スポンサーリンク

 

今回、マラッカにある水上モスク【マラッカ海峡モスク】に行って来ました!

 

マレーシアに住んだことをきっかけに「モスク巡り」が好きになってしまった私。「マラッカにあるマラッカ海峡モスクも美しいらしいよ!」と聞き、これは行くしかないと。

 

記事の途中に「360度カメラ(insta360 one X)」で撮影した画像と、一番最後にYouTubeの動画も載せているので、最後まで要チェックですよ〜!

 

マラッカ海峡モスク

マラッカ海峡モスク
(Masjid Putra)

詳細情報
住所Jalan Pulau Melaka 8, 75000 Melaka
アクセス:オランダ広場から車で15分
時間:見学自由(礼拝時間は信者以外の入場不可)
料金:無料

モスクへの行き方

モスクは市内から少し離れています。バスなども出ていないので、タクシーや配車アプリ(グラブ)を利用して向かいましょう。グラブを利用すれば、片道RM6〜8程度(約160円〜)で向かえます。

 

周辺は、ほぼ何もありません。色々と建設はされてましたが、ほとんど空き家です。人の気配もあまりないので、夜の女性の一人歩きなどは危険かも。モスク⇆中心地の行き来がベストです。

 

Grab(グラブ)の使い方については、
別の記事にまとめました!
↓ ↓

 

入るときの注意点

 

モスクに入る時には、いくつか注意しておかなければならない点があります。どのモスクを見学する場合も共通することなので覚えておくと便利です。

 

  • 礼拝時間に注意
  • 靴は脱ぎます
  • 女性は、肌の露出を控えた服装で
  • 男性も、短パンは控えた方が無難

 

1. 礼拝時間に注意

礼拝の時間には内部を見学することは出来ません。外からのみ見学することになります。午前中に行けば、基本的に内部も観光出来ます。

 

注意したいのは、午後1:30前後と夕方16:30前後。お祈りに来るムスリムも多いので邪魔にならないよう配慮が必要です。

 

また、金曜日の礼拝は成人(特に男性)のムスリム信者にとって大切な日。観光客が見れる時間が最も少ない曜日になるので、訪れる際は注意が必要です。

 

2. 靴は脱ぎます

靴は脱いで見学します。大型の収容人数が多いモスクになると、信者用と観光客用で下駄箱が分かれていて、入り口も別の場合があるので、警備員(セキリュティ)の指示に従うようにしましょう。

 

3. 女性は、肌の露出を控えた服装で

ピンクモスクに行った時

女性が観光する際は、髪や肌が見えないようにローブを着用します。どこのモスクも無料で貸し出しているのでご安心を。ただ、実際に訪れる時の服装も配慮した方がいいと思います。

 

よく見かけるのが、ミニのワンピースや太ももを露出した短パンなどの格好で歩いている人たちが多いこと。確かに内部を見学する時は隠すものを貸してもらえます。が、「郷に入れば郷に従え」で、あらかじめ体のラインがわかるような服装は避けるべきです。

 

4. 男性も短パンやノースリーブは控えて

男性の場合、肩とヒザを隠す必要があります。7分丈のズボンはOKです。短パンやノースリーブの場合もローブを貸してもらえますが、結構重いし暑い・・。暑がりさんにはちょっと辛いかも。

 

スポンサーリンク

中もいいけど、外から見るのが最高

今回訪れたのは、平日木曜日の14時ごろ。どうしてもタイミングが合わず、お祈りの時間と被ってしまったため内部の見学は出来ませんでした。

ちらっと外からのぞいただけ。夕日の時間にリベンジしようとしたんですが、スコールと重なり大雨・・。

 

でも、外からキレイなモスクの写真が撮れたから満足!

 

私のような失敗をしたくない人は、午前中に来て内部の見学を済ませておく。天気がよければ、夕日の時間帯に再び訪れるのがベスト。

 

 

正面。この後ろにはマラッカ海峡があります。モスクの規模はそこまで大きくありません。世界一大きなドームを誇るマレーシアのブルーモスクの方が圧倒的な大きさを誇ります。

 

大きすぎて写真に収まりきらないブルーモスク

 

 

ミナレットは、1本。マラッカ海峡に面して立っていました。ミナレットとは、モスクに必ずある塔のことで礼拝(サラート)を呼びかけるアザーンが流されます。わかりやすくいうと、「みなさ〜ん!お祈りの時間です!」というお知らせをする塔です。

 

 

このモスクの特徴は、美しいステンドグラスが施されている所。「太陽の光を浴びるとキレイなんだろうなぁ」と思いつつも、行った時間はくもりのち晴れ。残念!

 

ここで海峡側からの写真を1つ!

 

【360度ぐるっトリップ】
くるくる回してご覧ください♪
↓ ↓

 

海峡側には開けた場所があって人気の撮影スポットになっています。壮大なマラッカ海峡をバックに写真撮影をお忘れなく!モスクの内部は、動画内で少し紹介しています。

 

 

モスクの中は10分程度で見終わってしまうので、その後は全体像が撮影できる場所まで移動しましょう。マラッカ海峡に浮かぶモスクの全貌を見ることができます。

 

 

広ーい海にポツンとせりだすように建てられたモスク。海自体はキレイではないんですが(笑)モスク好きの私としては、かなりワクワク度の高い場所でした!

 

【360度ぐるっトリップ】
くるくる回してご覧ください♪
↓ ↓

まとめ

観光客がモスクを見学する場合、信者と違って入れる場所に制限があったりしますが、モスクごとに異なる装飾や色使い、また熱心にお祈りする人々を間近で見ることも出来ます。

 

まだまだモスク巡りはやめられそうにありません!

 

マラッカ海峡モスクの動画は、こちらから!
↓ ↓
使用カメラは、Insta360 ONE Xです。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事