ヨーロッパ

【フィンランド】サーリセルカでオーロラを楽しむ方法。服装は?ツアーは?

北欧の国、フィンランドは北欧雑貨やムーミンだけでなく、冬のオーロラ鑑賞も人気の国。

フィンランド国内でもいくつかあるオーロラ鑑賞スポットのうち、中でも特におすすめの町、「サーリセルカ」についてご紹介します。

サーリセルカがおすすめの理由

フィンランドでは、フィンランド北部のラップランドと呼ばれる地方で、オーロラを見ることが出来ます。

オーロラが発生するオーロラベルトに位置する、

  • サーリセルカ
  • ロヴァニエミ
  • イナリ
  • イヴァロ

と言った町で鑑賞可能です。今回は、中でも特におすすめで、私も実際に行ったサーリセルカの町についてご紹介します。

オーロラの発生率が高い

サーリセルカは、何といっても他のオーロラ観賞スポットと比べてオーロラの発生率が高いのがポイント。せっかくお金と時間をかけていくなら、オーロラ発生率が少しでも高い場所に行きたいですよね!

オーロラは自然現象ですので、様々な条件が重なったときにだけ見られる貴重なもの。数ある条件のうち、中でも重要なのが、「空が暗い」こと。

サーリセルカはとても小さな町で街灯も少なく、他の都市からも十分離れているので、運が良ければホテルから数分歩いた場所でオーロラが鑑賞ができることもあります。

オーロラ鑑賞以外のアクティビティも盛ん

詳しくは次項でご紹介しますが、オーロラ鑑賞以外のアクティビティが盛んなのも魅力。オーロラは夜にしか見られないので、昼間の過ごし方が問題になってきますよね。

サーリセルカなら、リゾートホテルやレストラン、ショップなどもあるので施設内で楽しんだり、クロスカントリースキーや犬ぞりなどのスノーアクティビティも体験できます。

朝から夜まで、冬のフィンランドを楽しみつくしましょう!

サーリセルカの楽しみ方

リゾートホテルの滞在を楽しむ

引用:kakslauttanen

サーリセルカは、ほとんどの人がオーロラ鑑賞のために訪れる観光客のため、観光客向けのリゾートホテルが数多くあります。特に冬のオーロラシーズンは雪が深く積もり、日中の気温も低いため、ホテル内で楽しめるアクティビティが豊富に用意されています。

レストランでサーモンなどのフィンランドらしいグルメを味わったり、フィンランド式サウナで汗をたっぷりかいたり、北欧デザインのおしゃれな客室でゆったりリラックスしたり・・。

夜のオーロラ鑑賞に向けて、昼間はゆっくり室内で体力温存もいいですね。

中でもサーリセルカに来たらぜひ泊まりたいのが、「カクシラウッタネン」という高級リゾート。ここの目玉は、「ガラスイグルー」。

この部屋は何と、天井がガラス張りになっていて、暖かいベッドに寝ころびながらオーロラを見ることができるんです!他にも雪でできたかまくら型の「スノーイグルー」や氷でできたチャペルなど、珍しい施設が揃っています。

サーリセルカの町から車で10分程の場所にあります。

ホテル予約ならBooking.comがおすすめ

世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com」では、224の国・地域から95万5,000軒以上のホテルが掲載。フィンランドのホテルも数多く用意されていますよ。

————————————–

また、お得に安く泊まりたい!という方は、会員登録をして予約するだけで旅行代金が10%返還されるキャンペーンもやっています。頻繁に、セールもやっているので要チェックですよ!

スノーアクティビティに挑戦

サーリセルカは、スノーアクティビティもとっても盛ん。町を少し離れれば、綺麗な雪景色が広がっています。

  • 犬ぞり
  • トナカイぞり
  • スノーモービル
  • クロスカントリー

など、中々日本でも体験できないアクティビティが揃っています。

体力に自信が無い方は、犬ぞりやトナカイぞりがおすすめ。可愛い動物たちに引かれて、雪景色を心ゆくまで堪能できます。

体力に自信がある方、スノーボードなどのスノーアクティビティが好きな方には、クロスカントリーがおすすめです。

私も実際に体験しましたが、ガイドが丁寧に説明してくれ、初心者でも十分楽しむことが出来ました。途中でベリージュースや温かい紅茶のサービスがあったり、すれ違うスキーヤーたちが笑顔で挨拶してくれたり、フィンランドらしい温かさも実感することが出来ました。

防寒着や道具などは一式レンタルできるので、気軽に参加できますよ。

ショッピングを楽しむ

サーリセルカは小さな町ですが、町の中心部にスーパーマーケットもあります。スーパーは食料品だけでなく、お土産コーナーも充実しているので、とっても便利。

お酒やお菓子を買ってホテルで楽しんだり、フィンランドらしいお土産を探したりすることもできます。また、店内にカフェも併設されているので、寒空の中、温かいコーヒーやスープでホッと一息つくのもおすすめ。

