アジア

【2019年の日程は?】ベトナム・ホイアンのランタン祭りを写真多めで詳しく紹介!

みなさん、こんにちは!
歴史のある建物や町を散策しながら写真を撮るのが大好きな、ひとさんです。

ベトナムのダナンから近い世界遺産の街「ホイアン」といえば、満月の夜(旧暦の14日)に街全体がランタンで彩られる「ランタン祭り」が有名ですよね!

ダナンからホイアンを目指すのが基本的なアクセスの仕方です。

ひとさん
ひとさん
今回は、2019年の日程やホイアンの街の雰囲気など写真多めで魅力をわかりやすく紹介します!

ホイアンの行き方

アクセスの方法は、3種類

  1. タクシー
  2. バス
  3. 配車アプリ
  4. ツアー

ホイアンまでの所要時間は、市内中心部から片道1時間ほど。一番リーズナブルに行ける方法は、「バス」です。

ダナンから5:30〜18:00の間に約20分間の間隔で運行。片道の価格は、2万5000VND(約120円)ローカルなバスなので、ちょっと難易度が高いかもれません。

今回は、配車アプリを利用しました!

直前までバスで行こうと思っていましたが、滞在した場所が市内の中心部から離れていて車で30分もかからないということがわかったのでグラブ(Grab)を使用しました!

Grab(グラブ)アプリを使って安全な旅を!【登録方法と使い方】みなさん、こんにちは! 海外旅行(特に東南アジア)が大好きな、ひとさんです! 海外旅行・海外出張・留学を含めた長期滞在など・・。...

片道30万VND(約1500円)です。バスに比べると値段は高いのですが、送迎場所が指定できるなどメリットも多いです。行き先を「ホイアンマーケット(Hoian market)」で指定するとホイアン市場に下ろしてくれます。

ツアーもおすすめです!

ホイアンの見所は夕方から夜にかけてなので、午後からのんびりとホイアンを目指せるツアーを利用するのもおすすめ。

広いホイアンの見所をちゃんと押さえておいてくれるので、初めてでも楽しめますね!

2018・2019の日程

毎月、満月の夜に行われるランタン祭り。その日は、家々はランタンの灯のみで過ごすため、色とりどりのランタンの優しい灯で幻想的な街の雰囲気が楽しめます。

せっかくならランタン祭りに合わせて日程を組んで世界遺産のお祭りに参加しちゃいましょう!ただ、みなさんがお祭りの日に行けるわけではないと思います。

お祭りの日じゃないと楽しめないの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。普通の日も灯籠流しが出来ますし、楽しむことは可能です!(灯篭の数は少なめですが・・)

お祭り当日は、灯篭の数が多いですね。
天気がいいと満月もハッキリ見えます。

2018年の日程
1月30日(火) 7月26日(木)
2月 未定 8月24日(金)
3月1日(木) / 30日(金) 9月23日(日)
4月29日(日) 10月22日(月)
5月28日(月) 11月20日(火)
6月27日(水) 12月20日(木)
2019年の日程
1月19日(土) 7月16日(火)
2月18日(月) 8月14日(水)
3月19日(火) 9月12日(木)
4月18日(木) 10月12日(土)
5月18日(土) 11月10日(日)
6月16日(日) 12月9日(月)

入場チケットを買おう!

ホイアン市場で降りたら、すぐにチケット売り場があります。そこで入場チケットを購入してください。

チケットについて

入場料:1人12万VND(約600円)

ホイアンの観光局が指定する、博物館や歴史的な建物など21ヵ所の中から5ヵ所を選んで入場できるチケットつき。

どの時間帯がベスト?

今回は、「午後にホイアンに向かって散策→夕食→日が落ちてからお祭りを楽しむ」という日程を組みました。時期は、乾季の6月です。

14時前に到着し、その日の日没が18:30だったので半日観光が出来れば十分だろうと思い向かいました。ただ予想外だったのが乾季のベトナムの暑さです。

日差しはとても強く、長時間外にいると体力が奪われます・・。暑すぎてバテました(苦笑)なので、個人的なおすすめの時間帯は、16時前後の到着を目安に訪れることです。

逆に雨季の晴れた日なら風もあり涼しいので、1日観光するのもオススメですね!ただ、ホイアンは台風の影響を受けやすいので、情報のチェックは欠かせません。

【ベトナム・ダナンの気候】台風に注意!雨季・乾季の気温とベストな服装は?みなさん、こんにちは! ダナンののんびり感が大好きな、ひとさんです。 先日、『ダナン旅行で注意すべき治安情報』についてシェアしま...

天気が良ければ、青い空とカラフルなランタン、色とりどりの建物とのコントラストが可愛い写真が撮れます。

どこを切り取っても絵になる場所ばかりなので、本格的なカメラ片手に写真を撮ってる人多かったですよ〜!

ホイアン市場の中には、フードコート?のような食べるスペースもあります。正直、清潔とは言い難い・・。乾季の時期はやめたほうが無難かも。

ベトナムの屋台の衛生環境については、『ダナンの治安情報と注意すべきポイント』で少し説明しています。

おすすめのカフェ

ホイアン滞在中に訪れたカフェが、高コスパで「足湯をしながらお茶ができる」というリラックス度満点のカフェだったのでご紹介します!

