スポンサーリンク

今回、ベトナムのダナンから近い世界遺産の街「ホイアン」に行ってきました!

ホイアンといえば、満月の夜(旧暦の14日)に街全体がランタンで彩られる「ランタン祭り」が有名。ダナンからホイアンを目指すのが基本的なアクセスの仕方です。

・実際の行き方
・2018/2019のお祭りの日程
・行ってみた雰囲気など、まとめました!

 

こちらの記事もオススメ!

ホイアンの行き方

アクセスの方法は、3種類

  1. タクシー
  2. バス
  3. 配車アプリ
  4. ツアー

ホイアンまでの所要時間は、市内中心部から片道1時間ほど。

一番お得な方法は、「バス
ダナンから5:30〜18:00の間に約20分間の間隔で運行。片道の価格は、2万5000VND(約120円)

ローカルなバスなので、ちょっと難易度が高いかもれません。

今回、配車アプリを利用しました!

直前までバスで行こうと思っていましたが、滞在した場所が市内の中心部から離れていて車で30分もかからないということがわかったのでグラブ(Grab)を使用しました!

片道30万VND(約1500円)です。

バスに比べると値段は高いのですが、送迎場所が指定できるなどメリットも多いです。

行き先を「ホイアンマーケット(Hoian market)」で指定するとホイアン市場に下ろしてくれます。

ツアーもおすすめです!

午後からのんびりとホイアンを目指せるので、ツアーを利用するのも便利。広いホイアンの見所をちゃんと押さえておいてくれるので、初めてでも楽しめますね!

ツアーについては、下記の記事に詳しくまとめてます。

おすすめ!【ベトナム・ホイアン】行き方から見所の観光スポットまで徹底解説!

スポンサーリンク

2018・2019の日程

毎月、満月の夜に行われるランタン祭り。

その日は、家々はランタンの灯のみで過ごすため、色とりどりのランタンの優しい灯で幻想的な街の雰囲気が楽しめます。

せっかくならランタン祭りに合わせて日程を組んで世界遺産のお祭りに参加しちゃいましょう!

2018年の日程 
1月30日(火) 7月 26日(木)
2月 未定 8月 24日(金)
3月 1日(木)/30日(金) 9月 23日(日)
4月 29日(日) 10月 22日(月)
5月 28日(月) 11月 20日(火)
6月 27日(水) 12月 20日(木)
2019年の日程 
1月19日(土) 7月 16日(火)
2月 18日(月) 8月 14日(水)
3月 19日(火) 9月 12日(木)
4月 18日(木) 10月 12日(土)
5月 18日(土) 11月 10日(日)
6月 16日(日) 12月 9日(月)
スポンサーリンク

入場チケットを買おう!

ホイアン市場で降りたら、すぐにチケット売り場があります。そこで入場チケットを購入してください。

チケットについて
入場料:1人12万VND(約600円)
ホイアンの観光局が指定する、博物館や歴史的な建物など21ヵ所の中から5ヵ所を選んで入場できるチケットつき。

どの時間帯がベスト?

今回は、「午後にホイアンに向かって散策→夕食→日が落ちてからお祭りを楽しむ」という日程を組みました。

だいたい、14時前に到着し、
その日の日没が18:30だったので半日観光が出来れば十分だろうと思い向かいました。

結果、そのスケジュールで満足できる観光ができました!

私たちの過ごし方
ベトナムの日差しはとても強く、長時間外にいると体力が奪われます・・。そのため、到着したら軽く街並みを散策しながら、カフェで休んだりして時間を過ごしました。お土産店も多くありますが、商品のラインナップは、ほとんど同じなので気になったショップだけを巡れば十分!16時を過ぎて少し涼しくなってきたところで、風を感じながらトゥボン川のほとりを散策するのがオススメです。


どこを切り取っても絵になります。
天気が良ければ、青い空とカラフルなランタン、色とりどりの建物とのコントラストが可愛い写真が撮れるし、本格的なカメラ片手に写真を撮ってる人多かったですよ〜!

 

市場の中には、フードコート?のような食べるスペースもあります。衛生面については、自己判断でお願いします!多分、大丈夫たど思うけど・・

体力のある方は、朝から訪れてもいいと思いますが、やはりメインは夜のランタン祭りなので午後から訪れれば十分というのが今回行ってみて感じたことです。

おすすめのカフェ

ホイアン滞在中に訪れたカフェが、高コスパで「足湯をしながらお茶ができる」というリラックス度満点のカフェだったのでご紹介します!