引用:雑貨パトロール

他にも、デザインセンターと呼ばれる、北欧ブランド製品が集まるショップも近くにあります。ここでは、あの有名なマリメッコを始め、ムーミングッズなどフィンランドらしいお土産が一通り揃っています。

[getpost id=”5629″ title=”フィンランドのお土産記事”]

オーロラ鑑賞時の注意点

防寒対策をしっかりした服装を

オーロラ鑑賞は日が落ちた夜になるため、気温は氷点下になることが多いです。そのため、防寒対策はしっかりとして出かけましょう。

  • 厚手のダウンジャケット
  • ニット帽や手袋
  • スノーブーツ
  • カイロ

など、万全の装備だと安心です。ツアーによっては、防寒着を貸し出ししてくれる会社もあるので、荷物を少なくしたい方や、あまり装備を持っていない方にはおすすめです。

せっかくのオーロラ鑑賞ですので、「風邪を引いてしまった・・」「寒くて辛かった」という思いをしないように、防寒対策はバッチリしましょう。

[getpost id=”788″ title=”コチラの記事も参考になります!”]

ツアーの選び方

サーリセルカは街灯が少ない町なので、徒歩で少し町を離れればオーロラを見られることもありますが、やはり知らない土地で夜中に出歩いたりするのは危険も伴います。

そもそも「どの場所でオーロラが出現するか?」を把握するのは難しいですよね。そんな方のために、オーロラ鑑賞ツアーがあります。

ツアーを予約する場合、2種類方法があります。

  1. 当日に現地ツアーを予約する
  2. 事前にツアーを予約しておく

現地ツアーのメリット

現地の各ホテルにツアーデスクがあり、ほとんどの旅行会社で当日ツアーの申し込みが可能です。その日の天気を見ながら、オーロラ発生率をツアーデスクで教えてくれるので、確率が高そうな日にツアーに参加することが出来ます!

サーリセルカの町中を出発し、その日によってオーロラが鑑賞できそうなスポットにガイドが案内してくれます。途中でトイレ休憩があったり、温かいサーモンスープの食事休憩が付いていたり、オーロラが発生するまでの待ち時間は暖かいバス車内で待つことが出来たり、至れり尽くせりのツアーも。

日本人スタッフがいる会社も!
サンタズホテルトゥントゥリ内にある「ツムラーレコーポレーション」という会社は、冬の時期は日本人スタッフが常駐しているので、何かわからないことがあれば聞いてみましょう。

事前ツアー予約のメリット

英語が、不安な方や滞在日数が少ない方は事前に予約しておく方が便利です。日本語ガイド付きなら、意思疎通も出来ますし、安心感がありますね!

オーロラ鑑賞に最適な時期は、

  • 2月〜3月
  • 9月〜10月

と言われていますので、「ツアーに予約したのに見れなかったら残念」という方は、時期も参考にしてみてくださいね。

ツアーを選ぶならベルトラがオススメ!

日本のツアー予約サイト「ベルトラ」なら、簡単に事前予約が出来ます。

  • 日本語で簡単に予約
  • 体験談が参考に出来る
  • 日本語ガイド付き

など。当日は、予約完了のメールを持って、集合場所に向かうだけ。簡単、なおかつ事前予約しておけば安心ですね!

ベルトラ公式サイト

日程に余裕を持って確率をあげよう

一番、遭遇率をあげるのは、「滞在期間に余裕を持つこと

オーロラ発生率が高いサーリセルカですが、自然現象のため、もちろん100%見れる保証はありません。その為、できればサーリセルカでの滞在日数は長めに確保したいところです。

もちろん、一日だけ滞在して見れる方もいますが、5日間滞在して一回も見れない方もいます。確率論になってしまいますが、「オーロラをどうしても見たい!」という方は、サーリセルカでの滞在日数を多めに確保し、チャンスを増やしましょう。

まとめ

オーロラ鑑賞におすすめの町、「サーリセルカ」をご紹介しました。

私も実際に2泊し、1日目はホテル周辺でオーロラチャンスを待ちましたが見ることが出来ず、2日目にオーロラ鑑賞バスツアーに参加し、空一面に広がるオーロラを運よく見ることが出来ました。

見られるかどうかは運任せな部分もありますが、時期を選べば見られる確率も高まります!

ヘルシンキなどの洗練された都市とはまた違い、人々の温かさや壮大な自然、ラップランド地方に伝わる伝統文化などに触れることが出来る、魅力たっぷりの街「サーリセルカ

popen
フィンランドに来たら、サーリセルカでのオーロラ鑑賞にチャレンジしてみてくださいね!

ライター Popenのブログはこちら NZわくわくワーホリ日記

[getpost id=”788″ title=”北欧の持ち物記事”]

ABOUT ME
popen
popen
海外旅行が大好きなバックパッカー。ニュージーランドのワーホリ日記をブログで発信中。ライター紹介からブログに飛べます!「NZワーホリわくわく日記」