360度カメラ

【ダナン・五行山】洞窟の先にある絶景!パワースポットへの一番お得な行き方は?

みなさん、こんにちは!
東南アジアを夫婦で放浪中のひとさんです。

先日、ダナンのパワースポットの1つで観光名所としても有名な『五行山』へ行って来ました!

晴れた日に行って来たんですが、最初に断っておきます。

ひとさん
ひとさん
普通にしんどい。結構、疲れる!!

『お寺がある山をちょっと歩くだけでしょ!』

いえいえ!!

甘くみない方がいいかもしれません!甘くみていたのは自分たちなんですが(苦笑)ゴツゴツした石の階段を登らなきゃいけないので普通に疲れますし、バテます。

でも、本当に行ってよかった!!洞窟を登ればダナンが一望できるスポットに行けるし、そこから見る景色は絶景!!

行って損はありません。

ダナンの市内から少し離れていますが、今回は行き方やレビューも含め、服装の注意点なども紹介します!

ひとさん
ひとさん
当ブログでお馴染みの??360度カメラを使って撮影した写真も載せているので最後までお見逃しなく!

五行山

五行山(ごぎょうさん)
Marble Mountain

住所:52 Huyền Trân Công Chúa, Hoà Hải, Ngũ Hành Sơn, Đà Nẵng 550000 ベトナム
営業時間:7:00〜17:30
休み:なし
入場料:入場料で詳しく解説
アクセス:五行山への行き方で詳しく解説

 

入場料

2017年に大幅な値上げがあり、現在の入場料は以下の通りです。

入場料
  • 入場料 4万ドン(約190円)
  • エレベーターチケット:片道 1万5千ドン(70円)

値上がり前は、入場料が1万5千ドン(約70円)だったので、倍以上に値上がりしています。

余談なんですが、チケット売り場でお釣りをごまかされました。すぐに気づいたので、返してもらいましたが、明らかに確信犯でした。

2人で8万ドン(約380円)を、高額紙幣の50万ドン(約2400円)で支払い。42万ドンのお釣りなのに32万ドンしか返してくれません。

ひとさん
ひとさん
10万ドン(約470円)もごまかしてる!!

『お釣りが違う』というと『ああ、ごめん。ごめん!』とすぐに10万ドン返してくる。普通なら、『あれ?私間違えた?』とかやり取りあるやろ!!と思いましたけど(笑)

ベトナムの通貨単位のわかりづらさを利用したぼったくりというのは結構ある話。小額紙幣を使うのがベストだけど、手持ちがない時もありますしね!

高額紙幣を観光地や市場、タクシーで使う場合は、お釣りがあってるか?確認が必要です。

おすすめの服装

晴れた日(乾季の時期)に訪れるなら、暑さ対策は必須です。特に4月〜8月は、日によって40度を超えることもあるぐらい気温が上がり、日差しが強くなります。

乾季でも雨季でも晴れた日に行くなら、以下のアイテムは必ず持っていきましょう!

  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 汗拭きシート
  • タオル
  • ペットボトルの水

服装ですが、アップダウンの激しい階段を登ることになるので、スカートやワンピースはやめたほうが無難。通気性のいい服装と歩きやすい靴で行くのがベスト!

またベトナムは、台風の被害を受ける国です。

9月半ばから11月にかけては、台風シーズンとなるので天気予報と相談しながら予定を組んでください。

山全体が大理石でできている為、雨の日は特に滑りやすく注意が必要です。

ダナンの気候については、
以下の記事を参考にどうぞ!

【ベトナム・ダナンの気候】台風に注意!雨季・乾季の気温とベストな服装は?みなさん、こんにちは! ダナンののんびり感が大好きな、ひとさんです。 先日、『ダナン旅行で注意すべき治安情報』についてシェアしま...

五行山への行き方

五行山へのアクセスは以下の方法があります。

  1. タクシーをチャーター
  2. 配車タクシー(※グラブ)
  3. レンタルバイク
  4. ツアー

五行山までの所要時間は、車で市内中心部から30〜40分程度。ビーチ周辺なら20分程度で行けます。

五行山以外にもホイアンなどまとめて観光する場合は、1日タクシーをチャーターしてみるのもいいかもしれません。

交渉次第でお得に観光する事も可能ですが、ぼったくりには要注意

不安な方は、あらかじめ値段が決まる配車タクシー(※グラブ)を使って行くと安心。東南アジアで車移動したいなら必須のアプリです。

ひとさん
ひとさん
アプリ1つで車を呼べるし、ぼったくりの心配もありません。

市内⇆五行山なら往復1000円〜1500円程度で行けます!

