スポンサーリンク

 

"エジプト旅行の持ち物"と言っても、東南アジアやハワイなどのビーチと違って、情報も少なく、想像がつきにくいですよね。

 

「いったい、何が必要なの?」
「あると便利なものは何?」

 

という方に、エジプト旅行経験者の情報を元に、【夏・冬】それぞれの季節に便利だった旅の持ち物をご紹介!

エジプトの気候について

 

 

  • 1月〜3月(乾期)
    3〜5月頃までハムシーンと呼ばれる砂嵐の季節が訪れる
  • 4月〜6月(夏期)
    最高気温が40度を超える日もある、暑い時期となる
  • 7月〜9月(雨期)
    最高気温が30度を超える暑い時期。ベストシーズン。
  • 10月〜12月(乾期)
    日中の寒暖差が激しい季節。スコールが降ることも・・

 

一般的にベストシーズンは、9月〜11月頃。一番暑い時期より、気温も落ち着き過ごしやすいのが特徴。

 

スポンサーリンク

夏のエジプト旅行に便利な持ち物

1. 日差しは強い!日よけ対策

日中は、42度前後になるほど気温が高いです。日本人が、普通では経験しないような暑さが日常なエジプト。そんな時に必須なのが、「帽子・サングラス・日焼け止め

 

日差しが強いわりには、日本と違って湿度が低いのであまり暑く感じなかったりしますが、ピラミッドや神殿などの遺跡巡りは屋外な場合が多いです。

 

ちょっとバスから降りるだけだからと油断していると気づいたら真っ赤に!日焼けは大敵なのでしっかり準備していきましょう。

 

2. 熱中症対策に粉末飲料

ツアーなどで、砂漠や遺跡を巡る際は、熱中症対策に持っていくと安心!水に溶けるタイプならかさばらず、持ち運びしやすいので数個をバッグに忍ばせておきましょう。

 

3. 効率的に熱を吸収、冷えピタ

火照った体を冷やすのにぴったりなのが「冷えピタ」です。粉末飲料を飲んで、体の中から熱中症対策をするのはもちろん、外からも効果的に熱を吸収して暑いエジプト旅行を乗り切りましょう!

 

海外では、手に入りづらいので日本から持って行くのがおすすめ♪

 

他にも、冷感素材のタオルや塩分を補給するタブレットなど、持って行くと安心かもしれません。

 

4. 肌にも優しい、蚊のスプレー

年中、蚊のいるエジプト。特に、暑く肌の露出が増える夏の季節は刺されやすくなるので、スプレータイプのアイテムがあると役に立ちますよ♪

最近では肌に優しいタイプも販売されているので、敏感肌の方でも安心して使えます。

 

冬のエジプト旅行に便利な持ち物

1. 寒さをしのぐ防寒具

砂漠は昼と夜の寒暖差が激しく、日が落ちると一気に肌寒くなります。また、3月〜5月は"ハムシーン"と呼ばれる砂嵐の季節もやってきます。

 

薄手のカーディガンや長袖の服を持参しましょう。UVカットのカーディガンなら、日よけとしても使えるのでさらっと羽織っておけば問題なし!

 

2. 意外と便利!ホッカイロ

意外に思われるかもしれませんが、「ホッカイロ」はあると便利なアイテム。砂漠のあるエジプトは、朝晩の気温差が激しく雨が降ったりするとさらに肌寒く感じます。

防寒具とセットでホッカイロを持参しておくと、急な寒さにも対応できます。

 

3. スコール時に役立つ、折りたたみ傘

エジプトは、日本に比べ降水量が少なく雨はほとんど降りませんが、12月〜1月にかけて年間で一番降水量が多い季節に入ります。

コンパクトな折りたたみ傘を持ち歩いておけば、足止めされることなく観光が続けられるので持っておきましょう!

 

冬でも夏でもあると便利なアイテム

1. 必需品!ウェットティッシュ

 

 

エジプトの観光地にあるトイレは、日本と事情が大きく違います。

ティッシュがなく、代わりに長いホースがついたシャワーが設置されていたり、やたら勢いのいいウォシュレットがついていたり・・。

 

ひどいときは、四角い陶器のお皿の中に、水が入っておいてあるだけの時も。エジプトは、9割がイスラム教なので、現地の人は左手でお尻を洗う習慣があります。

レストランでは、おしぼりもないのでウェットティッシュは必須のアイテム!

 

2. 万が一の時のための常備薬

3つ目の持ち物は風邪薬です。

暑いから風邪なんてひかないだろうと思って薄着でいると、上記でも話したように、昼と夜の寒暖差がはげしく、一気に体が冷えてしまいます。

 

また、エジプトは日本とは違い、とても乾燥した地域なので、喉が乾燥しがちで、ウイルスがすぐ侵入してしまいます。せっかくの楽しい旅行が寝込んで終わるなんて残念すぎます。

 

3. 長いフライトに必須!着圧ソックス

エジプトは、現在直行便がありません。

中東諸国で乗り継ぎをして、カイロに向かうのが一般的な行き方。乗り継ぎも含めると、往路が18時間〜・復路が15時間〜と長時間のフライトとなります。

 

長時間のフライトで、心配なのが「エコノミー症候群」ですよね。

エコノミー症候群を防止するのに役立つのが「着圧ソックス」女性が使うイメージがあるかもしれませんが、男女兼用のものも売られていますよ。

 

着圧ソックス以外でも、フライト中のむくみを軽減させるグッズがあるので、活用しながら快適なフライトにしてくださいね!

 

 

4. やっぱり美味しい日本食

 

 

あると心の拠り所になるのが「日本食

海外の味が好みでない方や、長期で滞在する方はどこの国に行くにも必須アイテムかと思いますが、恋しくなった時に簡単に作れるアイテムがあると助かります。

フリーズドライの商品
・カップ麺
・日本のお菓子

など、かさばらず軽いものを持って行くのがオススメです!

まとめ

砂嵐もある埃っぽい季節、照りつける熱い日差しの季節など、様々な表情を見せてくれる太陽の国エジプト。しっかりと準備をして充実した旅行にしてくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事