360度カメラ

【マレーシア・バトゥ洞窟】改修工事が賛否両論!?リニューアル後の姿を360度カメラで撮影!

こんにちは!
歴史のある建物やお寺が大好きなひとさんです。

マレーシアの観光ガイドブックには必ず載っている「バトゥ洞窟」ヒンドゥー教の聖地として知られ、世界の奇祭の1つ「タイプーサム」が行われる場所でもあります。

お祭り当日には100万人以上が訪れる事でも有名。

苦行する事で、神々に感謝を表しているとされ、危険が伴うのでインド本国では禁止、マレーシアとシンガポールのみで行われているという、なんとも危険な匂いがプンプンするお祭り。

そんなインドからも多くの信者が訪れ、憧れる聖地「バトゥ洞窟ですが、最近リニューアルが終わったとの情報を聞きつけ行ってきました!!

ひとさん
ひとさん
 バトゥ洞窟に来るの3回目!(笑)
Mino
Mino
僕は、4回目!!

なんと改修工事が終わったばかりだというのに、「周りの景観に合わない!」と大ブーイングを浴びているとか!

ひとさん
ひとさん
 今回は、360度カメラで撮影した画像と最後に動画も合わせて【文化遺産・バトゥ洞窟の魅力】を紹介します♪

 

改修工事を巡る論争については、以下の記事にとても詳しく書いてあり勉強になりました!文化遺産がリニューアルに失敗?マレーシアのバトゥ洞窟、極彩色にした階段に非難殺到

バトゥ洞窟とは?

 バトゥ洞窟(バトゥケイブ)
(Batu Caves)

時間:8:00~19:00
:なし
入場料:無料
アクセス:KTMコミューター バトゥケイブ駅徒歩すぐ
おすすめ度

 

バトゥ洞窟への行き方

バトゥ洞窟へ行く交通手段は、

  • KTMコミューター(鉄道)
  • 一般のタクシー
  • 配車タクシー

 

の3つに絞られます。

KTMの改札口とチケット売り場

KTMを使う場合は、KLセントラル駅から電車に乗ってください。バトゥケイブ駅は終点です。電車の運行時間は1時間に3〜5本程度。値段は、片道3RM程度だと思います。

一般タクシー

同じくKLセントラル駅からタクシーを使って行く場合、片道50〜60RMかかります。値段が高いのと、人によってはメーターを使わないなどのトラブルがあるので、あまりオススメしません。

配車タクシー(Grab)

東南アジアで普及している配車サービスです。自分のいる場所まで迎えにきてもらって、目的地まで向かいます。

全てアプリで完結できるので、ぼったくりの心配なし。片道20RM〜程度です。

詳しい使い方については、別の記事にまとめています。

Grab(グラブ)アプリを使って安全な旅を!【登録方法と使い方】みなさん、こんにちは! 海外旅行(特に東南アジア)が大好きな、ひとさんです! 海外旅行・海外出張・留学を含めた長期滞在など・・。...

私は、KTMかグラブを利用して向かいます。滞在しているホテルが駅に近ければ、電車のがおすすめ。近くに駅がない場所に滞在する場合は、グラブを利用して向かいましょう!

改修工事前と後の写真

まずは、全体図を360度カメラ(insta 360 one X)で撮影した画像をご覧ください!

キャメラくん
キャメラくん
改修後のバトゥ洞窟へ360度ぐるっトリップ!くるくる回してみてね♪

私が2回目に訪れたのが、2018年の8月中旬。その後に階段や周辺の建物の大幅な塗り替えがあったようで、2ヶ月後にはカラフルに大変身していました。

以前は遠くから写真を撮っても階段と周囲が馴染んでいて、落ち着いた雰囲気がありました。これはこれでよかったと思いますが、リニューアル後はこんな感じに!

ド派手ーー!!!

遠くから見ると、階段のカラフルさが異様に目立つんですが(周囲の景観とあってないのはうなづけるような・・)

中に入って近づくと、もっとド派手に装飾されています。

黄金のムルガン神より目立ってるんじゃないか?っていうぐらいカラフルに色付けされています。私は、これありだと思います。

この派手さって他にはないものだし、すごく刺激的。

まだ改修は完全に終わってなくて、途中なようです。

そもそも「周囲の反対」って言っても、マレーシアは多国籍国家で、マレー人が反対してるの?それともインド人?華人?ってちょっと疑問に思う。

インドのお正月「ディパバリ」の時は、マレーシアのショッピングモールでもカラフルなお米を使った装飾が多くの場所でされます。

その色彩ってバトゥ洞窟の装飾に通じるものあるよなぁ〜と思うし。

カラフルなお米を使ったアート

何より3回目の今回が一番楽しかった!異文化に触れてる感じで、ワクワクしました!

実際にインドの人たちはどう思ってるのかな?元の色に戻ったりするのか、ちょっと気になるところ。

実際に登ってみました!

毎回登ってはいるんですが、今回も頑張って登ってきました!入り口の柱もキレイに装飾されています。

女性はミニスカートやワンピースなど、ヒザから下が出ている服装では中に入れません。入り口でストールを腰に巻いてくれるので利用してください。

ムルガン神の奥にそびえる階段は272段!急斜面なのも理由でしょうか?かなり高く感じます。そしてこれがウワサの極彩色の階段!このカラフルさ、写真映えします!!