Cocobana cafe

Cocobana cafe
ココバナ カフェ

住所:16 Nguyễn Thái Học, Phường Minh An, Hội An, Quảng Nam, ベトナム
営業時間:12:00〜20:00
定休日:月曜日
平均単価:5万VND〜(約250円)

[お店の外観]

ホイアンの街の中心から少し離れているので、観光客が少なめで静かな雰囲気。隣が日本人経営のお土産ショップで、オーナーセレクトのこだわりお土産を買うことができます!

[日本人オーナーのお店]

近くには、「SUNDAY」という名前の雑貨ショップがあり、ここもかなり可愛い!おしゃれな食器やストールやピアスなど、女子受け抜群なお土産さんもあります。

おすすめは、足湯つきコンボセット

ここにきたら、飲み物+足湯のスペシャルセットをやってみてください!飲み物つきで500円でリラックスタイムが過ごせます。

椅子が、ハンモックみたいになっていて座りごごち抜群。足湯は、HotかColdで選べます。外が暑くて体が熱を持ってしまっていたので、迷わず冷たいのを選択!

店員さんが、桶を用意してくれて(塩と葉っぱが入り)そこに足を入れると、冷たい茶色い水を入れてくれます。

最初は、色にびっくりしたけど冷たくて気持ちいい!最後まで、この液体が何かわからなかったけど、体の熱がどんどん取れて行って、身体中の汗が引いていきました〜!最高!

飲み物をいただきながら、のんびり。追加の氷と足を拭くタオルもさっと準備をしてくれます。疲れた体を癒すにはピッタリの場所でした。

乾季のホイアンは本当に暑いので、適度に休憩をとりながら散策しましょう!

[Reaching Out Teahouseの店内]

ホイアンの街中は、おしゃれなカフェが点在しています。耳が不自由なスタッフで営業されているカフェ「Reaching Out Teahouse」も雰囲気がよくてオススメです!

こだわりの豆を使った「ベトナムコーヒー」が飲めます。フィルター入りのベトナムコーヒーは、最高に美味しいですよ!

夕方から街は、お祭りムード

夕方は、涼しくなってきます。トゥボン川の周辺を散策するのにぴったり。有名な日本橋を見に行くのもいいですね!

日が落ちてきたら、街は人で溢れかえります。道路にも出店が出始め、お土産や食べ物などを楽しむことができます。

治安の悪さは感じませんでしたが、とにかく人が多いです。すれ違うのが大変な場所もあるので、スリやひったくりには注意してくださいね!

ホイアンのランタン祭り

ランタンを販売するお店では、様々な種類や色のランタンが飾られています。基本写真を撮影することはOKなのですが、ダメなお店もあるようです。

買わないのにランタンを触りながら写真を撮ったりしていて、お店の人に怒られてる人も見かけました。最低限のマナーを守りながら撮影しましょうね!

民族衣装を着て写真撮影をしている男女が多いです。そんな瞬間を狙い撃ちすれば、なかなかいい写真が撮れますよ!

日の入り間近になると、船が増え始めます。実際に乗ることもできます。夜が深まるとさらに増え、船の上から色とりどりの灯籠流しをする観光客で溢れかえります。

灯篭と、満月。幻想的な雰囲気が広がります。これは、橋の上から撮ったんですが、人が多すぎて、ぎゅうぎゅうに押されながら激写した1枚。

もっとカメラの腕が欲しいと自分を恨みつつ、どこを切り取っても絵になるので、カメラが手放せませんでした。

昼と夜で、全く異なる姿を見せてくれるホイアン。ぼーっとトゥボン川に流れる灯篭を眺めたり、屋台で買った食べ物を食べながら町歩きを楽しんだり・・。

さすが世界遺産に認定された街。世界中から観光客が訪れます。私たちは日帰りでホイアン旅行をしましたが、せっかくなら1泊したい!と思うぐらい魅力に溢れた街でしたよ!

【ベトナム】ホイアン1万円以下のおすすめホテル5選!旧市街にも好アクセス ベトナム中部の都市ダナンから車で1時間弱のところにある『世界遺産都市ホイアン』は、16~17世紀にヨーロッパやアラビア半島、イン...

番外編:ホイアン名物 -食べ物-

ホイアンには、「3大名物料理」があります!

  1. 揚げワンタン
  2. カオラウ
  3. ホワイトローズ

この3つはホイアンでしか食べられません。せっかく来たな名物も食べて帰りましょう!

[ホワイトローズ]

[カオラウ]

ホイアン市内には、ガイドブックに載るような有名店もありますが、今回は中心地にあるレストランを選びました。おそらく、どこで食べても美味しいと思います!

まとめ

この他にも、紙幣にも描かれている「来遠橋(日本橋)」やベトナム1おいしいと言われる行列の絶えないバインミーのお店「Banh Mi Phuong」など見所たくさん。

行って損なし!また訪れたい、お気に入りの場所になりました。この記事が、ホイアンを訪れる方の参考になれば幸いです。

ABOUT ME
ひとさん
ひとさん
海外移住をきっかけに旦那さんとブログをスタート!海外旅行・食べること・写真を撮ることが趣味です。現在は、夫婦でパソコン1つで東南アジアを旅してます!将来は、フレンチブルを飼って海沿いを散歩するのが夢。
ベトナム ダナンのツアーを探す

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

人気急上昇!!
ベトナム ダナンの魅力を楽しむ
その体験こそが、旅の思い出を作るそのもの。