スポンサーリンク

ボルネオ島は3つの国の領土があり、世界一多くの国がある島として有名です。

マレーシアと言えばクアラルンプールをイメージされる方も多いと思いますが、ボルネオ島のマレーシア領であるサバ州やサラワク州は美しい自然が多いことで有名です。

今回はボルネオ島、マレーシア領の厳選した観光スポット11選を紹介します。

ボルネオ島はクアラルンプールの東側に位置する島

ボルネオ島はマレーシアの首都、クアラルンプールの東に位置する島。

マレーシア、インドネシア、ブルネイの3つの国の領土があり、世界でもっとも多くの国の領土がある島として有名です。

大きさは日本の国土の約1.9倍で、グリーンランド島、ニューギニア島について、世界で3番目に大きな島です。

コタキナバルは日本からの直行便もある人気のリゾート地

ボルネオ島、マレーシア領の州都であるコタキナバルには、日本からの直行便が就航しています。

日本からは約6時間の飛行で気軽に行け、マリンスポーツ、ラフティング、キナバル登山、ラフレシアを見に行くツアーなど、海や山に囲まれた人気のリゾート地。

世界中から自然を愛する観光客が訪れます。

多民族国家ならではのバラエティにとんだ食べ物

コタキナバルのある州、サバ州ではカダザン族を始め、ジュウ、ムルット、マレーなど約30以上の民族がおり、多種多様な民族や文化が入り混じっています。

そのため、食べ物もバラエティ豊かです。

ナシゴレンやミーゴレン、豚肉を漢方の出汁で煮込んだ肉骨茶(バクテー)、魚の頭を丸ごと煮込んだフィッシュヘッドカレーなど、美味しい食べものがたくさんあります。

海が近いので、シーフードも新鮮で美味しいと評判。

ラグジュアリーなリゾートホテルが満載

ボルネオ島のコタキナバルは、自然溢れるリゾート地として有名。

世界の名だたるラグジュアリーなホテルも数多くあります。

価格は日本と比べるとかなり安く、5つ星ホテルでも、一泊一室1万円台で宿泊できてしまいます。

安く泊まれるバックパッカー御用達のホテルもたくさんありますが、せっかくなら少し奮発して、ハイグレードなホテルに泊まるのも良い思い出に。

カラフルななまこ石鹸はお土産として喜ばれる

お土産として喜ばれるのが「なまこ石鹸」。

その名の通り、海にいる「なまこ」を原料としており、火傷や皮膚の疾患に効くと言われ、昔から使われてきました。

なまこ石鹸はお肌の保湿に良い成分が含まれており、旅行好きの女性たちの間では有名です。

街中のお土産屋や空港でも気軽に買えるため、リピーターも多くいます。

1つ10リンギット(約280円)ほどで、カラフルな布を使用してオシャレにラッピングされており、お土産に最適。

スポンサーリンク

治安は良いが、油断は禁物!

治安は総じて「良い」と言えます。

クアラルンプールもですが、マレーシア全体が比較的安全です。

ただし、スリやひったくりには注意。

人気のない場所に行く、高価なもの身につける、大量の現金を持ち歩く、女性が夜遅くに1人で出歩くなどすれば、危険度は高まります。

どこの国に旅行をしようとも、最低限の注意をはらって行動しましょう。

 

次のページ→→
ボルネオ島のおすすめ観光地BEST 11

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事