ビーチ

「天国に一番近い島」ニューカレドニアに行ったら買いたいお土産4選

どんなお土産があるの?

天国に一番近い島」として知られる、
南太平洋に浮かぶ楽園ニューカレドニア。

南太平洋有数のリゾート地として、世界中から多くの観光客が訪れている国です。日本でも、最近はハネムーン先としても定着しつつありますね。

ニューカレドニアは「南太平洋のプチパリ」と称されるように、首都ヌメアを中心におしゃれなショップが立ち並んでいます。

どんなお土産が買える?
フランス直輸入のセレクトショップや、ニューカレドニアに自生する植物を使ったアイテムなど、日本ではなかなか手に入らないアイテムがたくさんあります。ニューカレドニアならではの自然の恵みをたっぷり使った、コスメ調味料など、贅沢で貴重なアイテムをぜひゲットしましょう。

お土産はどこで買ったらいい?

ニューカレドニアでお土産を買うなら、まずおすすめは「首都ヌメア」ココティエ広場を中心に、ブティックやお土産店・スーパーマーケット・免税店など何でも揃います。

また、毎朝(月曜除く)ヌメア市内で行われているマルシェ(朝市)もおすすめ。食料品が中心ですが、洋服やアクセサリーを売っていることもあるので、ローカルらしいお土産が手に入ります。

【ミラージュプラザ】

他には、シトロン湾沿いにある
ミラージュ・プラザ」もおすすめです。

こちらはリゾートホテルが立ち並ぶアンスバタビーチから歩いて30分ほどの場所にあるので、贅沢に海沿いをお散歩しながらのショッピングが出来ます。お土産店の他、レストランやバーもある小さなショッピングセンターです。

もし滞在中に「お土産を買う時間が無かった!」

もしくは買いそびれたものがある場合は、空港にもお土産店はあるのでご心配なく。もちろん空港のため町中で買うよりは少々割高になってしまいますが、比較的大きい規模のお土産屋さんがあるので一通り揃っていますよ。

 

ニューカレドニアに行ったら買いたいお土産4選

それでは、ニューカレドニアに行ったらぜひ手に入れて欲しい「おすすめのお土産」をご紹介します。

[getpost id=”3606″]

1. 有名店の手作りチョコレート

ニューカレドニアの有名チョコレート店といえば、
Tonton Jules(トントンジュール)

こちらのチョコレート店はヌメア市街地と、シトロン湾そばのミラージュ・プラザにそれぞれ店舗があります。私はヌメアの方の店舗に行きましたが、店内に一歩入ると所狭しと並べられたチョコレートに圧巻されました!

引用:Trip Advisor

ショーケースには色々な種類のチョコレートが並び、量り売りですので一粒から買うことが出来ます。コーヒーや、フルーツが入ったものなどユニークな種類も豊富。

気になったチョコレートは試食もできるので、ぜひあなたのお気に入りを見つけてくださいね。また、可愛くラッピングされたチョコレートもあるので、家族や友人へのお土産にもピッタリ。

シンプルな板チョコからカラフルなチョコレートの詰め合わせまで、様々なシーンにぴったりのお土産が探せます。

引用:Trip Advisor

そしてチョコレート以外にも、
Tonton Julesに来たら外せないのが、紅茶

実はこのお店、フランスの有名紅茶ブランド、「KUSUMI Tea」(クスミティー)のニューカレドニア唯一の正規販売店なんです。

缶のデザインがとっても可愛く、フレーバーも豊富でお土産にあげたら喜ばれること間違いなし。日本にも2017年に上陸したKUSUMI Teaですが、ニューカレドニアでは種類豊富に揃うので、ぜひチェックしてみてください。

2. 自然の恵みたっぷりの自然派コスメ

今もなお手つかずの美しい自然が残る、ニューカレドニア。現地では、そんな自然由来の成分をたっぷり使った贅沢なコスメも人気。

私のおすすめは、「パシフィコ・ナチュール」というブランドのコスメ。ヌメアに直営店がある他、他のお土産店でも手に入れることが出来ます。

引用:ウィキペディア

石鹸やハンドクリーム・ボディオイルなどが人気で、中でも一番人気は「ニアウリ」という植物を使ったシリーズ。

ニアウリとは、ニューカレドニアに自生する木で、殺菌・消毒効果があり、ニアウリの成分入りのボディオイルやエッセンシャルオイルなどがラインナップしています。

日本ではなかなか手に入らないので、ニューカレドニアに行ったらぜひゲットしたいアイテムです。

3. セレクトショップでお洋服をゲット

ヌメア市内にはおしゃれなセレクトショップやブティックが数多くありますが、その中でもおすすめのショップが、「Arenco」(アレンコ)。ココティエ広場のすぐ近くにあり、女性のオーナーが一人で営業している小さなセレクトショップです。

店内にはオーナーのセンスが光るアイテムばかりで、新品からヴィンテージまで、所狭しと並べられています。オーナー自らパリで買い付けているアイテムたちは、エスニックの要素やパリの洗練されたシンプルな要素も混ざり、可愛くてちょっと個性的なものばかり。

オーナーも気さくなので気軽に試着することもできます。洋服以外にも靴やアクセサリーもハイセンスなものばかりで、私はピンクの小さなバッグをゲットしました。

[getpost id=”3791″]

4. 調味料を買って、現地の味をお持ち帰り

私はいつも海外へ行くと、
現地のスーパーで調味料コーナーを物色するのが大好きです。気軽に買えて、現地の味を日本でも再現できるので、調味料系は本当におすすめのアイテム

料理好きの人にあげても絶対喜ばれるアイテムですね。

ニューカレドニアでは、”バニラが栽培“されているので、オーガニックのバニラビーンズがスーパーで気軽に買えちゃいます。パウダー状になっていて使いやすいものもありますよ。

フレッシュなバニラビーンズの香りは何とも言えず贅沢で、お菓子作りをしたくなってしまいます!実はニューカレドニアは大型のスーパーが少ないので、ヌメア市内に行かれた際は「カジノジョンストン」というスーパーに立ち寄るのがいいでしょう。

スーパーには、他にも見たことのない食料品や調味料がいっぱいなので、宝探し気分でお買い物してみてくださいね。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

まとめ

普段頑張っている自分へのご褒美として、旅の記念に、お世話になっているあの人へ・・。ステキなお土産探しのお手伝いができれば嬉しいです。皆さんのニューカレドニア旅行が思い出に残るものになりますように。

ライター Popenのブログはこちら NZわくわくワーホリ日記

ABOUT ME
popen
popen
海外旅行が大好きなバックパッカー。ニュージーランドのワーホリ日記をブログで発信中。ライター紹介からブログに飛べます!「NZワーホリわくわく日記」