猿の親子

一番上までキレイにカラフルです。手すりも以前に比べるとかなりキレイに塗られています。塗ってまだそんなに時間は経ってないはずだけど、剥がれているのはご愛嬌。

以前の写真と比べると違いがよくわかります。昔は昔で歴史を感じさせる色合いが雰囲気を醸し出していていいですね。

信者の方々の中には、裸足で272段の階段を登る人も。

個人的にお気に入りのスポットの降りる時に見えていた門も色をつけるだけでこんなに違うのか!というぐらい変わってました。

以前の門の写真

改修後の門の写真

皆さんは、以前と今どっちがお好みですか?

途中には有料ツアー「ダークケイブ」も

ちょうど半分ぐらいを登ったところに「ダークケイブ」というガイド付きの洞窟ツアー(有料)が開催されています。

暗闇体験や珍しい洞窟内の生物を見ることができるツアーです。私は登って降りるので疲れてしまって、一度も参加したことはありません。

ひとさん
ひとさん
 心臓破りの坂にいつも苦戦。汗だくです・・。

振り返ると、意外な高さにちょっとヒヤリ。

階段の幅が狭くて急斜面なので、手すりに捕まりながらゆっくりと進むのが一番!あと行く方は、履き慣れた靴で挑戦を。

鍾乳洞の洞窟に圧倒されます

登りきったら、なん億年もかけて作り出された鍾乳洞の神秘を肌で感じてください。鍾乳洞が垂れ下がり、神秘的な空間を作り出しています。

キャメラくん
キャメラくん
360度カメラで洞窟の中も撮ってみたよ〜!

中も大きく改修工事がされました。さすがにちょっとミスマッチ?と感じるほど、大きくて色鮮やかな寺院も。

よく見ると細かいところまでこだわって色つけがされているので、絶対に登って見て欲しい景色です。

真っ白だった孔雀のオブジェが2ヶ月後に来たらこんなにカラフルに!!意図せず全く同じ構図で写真を撮っていたようで、ビフォーアフターがよくわかります。

以前は信者の方々がお祈りなどをしていましたが、今回訪れた時は何も行われていませんでした。平日に行きましたが、相変わらず観光客は多かったです。

改修前は布で覆われていて、こんなにド派手になるなんて想像もしていませんでした。

イスラム教は、偶像崇拝が禁止なので一切仏像はありません。逆にヒンドゥー教は、ユニークでカラフルな神様があちらこちらにいます。

宗教によって全然違うのでおもしろいですね!

中を進むと、最後に20段ぐらいの階段が。暑くて疲れが押し寄せるころですが、頑張って登ってみましょう!

改修中は、多くのインド人?の方達が塗る作業をしていたようです。たまたまカメラに写真が残っていました。

階段をペンキで塗装中

そこはさらに大きな空間になっています。天井はポッカリと穴が空いていて神秘的な日差しが注ぎ込んでいます。

世界中からパワースポットとして人が押し寄せるのも納得。

キャメラくん
キャメラくん
洞窟の中へ360度ぐるっトリップ!


使用カメラ:Insta 360 ONEX

水分補給は忘れずに!

洞窟内には、ちょっとした飲み物が買えるショップもあります。マレーシアの気候は、東南アジア特有のジリジリと日差しが照りつける暑さです。

スコールが降ると、一気に湿気っぽくなりジメッとした感じに。

天気は変わりやすいので、

  • 水などの飲み物
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 汗を拭くタオル
  • 帽子
  • 折り畳み傘

を持っていくと対応しやすいと思います。

お土産ショップもあるので、気になる方はぜひ!

最後に、猿のおまけ画像も!

洞窟内にある注意書き

洞窟には多くの猿がいます。階段を登っている時にも見かけることがあるはずです。危険のない程度に写真を撮るのはOKですが、エサをあげたりするのは禁止です。ご注意を。

最後に見かけた猿たちの写真を紹介します。

ココナッツの実に頭を突っ込んでました。

ココナッツの実を狙っていると思われ、睨まれました。

逃げられました。

他の猿に奪われそうになってました(笑)

あー楽しかった!ちなみに人間が飲む用のココナッツも売ってます。熱中症予防にも効果があるので、疲れた体にどうぞ!

130円ほどで、丸々1つ新鮮なココナッツをカットしてくれます。

f:id:minoru02152002:20170802155332j:plain

まとめ

今回は、新しくなったマレーシアの文化遺産「バトゥ洞窟」を紹介しました!

今後、塗り直しが検討されるかもしれないことを考えると、このカラフルな今のタイミングは貴重な経験になるかも?

ひとさん
ひとさん
 ぜひマレーシアに来たら訪れてみてくださいね♪

 

バトゥ洞窟の動画は、こちらから!
使用カメラは、Insta360 ONE Xです。

ABOUT ME
ひとさん
ひとさん
海外移住をきっかけに旦那さんとブログをスタート!海外旅行・食べること・写真を撮ることが趣味です。現在は、夫婦でパソコン1つで東南アジアを旅してます!将来は、フレンチブルを飼って海沿いを散歩するのが夢。