スポンサーリンク

マレーシアのランカウイ島には、
国内最大のワニ園があります。

飼育数は、驚きの1000頭!園内は、ワニを観察できるだけでなく、見ているこっちがハラハラしてしまうビッグなショーも開催しています。

今回は、実際に行って来たのでレビューします。

ランカウイ クロコダイル・ファーム

ランカウイ クロコダイル・ファーム
(Taman Buaya Lnagkawi)

詳細情報
開園時間 : 9:00〜18:00
休園日 : なし
料金 : 下の画像を参照してください
アクセス : 空港からタクシーで30分
オススメ度 : ★★★★☆
画像は、クリックで拡大されます

 


ツアーガイドをつけるかどうかで値段が変わって来ます。
料金を支払うとチケットの代わりに、シールがもらえます。

ランカウイ島は、広いので基本タクシーレンタカーでの移動となります。空港に着くと、タクシーの勧誘が結構ありますが、どうしても値段が高くなってしまうので自分で移動手段を確保するのがオススメ。

東南アジア(特にマレーシア)を旅行するなら【Grab(グラブ)】を利用するのがベスト!
スポンサーリンク

お土産店やフードコートも充実

実際にチケットカウンターに入るまでに、お土産ショップやクロコダイルのバッグなどを販売するショップを見ることができます。

クロコダイルの皮を使った製品は、
実際に購入するより大分、安く購入できると思います!

小腹が空いてしまっても大丈夫!

園内に入る前には、フードコートもあります。ナシゴレン・ナシレマやハンバーグなどバリエーションも豊か。スイーツや飲み物も観光地価格とは思えないほど安かったです。

園内の雰囲気

日曜日の午前中に訪れましたが、かなり空いていました。のんびり歩きながらワニを観察したり、自然を楽しんだり。ワニも、小さな可愛らしいワニからびっくりするほど大きな種類も。

日陰が少ないので、帽子やサングラス、日焼け止めの対策はお忘れなく!南国の日差しは、1時間外にいるだけでも簡単に日焼けするほど強いです。

入り口からすぐのゾーンは、檻が設置してあり1匹でのんびり日向ぼっこするワニや、折り重なって日に当たる小さなワニ達を見ることが出来ました。


奥に進むと、大きな池にこれでもか!とワニが。
軽く数えて20匹以上。

口を開けていたり、他のワニとケンカしていたり。「へー。ワニの歯ってこんな感じなんだ」とか「このワニは、お年寄り?歯がない」とか。

ついつい観察したくなるほど、間近で見ることができますよ!

ワニのショーは見逃せません

ここに来たなら、ワニのショーは見逃せないポイント。一番ワニを間近で見ることができます!

【ワニショーのスケジュール】

園内を歩いていると、曲が流れてくるので「おっ!?何か始まるな?」という感じ。園内の真ん中あたりでショーをやっているようです。

池があるスペースに行くと、飼育員さん達が小さめのワニを池から出して口を縄で縛って池の中でマッサージ。最後には、持ち上げて写真タイム。


続いて、一番大きなワニを池からだす飼育員のお兄さん。


間近で見ると大きい!
2m以上はあるだろう、この大きなワニと飼育員のショーが一番の見せ場!

目を合わせて、キッス
写真じゃ伝わらない迫力があります!実際に見ていると、飼育員さんの緊張感あふれる表情や仕草が、ヒシヒシと伝わって来ますしね!


ショーのフィナーレはこれ!
腕を口の中に入れちゃうという荒技。

観客とステージの距離が近いので、ドキドキしながら見てました。すごい迫力だったー!ちなみに、この日のこの回の観客は、私たちを入れて2組。総勢5人でした。

行った日がとても空いている日だったようです。たぶん・・。


ショーが終わった後の数分間、固まってた。

ちなみに、えさやりも見たんですけど早々にワイヤーが壊れてショーは終了しました。ワニの力って恐ろしいですね。

VELTRA

最後に・・

大人だけで行っても楽しめたので、家族づれならもっと楽しめる場所だと思いました!特に、ショーは日本では見ることのできない貴重な体験になると思います。

ぜひ、ランカウイに来たら足を伸ばして訪れてみてくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事