アジア

【女性・男性別】マレーシアでモスク見学する時の服装や注意点・マナーは?

みなさん、こんにちは!
マレーシアでモスク巡りにハマったひとさんです。

マレーシアは、6割がイスラム教を信仰するムスリムで占められています。その為、数多くのモスクがあるのが特徴。

ということもあり、ガイドブックなどでも観光地巡りの1つとして『モスク巡り』が紹介されていますよね!

ただ、モスクはただの観光スポットではありません。ムスリムがお祈りを捧げる宗教施設。服装やマナーなど、気をつけるべきルールが存在します。

ひとさん
ひとさん
今回は、マレーシア観光の見所の1つ、モスク巡りを予定している方たちのために知っておくべき服装や注意点をお伝えします。

モスクとは?

モスクは、マレーシア語でMasjid(マスジッド)と呼ばれます。有名な所だと、『ピンクモスク』や『ブルーモスク』がありますね。

ひとさん
ひとさん
私が巡ったモスクも含めた、マレーシアのおすすめモスク7選の記事も参考どうぞ!
マレーシア・クアラルンプールに来たら行くべき!有名モスクと穴場モスク7選みなさん、こんにちは! マレーシア大好き、ひとさんです。 マレーシア観光の1つとして人気なのが「モスク観光」人口の70%がムスリ...

モスク見学の注意点とマナー

ここからは、見学の際に注意すべき点とマナーについてお話しします。

礼拝時間に注意

礼拝の時間には内部を見学することは出来ません。外からのみ見学することになります。午前中に行けば、基本的に内部も観光出来ます。

注意したいのは、午後1:30前後と夕方16:30前後。お祈りに来るムスリムも多いので邪魔にならないよう配慮が必要です。

金曜日は、成人ムスリム(特に男性)の集団礼拝が義務づけられているなど、大事な曜日のため入場できる時間がさらに限られるので注意が必要です。

靴は、脱ぎます

靴は脱いで見学します。

大型の収容人数が多いモスクになると、信者用と観光客用で下駄箱が分かれていて、入り口も別の場合があるので、警備員(セキリュティ)の指示に従うようにしましょう。

入れないエリアがあります

イスラム教は、男女別々にお祈りをします。

基本的には、女性は上の階にお祈りするスペースが設けられていてそこでお祈りをします。同じフロアを使う場合は、男性は前で女性は後ろ。女性は男性の視界に入らないようにお祈りすることが決まりです。

ピンクモスクの女性専用のお祈りスペース

ひとさん
ひとさん

ここに、どんな理由があるか知っていますか?

私も知らなかったんですが、あるモスクでガイドさんから聞いた理由は実に単純なものでした!

ガイドさん
ガイドさん
だって、女性が横にいたら気になっちゃってお祈りに集中できないでしょ?

えっ?そういう理由なの?意外とシンプルな理由でした(笑)

基本的に観光客はプレイヤールームの中まで入る事は出来ません。観光客が入れるスペースが一角取られているので、そこから中を見学します。

館内では静かに、カメラの音にも配慮を!

館内は、静かで荘厳な雰囲気です。実際にお祈りしているムスリムもいます。携帯のカメラの音は想像以上に響くので、注意が必要です。

シャッターが無音になるアプリを使ったり、一眼レフなどのカメラを持参した方が気兼ねなく写真撮影が楽しめますよ♪

勝手にムスリムの写真を撮らないで

イスラム教徒の中には『写真を撮られる』という行為を非常に嫌がる方もいます。

私も住み始めの頃、そういったマナーを知らずに訪れたモスクでガイドさんの写真を撮影しようとした所、手で顔を隠されやめてとジェスチャーをされました。

よくよく調べてみると、

偶像崇拝が禁止されるイスラム教では、自分の姿や形が写真として残ってしまう事を嫌がるという理由がある事を知り、申し訳ない事をしてしまったと反省。

ひとさん
ひとさん
それ以降は、写真に収めたりしないように気をつけています!撮影したい場合は『必ず一声かけて許可を取ってから撮影する』ようにしてくださいね!

ラマダン中の見学について

ラマダン中は、見学できないという事はありません。

イスラム教の人達にとって『ラマダン』は一年の中でも重要な儀式の1つ。5月初旬か中旬から1ヵ月の断食に入ります。

健康なムスリムは、日の出から日の入りまで飲食はもちろん、喫煙や性的なことまでが禁じられます。なので、人々がイライラしがち

ラマダン中のムスリムは、極力体力を消耗しないように完全に省エネモードで過ごします。(人によるかも・・)マレーシアに住んでいた頃は、タクシーが捕まりにくくなったり、店員さんがレジに座り込んでいる光景もよく目にしました。

それだけ、断食は大変なもの。

ひとさん
ひとさん
そんな大変なことをなぜ?と思われるかもしれませんが、空腹や自己犠牲を経験することで、貧しく飢えている人たちの気持ちを理解するために大切なことなんです。

そんなことも理解しながら見学するといいと思います♪

モスク見学の際の服装

女性

ピンクモスクに行った時

女性が観光する際は、髪や肌が見えないようにローブを着用します。どこのモスクも無料で貸し出しているのでご安心を。

大判のスカーフで髪を隠す形でも問題ありません。ムスリムの女性たちがつける『ヒジャブ』は、デザインや巻き方が豊富で、ファッションの一部になっています。

インスタを見ていた時に、フードの代わりにヒジャブを買って写真をあげている方達をみて可愛いなーーと思いました!

確かに、フードだとハリーポッターみたいな感じになっちゃうんですけど、モスク×ヒジャブの組み合わせってすごく可愛いですよね。

インスタ映えって感じです。マイヒジャブ欲しい!

あとは、実際に訪れる時の服装も配慮した方がいいと思います。

よく見かけるのが、ミニのワンピースや太ももを露出した短パンなどの格好で歩いている人たちが多いこと。確かに内部を見学する時は隠すものを貸してもらえます。が、「郷に入れば郷に従え」で、あらかじめ体のラインがわかるような服装は避けるべきです。

男性

半ズボンだったので隠すものを貸してもらいました!

男性の場合、肩とヒザを隠す必要があります。7分丈のズボンはOKです。短パンやノースリーブの場合もローブや足を隠すスカート?を貸してもらえます。

ただローブって重くて生地も厚いんです。暑がりさんには大変かも。

Mino
Mino
僕は以前、『マラッカ海峡モスク』にいった時、貸し出しのものがなくて入れず、外で待ちぼうけになりました・・

急なトラブル回避のためにも、あらかじめ長ズボンやを7分丈を履いていく方が楽かもしれませんね!

まとめ

今回は、『マレーシアでモスク見学をする時の服装や注意点・マナー』について紹介しました。ルールを守れば楽しく非日常の体験ができます。

近い将来、キリスト教を抜いて信者数が1位になると言われている『イスラム教』モスク見学を通じて、少しでも理解が深まることを願っています♪

ABOUT ME
ひとさん
ひとさん
海外移住をきっかけに旦那さんとブログをスタート!海外旅行・食べること・写真を撮ることが趣味です。現在は、夫婦でパソコン1つで東南アジアを旅してます!将来は、フレンチブルを飼って海沿いを散歩するのが夢。