スポンサーリンク

海外での運転って不安なことも多いですよね。マレーシアで運転を考えている人のために、必須な免許証のことについてご紹介!

将来、移住を考えてる方の参考になるような記事も今後しっかり更新していきます!

  • マレーシアの運転事情
  • ビザ所有者の免許取得方法とは?
  • 日本の免許を更新の場合
  • マレーシアの運転事情

    日本と同じ左側通行・右ハンドル。日本人にとって運転しやすく、馴染みやすいのが特徴です。ただ、東南アジア特有の?スピードを出しすぎる車は、とても多いです。

    f:id:minoru02152002:20171105144954j:plain

    私の同僚も車を持っていて、通勤で毎日運転をしています。日本と違うことがあるとすれば、スピードを出させないように「バンプ」と呼ばれる段差があることでしょうか。

    それ以外は日本と交通ルールも似ているため、慣れるのにもあまり苦労しないと思います。

    それでも、日本の免許を持っていれば無条件でマレーシア免許を取得できる!という訳ではないので、そのあたりの事情を詳しく説明します。

    運転してみたいけど・・

    マレーシアに入国する方は、以下の2パターンに分けられます。

    ①観光で入国した人

    ②ビザで入国した人

    観光の場合

    f:id:minoru02152002:20171105150821j:plain

    観光の場合は、国際免許を使用し、問題なく運転することができます。

    ビザ保持者の場合

    f:id:minoru02152002:20171105150951j:plain

    ビザの所有者は、国際免許での運転を許可されていません。現地の免許に書き換える必要があります。

    ビザ所有者の免許取得方法とは?

    f:id:minoru02152002:20171105152144j:plain

    ビザ所有者が、マレーシアで免許を取得するには2つの方法があります。

    日本の免許を書き換える

    多くの方は、こちらのパターンに該当すると思います。

     新規に免許を取得

    現地の自動車学校で、新たに免許を取得することもできます。

    ①自動車学校へ入校

    ②講習(必須)筆記試験

    ③仮免許 取得

    ④本免許取得

     ※講習は英語の選択可

    日本の免許を更新の場合

    書き換えの際には、 以下の2つの手順が必要となります。

     大使館で免許証翻訳手続き

    POINT

    ◆マレーシア大使館で

    日本の免許証の翻訳証明を

    取得する必要あり

    在マレーシア日本大使館

    (Embassy of Japan in Maiaysia)

    • 窓口時間 月〜金 8:30~12:00/14:00~16:00
    • TEL: 03-2177-2600(代表)

    公式サイト:在マレーシア日本国大使館

     必要書類

    ・申請書(大使館にあります)

    ・パスポート

    ・日本の免許証 (有効期限内のもの)

    ・手数料 RM80(約2200円)

    注意

    交付までの所要日数

    申請日も含め4日かかります

    (閉館日は含みません)

     交通局(JPJ)で手続き

    英訳の証明書が取得できたら、交通局(JPJ)で免許を発行してもらいます。

    JPJ(Wangsa Maju)

    Kuala Lumpur

    • 窓口時間 月〜金 8:00~19:00 土 8:00~15:00 日 8:00~12:00
    • 早めに行くのがおすすめ。

    最寄りの交通局は、公式HPで
    チェックしてみてください。

    交通局HP http://www.jpj.gov.my/kuala-lumpur

    必要書類
    • 日本免許の翻訳証明書
    • パスポート(写真とビザのコピー)
    • 日本の免許証(原本とコピー)
    • 証明写真1枚(縦3.3×横2.5cm)
    • 手数料 RM30/1年、RM60/2年

    必要書類を持って、提出すると免許証が即日発行されます。

    持っていて損はなし

    身分証明になるので持っていて損はないです。郵便物を受け取るにも、パスポート番号

    の記入が求められます。

    免許証には

    ・顔写真

    ・名前

    ・パスポート番号

    ・住所

    が入っているので、ぜひ作ってみてくださいね!

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    よく読まれている記事