アメリカ

【ハワイ旅行】基本情報と旅の準備に役立つ持ち物リストまとめ

ハワイといえば、誰もが1度は訪れたいと思う有名リゾート地。日本からも手軽に行ける観光地として常に上位をキープし続けています。

今回は、初めてのハワイ旅行の方にもわかりやすいように、「基本情報」「持ち物チェックリスト」をご紹介!

ハワイ旅行の準備にお役立てください!

ハワイの基本情報

直行便で6〜7時間半
3泊5日〜
−19時間
4〜10月が特におすすめ
・英語・ハワイ語・日本語
90日以内の滞在は不要(※ESTA)
・バス・タクシー・レンタカー
1USD=109円(2018年5月現在)
水洗。紙は流せます。
基本的には飲んでも問題なし
110V/120V 日本と若干異なる
ESTA(エスタ)とは?
アメリカに旅行する際に必ず必要となる「電子渡航認証システム」。テロ防止のために導入されたシステムのこと。対象者:90日以内の旅行か商用を目的に渡航する人。ESTAの代行サービスもありますが、値段が高いので公式からの申し込みがおすすめ。

旅の予算、物価は?

予算は、滞在日数+2〜3万円

  • 食事代 大体1食が約1500円〜
  • 交通費 約3000円〜(バスやタクシーの場合)
  • お土産代 無限

物価は、日本と同じか高め。特に食料品や外食は高いと感じます。島国ということで、輸送費のコストがかかること、観光地ということが主な理由です。

[aside type=”normal”]※チップ制度があるので$1などの小額紙幣を持っておきましょう[/aside]

fa-chevron-circle-right大体の目安

タクシーの初乗り $2.25〜(250円〜)
バス 一律 $2.50(280円〜)
マクドナルド セット$6〜(700円〜)
ミネラルウォーター $1〜(110円〜)
缶ビール $3(330円〜)
↓場所の入力だけで、タクシー料金の目安が算出できるサイト↓

ワイキキの中心部では、クレジットカードが普及しています。デビットカードも使えるので安心!多くのショップやレストランで使用が可能です。

ハワイの天気は?平均気温と降水量

四季はありません。

  • 乾季(5月〜10月)
  • 雨季(11月〜4月)に分かれています。

雨季でも1日中、雨が降ることはありません。スコールが降ります。雨のあとは、風が吹き涼しく感じるでしょう。

年間の平均気温は、25〜30度前後です。
雨は、短時間で上がりキレイな虹が見えることも。年間を通して温暖なので、季節を問わず魅力たっぷりのハワイを楽しむことができます。

ハワイでの主な移動手段

主な移動手段は、「バス・タクシー・レンタカー」の3つ!

そのうち、オアフ島内であればバス移動が大変便利です。公共交通機関の「The Bus」は80もの路線がありオアフ島内ほとんど行くことが可能。

料金も距離に関係なく大人は1回2.50ドル
1dayパスなどを利用すれば楽々移動できますよ〜。

また、旅行会社のツアーを利用した場合はほとんどがトロリーバス券がついていますよね。提示するだけで利用できるのでとっても便利!

[aside type=”normal”]旅行会社によって乗れるトロリーバスが異なるので注意が必要です。[/aside]

ハワイの治安は?


治安は、それほど悪くありません。
ハワイは日本人も多く、日本語を理解してくれる人も多いのでつい忘れがちですがあくまで「外国」

気をつけなければならないのが軽犯罪です

  • 女性が一人で夜に出歩く
  • 大金を持ち歩く
  • スリやひったくり
  • 置き引き(貴重品は目を離さない)
  • タクシーのぼったくり
  • 詐欺

観光客を狙った犯罪はどこでも発生します。旅先での気のゆるみにつけ込まれないように、慎重に行動することも必要。せっかくの旅行、楽しい思い出にしたいですものね!

ちなみにこれは、実際に私が経験したエピソードです。
実際にあった話
数年前に、女子3人でハワイに行った時の話です。結論を申し上げると、友達が盗難にあいました。レンタルサイクルをして、道沿いを走っていた時、男性が近づいてきてカゴに入っていたバックを奪って逃走。自転車で追いかけても追いつけない足の速さ・・。パスポート・携帯・カメラ・お金・・・。何もかもがなくなってしまい、その後の手続きも本当に大変でした。

自転車のハンドルにバックの取っ手をかけておくなど対策が必要だったと痛感しましたね!他にも、車上荒らしにあったという話も聞いたことがあるので盗難には十分に注意してくださいね!

気をつけたいマナーとタブーとは?

