スポンサーリンク

マレーシアに来たらぜひ体験して欲しいのが【モスク見学】今回は、電車で簡単に観光客の人でも行きやすいマレーシアの国立モスクに行ってきました!

    国立モスク(マスジッド・ネガラ)

    国立モスク
    (Masjid Negara)

    詳細情報

    見学時間:
    ・9am~12pm/3pm~4pm/5:30pm~6:30pm
    ※金曜日はお祈りのため見学時間に制限あり。
    ・3pm~4pm/5:30pm~6:30pm
    公式サイトhttp://masjidnegara.gov.my/mn/
    アクセス:LRTパサセールセニ駅・KTMコミュータークアラルンプール駅から徒歩圏内
    おすすめ度:★★★★☆

    駅近で気軽に立ち寄れる

    市内の中心部にあり、KTMのクアラルンプール駅/LRTパサールセニ駅から徒歩圏内。観光客でも気軽に立ち寄れる観光スポットです。 特徴的なのは、天井のドームが18角形になっている事。イスラム教の5行を表したものとされています。通常のモスクは、丸く球体になっているので珍しい形を間近で見ることができます。

    [マレーシア ピンクモスク]

    VELTRA

    ローブを着用して見学が必須です

    女性は、必ずローブを借り羽織ります。男性も膝が出ている場合は、着用しなければなりません。女性は、フードを被り髪の毛もしっかりと隠してくださいね。

    フードだと、可愛くない!と思った方!私もそう思います。インスタなどでは、ヒジャブを被って写真をあげている方たちもいます。とても可愛いので、買って持っていくというのもありかも?

    ローブの背中におしゃれな刺繍が。普段、着ることがないので貴重な体験ですね。モスクによって、ローブの色はさまざまです。ピンクモスクは、ピンクのローブ。市内最古のマスジットジャメは、真っ赤なローブです。

    ピンクモスク
    マスジットジャメ

    マスジット ネガラ

    いろんなモスクを訪れて、ローブを着て写真を撮るのもの1つの醍醐味ですね。ぜひ、マレーシア内に何箇所もあるモスク巡って非日常の体験をしてみてくださいね!

    近くのイスラム美術館も素敵な場所なのでオススメ!

    広く、開放的な空間が広がっています

    8000人の信者が収容できるモスクとあってかなり広いです。所々に、イスラム教の幾何学模様があしらわれていて、柔らかな光が注ぎ静で荘厳な雰囲気を醸し出しています。とにかく広いので、休日に行ったのですが、観光客でいっぱいということもなく、静かにみて回ることができました。

    圧巻の礼拝堂

    メインプレイヤーホールにはイスラム教徒しか入ることはできません。外からのみの見学ですが、ステンドグラスが美しい、圧巻の礼拝堂を見ることができます。

    この日は、礼拝堂の中でイスラム教の子どもたちがコーランの勉強をしていました。

    観光地化してますが、ゆっくり見学できます

    観光客は、それなりに多いと感じました。でも、敷地内が広いのでそこまで気にならず、ゆっくり見学できました。ボランティアで説明してくれる人もいます。

    さまざまな国に翻訳されたコーランも置いてありました。もちろん日本語もあるので、興味のある方はぜひ、読んでみてくださいね。

    スポンサーリンク

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    ここの来ると、モスクならではの荘厳な雰囲気を肌で感じることができます。イスラム教徒の多いマレーシアには、いたるところにモスクがあります。特に、ここは訪れやすい場所なのでぜひチェックしてみてくださいね!

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    よく読まれている記事