スポンサーリンク

社会福祉法人で事務をしている30代の女性です。3年前にシンガポールへ旅行に行ったときに持っていって良かったもの5つを紹介します。

いつでも飲めるペットボトルの水

1つ目は、ペットボトルの水です。シンガポールは熱帯地域なので湿度も高く夜も暑い国です。シンガポールでももちろん水を買うことはできますが、物価の高い国なのでペットボトルの水も高価です。

スーツケースに5本程入れて一日一本程度で飲んだら、現地で買わずにすみます。そのういたお金でお土産を買います。また、行きにスーツケースの中でとっていた場所は帰りのお土産を入れる場所になるため無駄になりません。

スポンサーリンク

海外料理に飽きた時のインスタントお味噌汁

2つ目は、インスタントのお味噌汁です。海外に行くと、海外料理に飽きてくることがあります。そんなときに食べたくなるのが日本のお味噌汁です。インスタントお味噌汁をスーツケースに入れて持っていき、食べたくなったら食べています。

ホテルではお湯を沸かすケトルがあるので、お風呂上がりにお味噌汁を飲むとほっとします。海外で食べるお味噌汁は日本食のありがたさを感じます。種類もたくさんあるので、毎回、何味を持っていこうか迷います。

海外で充電するのに必要不可欠な変圧器

3つめは、変換器です。海外のコンセントは日本のものと違います。海外旅行に行くと写真をたくさん撮るので、スマホやデジカメを使用することが多くなるため、スマホやデジカメのバッテリがすぐになくなり、充電をしたくても、変換器がないと充電できせん。

ホテルでレンタルできるところもありますが、1つ変換器を買っておくと、いろいろな国の変換器に対応するので持っておくと必ず役に立ちます。

差込口を増やすタコ足配線用のコンセント

4つ目は、タコ足配線用のコンセントです。先程の3つめと関係があるのですが、変換器1つに対して1つのコンセントしか対応しません。そうすると、一つ一つしか充電できず、友達のスマホやデジカメを充電できません。

そこで、タコ足配線用のコンセントを持っていくと、変換器にタコ足配線用のコンセントを刺すと1つのコンセントで4つの充電を可能にします。旅行にはタコ足配線用のコンセントはかかせません!

飛行機でもお部屋でも履ける携帯用スリッパ

5つめは、携帯用のスリッパです。長時間飛行機に乗っているの足がむくんできて足がぱんぱんになり、靴が苦しくなってきます。そこで、100均一の携帯用のスリッパを履くと飛行機の中でもリラックスすることができます。

携帯用のスリッパなので、折りたためることができるのでカバンの中でも場所をとることがありません。また100円なので、旅行の度に使い切りにしています。最近は、おしゃれなデザインがたくさんありますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?実際に現地に行ってから「あ!あれ忘れた!」なんてことはよくありますよね?そうならないようにする為にも、事前準備をしっかりして、快適な旅行を楽しんでくださいね。

 

<こちらの記事も読まれています>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事