喫煙者のマナー

ハワイでは、飲食店・交通機関・公共の施設はほとんどが禁煙。違反した場合、罰金刑もあるので注意が必要です。

電子タバコも禁止されています。

喫煙者はあらかじめ禁煙エリアを探しておきましょう!
禁止されている場所
・レストラン・ホテル・ショップ・バー
※喫煙スペースを除き、全面禁煙
・公共交通機関
(バス・タクシー・飛行機)
・公共施設
(州や国の建造物) 

 飲酒に関するルール

禁煙と同様に飲酒にも、細かなルールがあります。公共の場所では、飲酒は禁止されています。

また、アルコールを購入する際は身分証の提示が必要です。

ハワイ州でお酒が飲めるのは、21歳から!
禁止されている場所
・ビーチ・公園・路上
・公共交通機関(バスなど)
・公共施設
・歩きながらの飲酒も禁止
また、アルコール類の販売は「午前6時から深夜0時まで」と決まりがあります。買いに行くときは、早めに行きましょう!身分証もお忘れなく!

子供と離れて行動しない

子供を連れてハワイに行くという方!気をつけてください。12才以下の子供を1人で行動させたり、放置するのは違法です。

ハワイでは、子供の人権が厳格に守られています!
例えば・・
  • 1人でトイレに行かせる
  • 子供を1人で遊ばせておいて親がその場から離れる
  • 寝ているからと車にそのまま寝かせておく
  • 言うことを聞かないからと、子供の頭をバシッと叩く(児童虐待)

上記のような行動は、法律違反となりますのでご注意ください。

 歩きスマホ禁止

2017年10月に施行された新しい法律です。

違反した場合、罰金が課せられます。
初めての場合は、 15〜35ドル。2回目以降は、75〜99ドル大幅にアップするのでご注意を。

電話はOKですが、メールや画面を見ながらの操作は禁止です

 Jウォーク禁止

これは、聞いたことがある人も多いかも知れませんね。ハワイを旅行する時に、必ずと言っていいほど話題に上がる法律です。

Jウォークとは「横断歩道を使わずに道路を横断すること」を指し、ハワイではそれを禁止しています。

違反をすると、1人130ドルもの罰金が課せられます!
これは、日本人ならついついやってしまうかも!1番気をつけた方がいい法律ですね。

 ウミガメに近づかない、触らない

ウミガメを触ったり、追いかけ回すことは禁止されています。産卵場所の柵に侵入したり、エサをやるのも禁止!

ハワイでは、ホヌ(Honu)と呼ばれ、特別保護動物に指定されとても大切にされています。

違反すると$500の高額な罰金が請求も。

これで完璧!ハワイのチップ制度

そう!!忘れてはいけないのがチップ制度

全てのレストランでは基本的にチップを払う必要があります。相場は会計金額の15%〜25%と言われています。お店に入り、席について接客を受けたら支払うイメージです。

fa-caret-square-o-right大体の目安は?

fa-angle-double-rightレストラン 15%〜20%
ビュッフェ 10%〜15%
カフェ   〃
デリバリー   〃
カウンターバー 1杯につき1ドル
チップが要らない飲食店
・ショッピングモールなどにあるフードコート
・ファーストフード

お会計の時に、すでにチップが含まれている場合もあるので、レシートの内容はきちんと確認しましょう。チップ制度に慣れないお客が多い観光エリアのレストランは、チップが含まれているケースが多いようです。

持ち物チェックリスト

必要なリストを6つに分類しています。

1. 旅の基本の必需品
2. 衣類や機内の便利グッズ
3. 洗面用品、コスメ
4. スマホなどの電子機器
5. 観光に必要なアイテム
6. バッグ・収納

1. 旅の基本の必需品

パスポートは、旅の必須アイテム。

有効期限もしっかりとチェックしましょう!クレジットカードは、2枚程度持っておくと便利です。

海外旅行で持って行くべきクレジットカード
・VISAかマスタカードなら大体のお店で使える
・海外旅行の傷害保険が自動付帯のカード
・マイルが貯まるカード
・海外のATMで引き出しが出来るカード

航空券は、必ず往復分を準備しコピーを取っておくと安心です。お金は事前に準備してもOKですが、現地で両替する方がレートが良い場合も。

必須アイテム

fa-square-oパスポート fa-square-o現地通貨の現金
fa-square-o航空券のeチケット控え fa-square-o旅の日程表
fa-square-oクレジットカード fa-square-o海外旅行保険の書類

要検討

fa-square-oパスポート写真(2枚) fa-square-oパスポートのコピー fa-square-o国際免許証

パスポートの盗難に備え、写真は2枚準備しておくとGOOD。出かける際は、コピーを持ち歩くと紛失の心配もなく、万が一の時にも安心です。

レンタカーを運転する場合は、国際免許証が必須です。事前に準備を!

