スポンサーリンク

北欧といえばどんなイメージをお持ちですか?

税金が高い?治安がいい?日本人が北欧に持つイメージは、やはり治安の良さや素晴らしい景色、日本でも人気の北欧ブランドなどがあるようです。

今回は、実際に旅行経験者が教える「北欧旅行で役に立ったアイテム」を5つ紹介します。

まず、北欧ってどの国のこと?

皆さんは、「北欧ってどの国のこと?」と聞かれて全部の国を答えられえますか?基本的に以下の国のことを指し「北欧4カ国」と呼んでいます。

  1. ノルウェー
  2. スウェーデン
  3. フィンランド
  4. デンマーク

情報量が多く、個人旅行ならこの1冊があれば間違いなし!旅行上級者も愛読。ガイドブックは、地球の歩き方シリーズがオススメですよ!
スポンサーリンク

夏の北欧旅行に役立つ持ち物

夏の北欧旅行は、ベストシーズン!

  • ノルウェーのフィヨルド
  • 気温が高く、日が長い

初めての北欧旅行なら、夏はベストシーズン!日中の気温は、30度ぐらいまで上がることも。ただ、日本の春ぐらいの気温ぐらいで朝晩は気温差があります。気温の変化に柔軟に対応できる持ち物の準備が必要です。

そんな夏旅行に必須の持ち物は、コチラ!

夜は、冷えます!軽めの防寒具

夏の北欧は、平均気温が25度前後と上がりますが、夕方〜夜にかけて気温が落ち、最低気温が15度前後まで冷え込みます。

冬ほどの防寒具は必要ありませんが、「軽くコンパクトな防寒具」は持って行く必要あり!

意外と便利!ホッカイロ

意外に思われるかもしれませんが、「ホッカイロ」はあると便利なアイテム。夏の北欧は気温差が激しく雨が降ったりするとさらに肌寒く感じます。

また、フィヨルドのツアーに参加するなど、自然の多い場所に行く場合は、防寒具とセットでホッカイロを持参しましょう!

日中の日差しは強い!日よけ対策

日中は、30度前後になることもあるほど気温が上がることもあります。そんな時に必須なのが、「帽子・サングラス・日焼け止め

北欧の人たちは、晴れた暑い日には外で日光浴をするなど夏が大好き!公園が日光浴をする人たちで溢れかえることもあるそう。

また白人の人達にとって、日焼けはステータスアジア人が白い肌に憧れるのと同じように、日焼けをすることが憧れなんて不思議ですよね!

ただ、私たち日本人にとっては日焼けは大敵なのでしっかり準備していきましょう。

冬の北欧旅行に役立つ持ち物

冬の北欧旅行の見所といえば、

  • オーロラ鑑賞
  • 北欧のクリスマス
  • 美味しいシーフード

など、冬ならではの楽しめるイベントが多くありますよね♪ただ厳しい寒さ、日が短かく日中が暗いなど、初めての旅行には難しいイメージがあるかもしれません。

でも、冬にしか見れない経験できない魅力もたくさん!そんな冬旅行に必須の持ち物は、コチラ!

サウナに行くための必需品!タオル

サウナに行くなら「大量のフェイスタオル」は必須!

北欧といえば綺麗なイメージでアメニティもたくさんあるでしょ?と思う方も多いと思いますが、日本ほどのおもてなしの精神はありません。

高級ホテルじゃない限り、アメニティに期待はできません。

そんなホテル事情に左右されずに北欧を満喫するにはタオルが欠かせません!「タオル?旅行なんだからそりゃ当然持ってくでしょ?」とお考えのあなた!

北欧にいくならいつもの量のタオルでは足りないのです。というのも、北欧で楽しみたいことの1つにサウナがあります。

北極圏の国ならではの文化で、公衆サウナが街中で楽しめます。予備のタオルがあれば、気になるサウナに何も気にせず入れますよね♪

極寒を耐え凌ぐための厚手のコート

寒い北欧の冬を乗り切る厚手のコート

時期にもよりますが、所によっては北緯7.80度の世界、極寒です。まず、あなたが想像しているより寒いことは確かなのです。

家で1番厚手のコート、もしくは新しい真冬用のコートを新調してから向かいましょう。それでも不安な方は現地でレンタル防寒具の貸し出しもあるのでそちらも検討して見てください。

人間、寒さにはかないません!
暖かい格好で美しい北欧を楽しんでくださいね。

美しいオーロラを撮る、一眼レフカメラ

オーロラを見るなら、「一眼レフカメラ」は、持って行って損のないアイテム。北極圏といえば・・そう!オーロラです!

