スポンサーリンク

マレーシアは、大小ざまざまな島で成り立ち、
その魅力は周辺の離島にあると言ってもいいほど、美しい自然に囲まれた離島が数多く存在します。

また日本人には馴染みが少なく、
よく知られた大型のビーチスポットに比べると日本人も少ないので、優雅な時間が過ごせるのも特徴です。


VELTRA

ランカウイ島とは?

ランカウイ島
その中でも、クアラルンプールから飛行機で1時間程度でいける「ランカウイ島」は2017年に島全体が東南アジア初のジオパーク(地質遺産)に指定された、今なお広大な大自然が残る島です。また、島内には「マスリの伝説」や「アイル・ハンガッの泉伝説」など数々の言い伝えが残る島でもあります。
島自体がリゾート地として注目され始めたのは、わずか25年ほど前のことですが、近年では開発が進み大型のリゾートホテルやショッピングモールが登場。美しい海に囲まれた、日本人にまだ知られていない、「穴場のリゾート」として注目を集めています!

島全体が、免税になっているのでショッピングにも最適!
 マレーシアは、2018年6月1日から政権交代による公約の1つとして消費税のGST6%が廃止されています。

ランカウイ島に行くには?

日本からの直行便はないので、クアラルンプールかシンガポールから行くことになります。

マレーシアは、エアアジアの本拠地で値段がかなり安いので、エアアジアの利用がオススメですよ!片道RM80〜(約2200円)

AirAsia

AirAsia
開発元:AirAsia Berhad
無料
posted withアプリーチ

 

島内の移動手段

島内は、かなり広いので移動はタクシーが楽チンで最適。流しのタクシーはぼったくりに合う可能性があるので、「GRAB(グラブ)」の利用が必須!

レンタカーを借りる場合は、国際運転免許証が必須。ホテルや空港、レンタカーショップで申し込むことが出来ます。

スポンサーリンク

ランカウイ島の観光地BEST15

今回は、ランカウイ島に来たらぜひ訪れてほしいスポットをまとめてご紹介します!

通貨のレートは、1RM=約30円(2018年6月現在)

1. ランカウイ・ケーブルカー

画像は、クリックで拡大されます

高所恐怖症の方は、読み飛ばしてもらって構いません。なぜならこのケーブルカー、かなりの高さまで進み、海抜700mまで上がります。(所要時間20分程)。スカイブリッジ(空中の橋)と呼ばれるように、風が吹くと揺れるし、天気の悪い日は運休となることも。

山頂にある展望台では、登った人にしか見られない、360度の絶景パノラマが広がります。

詳細情報
住所:Jalan Telaga Tujuh, 07000 Langkawi, Kedah
アクセス : 空港からタクシーで約20分
※乗り場は、テーマパークオリエンタルヴィレッジの園内
入場料 : 大人RM45・子供RM32
営業時間 : 9:30〜19:00
定休日 : ナシ(天候によっては運休)
公式サイト

2. アンダーウォーター・ワールド

photo by fox2mike

敷地はそこまで大きくはありませんが、ペンギンや熱帯魚など大人も子供も楽しめるのが水族館。南国らしいカラフルな熱帯魚から、大型の魚類まで4000種類以上の海の生き物たちを見ることが出来ます。

詳細情報
住所:Jalan Pantai Chenang, 07000 Langkawi, Kedah
アクセス : 空港からタクシーで約20分
入場料 : 大人RM43・子供RM33
営業時間 : 10:00〜18:00 (祝日 9:30〜18:30)
定休日 : ナシ

3. クロコダイル ファーム

世界最大級のワニ園といえば、タイが有名ですがランカウイにあるワニ園も飼育数1000頭を超える大型のファームです。ショーや餌付け体験は、ぜひ見ておきたいポイント。ワニ製品も販売しているので、お土産にもおすすめ。もちろん、保障付きなので持ち帰ることが出来ますよ。

4. ランカウイ・ワイルドライフ・パーク

photo by raymondtan85

クアラルンプールにも、バードパークという南国のカラフルな鳥がほぼ放し飼いの状態で飼育されている場所がありますが、ランカウイの方が入場料が安いので行って見たい方にはオススメ。餌付けが出来る場所もあるので鳥好きの方には外せないスポットですね!

