人は、肌に優しい「注染の手ぬぐい」がおすすめです。

 

インテリアやファッションに使うならプリントで!

おしゃれアイテムとしてスカーフのように使ったり、例えば旅先で床にカバンをおくのが気になるから敷物にしたりする場合などは、安価な綿を使った手ぬぐいでもOKです。

 

 

「旅行×手ぬぐい」の便利な活用法

ここでは、実際に私が旅先でやっている「手ぬぐいの活用法」について紹介していきます。

 

1. 敷物として使う

 

 

スキンケアやドライヤーなど、すぐに使いたいアイテムは場所を決めて置いておくと便利なので敷物として活用しています。

 

ホコリが気になるときは、被せておくとホコリよけにもなりますよ。

 

 

2. 手や顔を拭く用

 

 

私は、タオルを引っ掛けられるホルダー(100均で買えます)と手ぬぐいをセットで持ち歩いています。

 

 

この形にしておくと、部屋の中のどこへでも持ち運べて好きな場所に引っ掛けられるので便利です。

 

 

3. バスタオルの代わり

 

 

バスタオルと手ぬぐいってこんなにサイズに違いがあるんです。もちろん、厚みも全く違います。

ホテルにバスタオルがある時は、使わないこともありますが、エアビーの民泊で数が十分にないときは手ぬぐいで代用しています。

 

濡れたら絞って拭けば、しっかりと身体中の水分を吸収してくれますよ!

 

 

4. 浴用タオルとしても使える!

 

 

泡立ちの良い手ぬぐいは、浴用タオルにもピッタリです。和柄のおしゃれな手ぬぐいなら、バスタイムもグッと雰囲気が高まりますね!

 

 

5. ハンカチとして持ち歩く

 

 

普段は、ハンカチとしても使っています。汗を拭きたい時も、大判なのでしっかり拭けます。ハンカチより薄いので、バッグの隙間に収まりますよ!

 

 

6. 手ぬぐい洗顔で美肌を目指す

 

 

手ぬぐいは、細いさらしの糸で作られているので肌への刺激が少ない昔ながらの洗顔法です。

 

普段は、「石鹸×手ぬぐい」でやっていますが、いつも以上に肌のくすみや毛穴の黒ずみが気になる時は、「酵素洗顔×手ぬぐい」のスペシャルケアも取り入れています。

 

私がいつも使うお気に入りの酵素洗顔
8秒に1個売れている 酵素洗顔「スノーパウダーウォッシュ」

 

酵素洗顔の手順

 

メイクを落とす。
(メイクは落とさなくてもOK
だそうですが、個人的には
気になるので落とします)

 

顔をぬるま湯で濡らしておく。

 

手ぬぐいをぬるま湯につけて絞り、
石鹸や酵素洗顔を手ぬぐいの上で
しっかり泡立てる。

 

手ぬぐいに泡をつけて、
優しく肌を撫でるように
クルクルと回しながら洗顔する。
(小鼻やあごなど汚れが気になる部分は、
指先に手ぬぐいを巻いて優しく洗う)

 

最後に、よくすすいでいつも通りの
スキンケアをすればOKです♪

 

酵素洗顔を使うと肌がワントーン明るくなって、スキンケアの浸透力も変わる感じがします。時間がある時は、+でパックもして、リラックスタイムを海外で楽しむのもお気に入りの過ごし方です♪

 

 

スノーパウダーウォッシュ

ちなみに今なら、通常1,728円→700円で試せるキャンペーン中。税込・送料無料で10日分のトライアルとお得なタイミングなので、気になる方はチェックしてみてください。

 

私がいつも使うお気に入りの酵素洗顔
8秒に1個売れている 酵素洗顔「スノーパウダーウォッシュ」

 

 

7. 暑さをしのぐのに使う

 

 

暑くて耐えられない時、首に巻けば全体をカバーして日焼けから守ってくれます。水に濡らして、巻けば冷感タオルがわりにも。

しっかり絞れば、水滴が垂れてくることもありません。

 

 

8. ケガをした時、包帯にもなる!

手ぬぐいは、端が切りっぱなしになっています。江戸時代では、ケガをした際の応急処置にも使われていたようで、裂いて包帯として使っていたそうです。

 

粋な使い方ですよね!

端からすぐに裂けるので万が一の時にも安心です。

 

 

9. 風呂敷としても活躍

 

 

荷物を包んだり、ベンチに座る時に風呂敷がわりに敷いたりする事も。

最近は、パソコケースを使わずにパソコン本体を包むのにも使っています。そのままリュックに入れて使う時に出して広げれば、傷もつかないし敷物の役割も果たしてくれるので便利です!

 

 

10. ペットボトルホルダーにも!

 

 

こんな感じで、取っ手付きのペットボトルホルダーを簡単に作る事もできます!バッグに入れる時に水滴も気にならないのでよくやるお気に入りの方法です!

 

 

手ぬぐいのお手入れ方法

手ぬぐいを長く愛用するためには、基本のお手入れ方法を知っておくことが大切です。

基本は、手洗い

 

 

注染の手ぬぐいは、使い始めの時は特に色落ちしやすいというデメリットがあります。もし、洗濯機で洗う場合は、別で洗濯するなど色移りに注意してください。

 

色落ちは数回で収まりますが、洗濯機を使うと生地が痛みやすくなってしまうので、私は基本手洗いです。

 

 

汚れても、洗剤も洗濯機も使わず手でしっかり揉んで、絞って乾かせば問題ありませんよ〜!

 

 

端がほつれたら、カットして!

 

 

先ほど、手ぬぐいの端が切りっぱなしになっている事が大きな特徴でメリットについても紹介しましたが、最初のうちは、使用したり洗ったりする度に糸がほつれてきます。

 

でも、使用に問題はありません。ハサミでカットして切り揃えてあげれば大丈夫です。生地の端から1㎝ほどでほつれは止まります。

 

最後に・・

いかがでしたか?

旅行に手ぬぐいを持ってくメリットは、ズバリ!「1つで何役もこなす万能アイテム」だから。

ぜひ、お気に入りの手ぬぐいを探してみてくださいね♪

 

- - - - - - - - - - - - - - - -
よく読まれている記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事