フィンランドのイナリやロヴァニエミなどは、オーロラを見にきた方であふれています。たしかに、銀世界の空に輝くオーロラは他にない美しさを誇ります。

どなたも一度は見ていただきたいです。

そんなオーロラですが、残念ながら手持ちのスマートフォンのカメラではほとんど写真に収めることができません。

微弱なオーロラの光を捉えるには高性能のカメラが必須です。めったに見ることのできないものですから、ぜひちゃんとしたカメラを持っていくことをおすすめします!

暗さから身を守る、リフレクター

北欧の冬の大きな特徴の1つが、1日の大半が暗いこと。15時過ぎには、暗くなってしまいます。そんな時に歩行者の安全を守ってくれるのが「リフレクター

バックにつけておくだけで、車が来た時にライトに反射してピカッと光るので、相手に自分の存在を知らせることができます。

現地の人も日常的につけるアイテムなので、持っておくと安心ですね!

北欧ブランドのマリメッコも、ウニッコのリフレクターを販売しています!

北欧人になりきるマイボトル

最後に紹介するアイテムは「マイボトル

それも、手頃なサイズで保温に優れたものをおすすめします。日本でも最近のカフェブームでご存知の方も多いと思いますが、北欧の国内はコーヒースタンドが本当にたくさんあります。

カフェの向かいがカフェ、その斜向かいがカフェなんてことも街を歩けばしょっちゅうです。

北欧ではどのカフェもお客さんで賑わっており、旅行者のみなさんも利用すると思いますが、そんな時にマイボトルがあると便利。店員さんに頼めばボトルに注いでくれます!

飲み物としても機能しますが、異国の文化を持ち歩いてる気分に浸れるので是非みなさんも持って行って見てくださいね(笑)

冬でも夏でもあると便利なアイテム

冬でも夏でも、北欧旅行に行くなら持って行きたい持ち物はコチラ!

やっぱり美味しい日本食

あると心の拠り所になるのが「日本食

海外の味が好みでない方や、長期で滞在する方はどこの国に行くにも必須アイテムかと思いますが、北欧旅行では全ての方に持って行くことをおすすめします。

というのも、非常に残念ですが・・
北欧は本当にご飯が美味しくありません。

フィッシュ&チップスで有名なあのイギリスが、
ヨーロッパで飯がまずいのは北欧。なかでもフィンランド」と、名指しで指摘したほどなんです。

実際北欧は、その地理的に寒さが厳しく優れた農地も作れないため、塩っ辛い保存食ばかりです。グルメな日本人の口にあうものは少ないことでしょう・・。

現地ツアーを探すなら、ベルトラ

記事内で紹介したツアーは、「ベルトラ」で予約ができます。北欧ツアーは、数多く用意されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

\ 旅は、ベルトラ /
世界111か国268都市14000種類以上の
現地オプショナルツアー。
23万以上のツアー体験が信頼の証

日本のツアー予約サイト「ベルトラ」で、簡単に事前予約!

  • 日本語で簡単に予約
  • 体験談が参考に出来る
  • 日本語ガイド付き

など。当日は、予約完了のメールを持って、集合場所に向かうだけ。自分のプランにあったツアーを探せますよ♪

---------------------------------

まとめ

北欧旅行にかかせない旅行のアイテム
みなさんのお役に立てたでしょうか?

北欧にいく予定がある方もない方も、北欧は本当に素晴らしい地域です!一度行ったらその魅力の虜になることでしょう。

そんな北欧を全力で楽しめるよう、今回はおすすめアイテムをご紹介させていただきました! 皆さんの旅行が素敵なものになるよう願っております。

人気記事!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事