スポンサーリンク

ずっと楽しみにしていた海外旅行!

スーツケースに荷物を詰めて荷造りをしていると「本当に持ち物はこれで大丈夫かな?」と心配になることはありませんか?

今回はそんなあなたのために、海外旅行経験者から意見をもとに、「持っていって助かった」、「便利だった」という持ち物を33個厳選してお伝えします。

この記事を読めば、現地に行ってから「あれ持ってくれば良かった!」と後悔することも無くなります。メモを準備して、じっくりとご覧ください。

旅行先で必須な電化製品編

1. モバイルバッテリー

旅行中に使用する携帯電話、モバイルWi-fi、タブレットなどの充電に役立ちます。特に地図アプリなどを使用していると携帯電話の電池の消費量は激しく、すぐに電池切れしてしまいます。そんな時、焦らなくても良いように1台持っておくと重宝します。

2. 変圧器

スマートフォンやパソコンなどの電子機器であれば、基本的に海外の電圧に対応しているため、使用しなくても問題ありません。ただ、日本から持って行ったドライヤーなどは海外対応していない可能性があるため、お気に入りのものを持って行く場合はあると良いです。

3. 変換プラグ

海外に行くと日本とはプラグの形状が異なる場合は多いです。出国前に必ず行き先の国のプラグがどのタイプなのかは把握した上で、準備しておきましょう。ある程度のランクのホテルであれば、プラグを無料でレンタルしてくれる場所も多くあります。

4. Wi-fiルーター

今では旅になくてはならない必需品です。スマートフォンが普及した今、旅先でネットを使用することは当たり前になっています。Wi-fiルーターを1台借りて持っておけば、スマートフォン、パソコン、タブレットも全て同時に接続可能です。特に地図アプリでの道案内は旅先で重宝します。

スポンサーリンク

常に持っておくと便利な持ち物編

5. 長袖シャツ

特に暖かい国へ旅行する時に重宝します。外は暑くても、ショッピングモールやレストランの中ではエアコンが効いており、寒すぎるぐらいです。長袖のシャツを一枚持っておけば、寒い時にサッと羽織れて、折りたためるので持ち運びにも便利です。ちょっとオシャレなレストランに行く時にも、襟付きのシャツは1枚あると役立ちます。

6. ウェットティッシュ

旅行中は外で食事をすることが多いと思いますが、ウェットティッシュは必需品です。日本のレストラン等ではおしぼりを出してくれて当たり前でも、海外では出してくれなかったり、有料だったりします。

7. ポケットティッシュ

海外ではトイレにペーパーがついていないことが頻繁にあります。バッグの中にティッシュを忍ばせておけば、万が一の時にも焦る必要はありません。それ以外にも使い道はたくさんありますので、1つは必ず持っておきましょう。

8. 割り箸

国によっては習慣が違い、箸を使わない国も多く存在します。アジア圏に旅行する場合はあまり心配する必要はないかもしれませんが、アメリカやヨーロッパなどは食事場所に箸が用意されていないことも多くあります。100円均一などでも売ってますので、何膳か忍ばせておくといざという時に便利です。

9. プラスチックスプーン&フォーク

海外のスーパーで食べ物を買った時、日本のように箸やスプーンが準備されているわけではありません。そんな時にプラスチックタイプの使い捨てのスプーンやフォークを準備しておくと、いざ食べようとした時に焦らずにすみます。

10. 折りたたみ傘

意外に忘れがちなのが折りたたみ傘です。東南アジアなどの赤道付近の国へ旅する場合、スコールに降られることは日常茶飯事です。折りたたみ傘を準備しておけば、急な雨にも焦ることなく、落ち着いて対処できます。持ち運ぶ際にも大した荷物にはなりません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事