Grab(グラブ)の使い方は、
以下の記事で詳しく紹介

Grab(グラブ)アプリを使って安全な旅を!【登録方法と使い方】みなさん、こんにちは! 海外旅行(特に東南アジア)が大好きな、ひとさんです! 海外旅行・海外出張・留学を含めた長期滞在など・・。...

滞在が短く効率的に回りたい人や、大人数での移動になる場合はツアーや空港送迎付きの貸切チャーターがおすすめ!

そして最後に、一番安く行く方法は、レンタルバイクを使う事。今回、私たちはミーケビーチ周辺からバイクで行きましたが、20分程度で行けます。

1人旅の方やダナンでバイクを運転してみたい!という方は、トライしてみてもいいかも?

バイクで行く場合の駐車場の話

バイクは、専用の駐車場やお土産屋さんの一角に止めさせてもらうことができます。今回は、専用の駐車場の場所がよくわからず、お土産屋さんの一角でお願いする事に。

大体、バイクでウロウロしていると、手を振って『こっちー!!』とアピールしてきます。

値段を聞いて、納得できればお願いすればOKです。

専用駐車場なら2000〜5000ドンの間で止められるはず。今回は、2倍の1万ドンの請求。さすが個人経営。

相場より全然高い(苦笑)

今回は、駐車スペースが室内で悪くなかったので、50円で手を打ちました。料金は先払いです。払うとチョークでバイクに支払い済みの印をつけてくれます。

ダナンでのバイクの借り方や、
交通ルールについては以下を参考にどうぞ!

【ベトナム・ダナン】レンタルバイクを借りてみた!免許は?気をつけるべき交通ルールとは?みなさん、こんにちは! ビザを取得してダナンに3ヵ月滞在中のひとさんです。 滞在中は基本的にバイクを借りて過ごしてます。...

五行山の魅力を写真多めで紹介!

説明が長くなりましたが、ここからは実際の五行山の魅力を写真多めで紹介します。

五行山について

五行山は大理石でできた山で、その名から英語ではマーブルマウンテンと呼ばれています。

  1. ホアソン(火山)
  2. トゥイーソン(水山)
  3. モックソン(木山)
  4. キンソン(金山)
  5. トーソン(土山)

の5つの山で構成されており、トゥーイーソンが一番大きな山として観光の中心になっています。

天然の大理石の塊が取れるという事もあり、山の周辺では大理石の像を販売するお店が軒を連ねます。

高いものは、1億円以上するというから驚き!

道端に普通に並んでいますが、重そうだし普通に置いておいても盗難の心配はなさそうですね。どれも精巧に掘られていて見応えあります。

道路の脇には、大理石が普通に転がっています。

見る人が見たらお宝の山なんじゃないかな?と思いながら、普通の石ころ同然に扱われているところがちょっと面白いですよね。

チケットを購入し、入場しよう!

多くの観光客は、駐車場があるGate No.2から登り始めます。そこにチケット売り場があるので、まずはチケットを購入しましょう。

地図とポストカードのセットを1万5千ドン(約70円)で購入する事もできるので、旅の思い出に合わせて購入するのもおすすめ。

チケット売り場の周辺には、お土産物店がいくつもあり、ダナンの特産品である大理石の置物やアクセサリーが購入できます。

飲み物も販売しているので、登る前に調達しておきましょう!

五行山マップ

見所は多く、隅々まで見るとなると2時間以上はかかります。今回は、五行山の中でも定番のスポットを回ってみました!

カウンターでチケットを見せて、いざスタート!最初の階段からかなりの急斜面。

別料金がかかりますが、エレベーターを使ってラクするのもありですよ!