Cocobana cafe

Cocobana cafe
ココバナ カフェ

お店の情報
営業時間:12:00〜20:00
定休日:月曜日
平均単価:5万VND〜(約250円)
住所16 Nguyễn Thái Học, Phường Minh An, Hội An, Quảng Nam, ベトナム

[お店の外観]

ホイアンの街の中心から少し離れているので、観光客が少なめで静かな雰囲気。

隣が日本人経営のお土産ショップで、
オーナーセレクトのこだわりお土産を買うことができます!

[日本人オーナーのお店]

近くには、「SUNDAY」という名前の雑貨ショップがあり、ここもかなり可愛い!おしゃれな食器やストールやピアスなど、行ったら抑えておきたいお土産さんもあります。

おすすめは、足湯つきコンボセット

ここにきたら、飲み物+足湯のスペシャルセットをやってみてください!

飲み物つきで500円でリラックスタイムが過ごせます。

椅子が、ハンモックみたいになっていて座りごごち抜群。足湯は、ホットかコールドかで選べます。外が暑くて体が熱を持ってしまっていたので、迷わず冷たいのを選択!

店員さんが、桶を用意してくれて(塩と葉っぱが入ってました)そこに足を入れると、冷たい茶色い水を入れてくれます。

最初は、色にびっくりしたけど冷たくて気持ちいい!最後まで、この液体が何かわからなかったけど、体の熱がどんどん取れて行って、身体中の汗が引いていきました〜!最高!

 

飲み物をいただきながら、のんびり。

追加の氷と足を拭くタオルもさっと準備をしてくれます。疲れた体を癒すにはピッタリの場所でした。

[Reaching Out Teahouseの店内]

街中は、おしゃれなカフェが点在しています。耳が不自由なスタッフで営業されているカフェ「Reaching Out Teahouse」も雰囲気がよくてオススメです!こだわりの豆を使った美味しい「ベトナムコーヒー」が飲めます。

夕方から街は、お祭りムード

日が落ちてきたら、街は人で溢れかえります。道路にも出店が出始め、お土産や食べ物などを楽しむことができます。

治安の悪さは感じませんでしたが、とにかく人が多いです。すれ違うのが大変な場所もあるので、スリやひったくりには注意してくださいね!

ホイアンのランタン祭り

 

ランタンを販売するお店では、様々な種類や色のランタンが飾られています。基本写真を撮影することはOKなのですが、ダメなお店もあるようです。

買わないのにランタンを触りながら写真を撮ったりしていて、お店の人に怒られてる人も見かけました。最低限のマナーを守りながら撮影しましょうね!

カップルが民族衣装を着て写真撮影をしている姿を何回も見かけました!なかなかいい写真が撮れたので満足です!

 


日の入り間近になると、船が増え始めます。実際に乗ることもできるよう。夜が深まるとさらに増え、船の上から灯籠流しをする観光客で溢れかえります。

色とりどりの灯篭と、満月。

どこを切り取っても絵になるので、カメラが手放せませんでした(笑)

 

昼間とは、全く異なる姿を見せてくれるホイアン。ぼーっとトゥボン川に流れる灯篭を眺めたり、屋台で買った食べ物を食べながら町歩きを楽しんだり・・。

ぜひ、お気に入りの過ごし方を見つけてくださいね!

番外編:ホイアン名物 -食べ物-

ホイアンには、「3大名物料理」があります!

  1. 揚げワンタン
  2. カオラウ
  3. ホワイトローズ

せっかく来たなら名物も食べて帰りましょう!

[ホワイトローズ]

[カオラウ]

ホイアン市内にガイドブックに載るような有名店もありますが、今回は中心地にあるレストランを選びました。おそらく、どこで食べても美味しいと思います!

まとめ

この他にも、紙幣にも描かれている「来遠橋(日本橋)」やベトナム1おいしいと言われるバインミーのお店「Banh Mi Phuong」など見所たくさん!

行って損なし!
また訪れたい、お気に入りの場所になりました。

この記事が、ホイアンを訪れる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事