 

2. 衣類や機内の便利グッズ

機内で過ごす時間は意外と長いもの。

過ごしやすい服や、アイテムがあると快適ですね。目的地に着いてからも、出かける場所に応じて服装を変えられるように持って行くといいでしょう。

衣類

fa-square-oラクな服 fa-square-o靴やサンダル fa-square-oナイトウェア
fa-square-oワンピース fa-square-o水着 fa-square-o衣類の圧縮袋
fa-square-o下着や靴下 fa-square-oストール fa-square-oカーディガン

機内の便利グッズ

fa-square-oネックピロー fa-square-oアイマスク fa-square-o耳栓
fa-square-o携帯スリッパ fa-square-oマスク

個人的には、必ずキンドルを持っていきます!格安航空を利用する時は、座席モニターがなくて正直ヒマです。そんな時の必須アイテムですね。

機内だけでなく、海外はショッピングモールやレストランの冷房もキツイです。羽織るものは必ず持って行くことをオススメします。

[getpost id=”6085″ title=”長時間のフライトには、むくみ対策も大切!”]

3. 洗面用品、コスメ

もちろん、現地で揃います。

が、特にコスメや肌に直接つけるものを海外で買うのは心配・・。という方は、使い慣れたものを持って行くと心配がありません。

持ち運びがしやすいように小さな容器に詰め替えて持っていきましょう。

洗面用品

fa-square-oコンタクト用品 fa-square-oヘアケア用品 fa-square-o歯ブラシ
fa-square-oカミソリ fa-square-oボディーソープ fa-square-o爪切り
fa-square-o化粧品 fa-square-o綿棒・コットン fa-square-o生理用品

 

4. スマホなどの電子機器

ハワイは、日本とコンセントの形状が同じなので変換プラグは不必要電圧は、110〜120Vです。少し強めなので海外非対応の電化製品を持って行く場合は、※変圧器があったほうが良いです。

リストをしっかりとチェックして準備をしましょう!

※使用したい製品が110Vのみ対応なら必要、110V〜の場合はなくても問題なし

電子機器類

fa-square-oスマートフォン・タブレット fa-square-oレンタルWi-Fiのルーター
fa-square-oモバイルバッテリー fa-square-oカメラ一式
fa-square-o変換プラグ 不要 fa-square-o変圧器 ※必要に応じて
fa-square-o各種:充電器 fa-square-o海外対応ドライヤー

[getpost id=”1391″]

5. 観光に必要なアイテム

いよいよ観光スタートという時に、使える!あると便利!なアイテムをまとめました。一緒に行った友達が、恋人が困っている時さっと取り出せたらスマートですね!

観光に必要なアイテム

fa-square-oガイドブック fa-square-oカメラ fa-square-o常備薬
fa-square-oウェットティッシュ fa-square-oサブバック fa-square-o折りたたみ傘
fa-square-o虫除けスプレー fa-square-o帽子 fa-square-oサングラス
fa-square-o薄手の上着 fa-square-oノート・ペンfa-automobile fa-square-o日焼け止めfa-subway
情報量が多く、個人旅行ならこの1冊があれば間違いなし!旅行上級者も愛読。ガイドブックは、地球の歩き方シリーズがオススメですよ!

6. バッグ・収納

滞在期間や荷物の量によってサイズ感も人それぞれ。旅の負担も大きく変わるので早めに準備しておきましょう。

3泊5日なら中〜大型のケースが便利!

バック・収納

fa-square-oスーツケース fa-square-oサブバック fa-square-oビニール袋
fa-square-o衣類圧縮袋 fa-square-oジップロック fa-square-oラゲッジタグ

ラゲッジタグの重要性

海外旅行でロストバゲージに
合わないように準備しましょう!

 

ブランドのスーツケースだと、色やデザインが被ってしまうことありますよね。間違いを防ぐためにも、印をつけておくのは効果的です。

自分の荷物がターンテーブル上でも見つけやすいというメリットもあります。

【出国時に記載しておくこと】
・名前
・メールアドレス
・行きに利用する経路と便名や日付
・滞在先のホテル名の住所・電話番号
【帰国時に記載しておくこと】
・名前
・メールアドレス
・日本での電話番号
・帰りに利用する経路と便名や日付

まとめ

いかがでしたでしょうか?旅の予定が決まったら、しっかりと事前に準備をして快適な旅を満喫してくださいね!

ハワイ・ホノルルの人気&おすすめホテル☆

↓↓ハワイのツアーを探すならココがおすすめ↓↓
ABOUT ME
ひとさん
ひとさん
海外移住をきっかけに旦那さんとブログをスタート!海外旅行・食べること・写真を撮ることが趣味です。現在は、夫婦でパソコン1つで東南アジアを旅してます!将来は、フレンチブルを飼って海沿いを散歩するのが夢。