リンウン寺

きつーい階段を登れば、『リンウン寺』に到着です。

キャメラくん
キャメラくん
白い大仏様と大きな門がお出迎え。

門をくぐれば、カラフルな寺院が目の前に現れます。

寺院の内部もカラフル。

奥に佇むレディブッダ。細部まで装飾が細かい。

タンチョン洞窟

道なりに進むと見えてくるのが最初の洞窟『タンチョン洞窟』

歴史を感じさせる社。

この像も大理石なんだろうなー。囲碁?を楽しむ風景。

ビューポイントで一休み

エレベーターの終着点である展望広場は広々としたスペースになっています。椅子もあるので、こちらでひとまず休憩。

六角形の形をした七重の塔『サーロイ塔』もお見逃しなく!中にも入れます。

ビューポイントからの景色も結構いい♪ダナンの海がよく見えます。この先は、石の階段を登ってどんどん上を目指していくので体力も消耗します。

ビューポイントより上にエレベーターはないので、降りることも考えると、年配の方や小さなお子様づれの方には少し難しいかな?と思いました。

ヴァントン洞窟

さらに上を目指し歩いていくと、『ヴァントン洞窟』へたどり着きます。

ここはちょっとした休憩スペースになっていて、お土産を買ったり飲み物を買ったりできます。熱中症予防に効果があるココナッツジュースも売っているので、疲れた体を癒すのにぴったり!

洞窟に入って、目の前に現れるカラフルなブッダの奥には、さらに先に進めるスペースがあります。

ですが!!
かなり急斜面です。

岩を掴んで自力で登る必要があるので、絶対に行ってみたい!という方のみ先に進んで見てください。

大理石の石で滑りやすいので足元に要注意です。軽くロッククライミング状態になるので、体力に自信のない方にはあまりオススメしません。

キャメラくん
キャメラくん
どんどん上に登っていくと、岩の上から一望できるスポットに出られます!

ダナンの青い海がキレイ。

海側を一望するには、ここはベストスポット!どんどんと建設されていくビーチ沿いのホテル群がダナンらしい光景。

トゥーイソンの展望台

前述のヴァントン洞窟の頂上は、整備もされておらず岩だらけ。どちらかというと隠れた人気スポット。

一番のビュースポットである展望台からは、五行山の他の山々が一望できます。

キャメラくん
キャメラくん
海は見えないけど、他の4つの五行山が一望できるよ!

平地に大理石の山がボコボコと突き出しているのが面白いですね!なんでこんな景色になったのか不思議に感じます。

ホアギエム洞窟・フィエンコ洞窟

最後に紹介するのは、五行山の一番の見所である2つの洞窟。2つの洞窟は中で繋がっています。

雰囲気のあり過ぎる門をくぐれば、まず最初のホアギエム洞窟に到着です。

入り口には、大きな観音像。

さらに奥に進むと、広ーいスペースに出られます。五行山観光のまさにハイライト。『フィエンコ洞窟』の登場です。

キャメラくん
キャメラくん
天井の穴は自然にできたものではなく、ベトナム戦争時の空爆によって空いたものなんだよ!


使用カメラ:Insta 360 ONEX

晴れた日のお昼過ぎにいくと、天井の穴から光が差し込み、なんとも言えない幻想的な雰囲気を醸し出します。

天井の穴から差し込む光の光線が社を優しく照らすんです。もちろん中には仏像が安置されています。

そのキラキラした風景が美しすぎて、何か大きなパワーをもらった気分になれました。

まとめ

バイクで訪れた五行山。

見た目以上に階段の上り下りがあり、足がプルプルいうほど疲れ果てましたが、いい運動にもなり、心地いい疲れとなりました。

見所が多く、体力も果ててしまい全てを見切れなかったのが悔しい!体力と時間の勝負だなと感じました。

ひとさん
ひとさん
見所を抑えながら観光したい!という方は、ツアーを利用するのもおすすめです。周辺の観光スポットとセットで回れるので効率的に観光できます♪

ホイアンに向かう途中にある『五行山』パワースポットと言われる所以をぜひ、その目で確かめて見てくださいね!

ABOUT ME
ひとさん
ひとさん
海外移住をきっかけに旦那さんとブログをスタート!海外旅行・食べること・写真を撮ることが趣味です。現在は、夫婦でパソコン1つで東南アジアを旅してます!将来は、フレンチブルを飼って海沿いを散歩するのが夢。
ベトナム ダナンのツアーを探す

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

人気急上昇!!
ベトナム ダナンの魅力を楽しむ
その体験こそが、旅の思い出を作るそのもの。