詳細情報
住所:Lot 1485, Kampung Belanga Pecah, Jalan Ayer Hangat,
07000 Langkawi, Kedah
アクセス : 空港からタクシーで約35分
入場料 : 大人RM39・子供RM22
営業時間 : 8:30〜19:00
定休日 : ナシ

5. タンジュン・ルー ビーチ

photo by George Grinsted

とにかく、大自然を独り占めしたい。のんびり過ごしたいという方は、足を伸ばして「ランカウイ島NO.1」と言われる美しいビーチ「タンジュン・ルー」へ行ってみてください。せっかくなら5つ星のタンジュン・ルー・リゾートに宿泊してサンセットを見るのも素敵なプランですね。

Photo by George Grinsted

詳細情報
住所:Jalan Tanjung Rhu, Tanjung Rhu, 07000 Langkawi, Kedah
アクセス : 空港からタクシーで1時間以上

6. パンタイ チェナン


ランカウイを代表するビーチで、空港からのアクセスがいいのも特徴。島随一の賑やかなスポットで、レストランやお土産ショップなども並んでいるので夜遅くまで楽しめます。

詳細情報
住所:Jalan Pantai Chenang, 07000 Langkawi, Kedah
アクセス : 空港からタクシーで20分以内
営業時間 : 周辺のレストランは夜22時ごろまで

7. ダタイ・ベイ

Photo by Rob Deutscher

島の北西部にあるビーチで、高級ホテルがあるランカウイ島でも屈指のリゾート地。熱帯雨林の中にある隠れ家的なリゾート「ザ・ダタイ」や美しい海に面する高級ホテル「ジ・アマダン」は、訪れる人にとっては一度は泊まりたい憧れのホテル。
マレーシア・ランカウイ島の人気&おすすめホテル☆

詳細情報
住所:Datai Bay, Langkawi, Kedah, 07000 Langkawi, Kedah
アクセス : 空港からタクシーで約50分

8. パヤ島海洋国立公園

photo by Tessa Houghton

ダイビングやシュノーケリングを楽しむなら、美しいサンゴが残る「パヤ島海洋公園」へ行きましょう!透明度が高く、美しいパヤ島の海ではカラフルな魚やサンゴを間近で観察することが出来ますよ。基本的には、ツアーに申し込んで行くのがオススメです。

VELTRA

詳細情報
アクセス : ランカウイ島から高速艇で1時間

9. テラガ・トュジュー(七段の滝)

photo by Huo Long

ランカウイ島の有名な滝で、森に囲まれた場所。全体で標高差が480mあり、滝は7段に分かれています。空気が澄んでいて涼しく、滝は迫力満点。大自然を満喫できるおすすめスポットです。

詳細情報
住所:Telaga Tujuh, Gunung Mat Cincang, Kedah, 07000
アクセス : 空港からタクシーで30分

10. オリエンタル・ヴィレッジ

photo by Jack

ランカウイ・ケーブルカー乗り場の入り口にもなっているココは、親日家でルックイースト政策を提言した事でも知られるマハティール元首相の提案で建てられたテーマパーク。レストランやマッサージ、ホテル、お土産屋とココにこればなんでも揃います。

詳細情報
住所:Burau Bay Padang Matsirat, 07000 Pantai Kok, Kedah
アクセス : 空港からタクシーで約20分
※ランカウイ・ケーブルカーの乗り場
入場料 : 無料 営業時間 : 10:00〜19:00(テナント)
定休日 : ナシ

マレーシア・ランカウイ島の人気&おすすめホテル☆

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事