スポンサーリンク

突然ですが、マレーシア・シンガポールと日本の時差って少し不思議なんです。ご存じでしたか?今回は、その2カ国と日本の時差について調べてみたのでご紹介します!

マレーシアの時差の不思議

何が不思議なの?と思われますよね。まず、日本とマレーシア・シンガポールの時差は−1時間。日本の方が1時間進んでいます。
日本が朝7時ならマレーシアは、朝6時です。

 

では、地図をみてみましょう!タイの下、インドネシアの横がマレーシアです。東南アジア諸国に囲まれた場所に位置しています。

東南アジアを旅行したことがある方は、すでにあれっ?っと感じた方がいるかもしれませんね。タイやベトナム・カンボジアは日本と時差が−2時間。マレーシアとシンガポールだけ日本との時差が−1時間なんです。経度がほとんど同じなのに変ですよね。

 

下の画像をみてみましょう!

これは、タイムゾーンマップ。とてもわかりやすく、縦に分割され色分けされています。その枠の中にある国と国は同じ時差だよ。ということを指しています。

 

+7・8・9(赤枠の部分)
数字ごとに青・緑・オレンジと色分けされていることがわかりますね。

 

  1. 日本は、+9オレンジ色
  2. マレーシア・シンガポールは、+8緑色
  3. タイやベトナムは、+7青色

 

+8とか+9ってなに?

赤枠で囲った「+8」や「+9」ってなんでしょう?

 

これは、UTC(協定世界時)と呼ばれ、世界各地の標準時を決める時の基準となる「世界標準時」のことです。世界の時間を決める場所、イギリスのロンドンにある、「グリニッジ」という場所を聞いたことがある方も多いはず。

近隣の国の時差一覧をまとめてみました。
【国名】 【UTC】 【日本との時差】
タイ UTC 7 −1時間
ベトナム
インドネシア
マレーシア UTC 8 −2時間
シンガポール UTC 8 −2時間

では、ここで先ほどのタイムゾーンマップともう一度比べてみると・・

 

気づかれましたか?わかりやすく、黄色枠で囲んでみました!マレーシアとシンガポールのところだけ不自然に出っ張り、囲われているのがわかりますよね。

この2カ国だけ、UTC8になっています!
位置関係をみると−2時間の時差が正しいのでは?と思ってしまいます。そうなんです!位置だけでいうと、−2時間が正しいはずなんです

では、なぜ時差が−1時間なのか?

主に、理由は、2つあると言われています。

 

マレーシアやシンガポールが多国籍国家であるため

実際の人口分布が、以下の通りです。また、ここに日本人をはじめ多くの外国人が住んでいるので、多国籍であることが感じられます。

シンガポール
・中華系 70%
・マレー系 20%
・インド系 10%

 

マレーシア
・マレー系 60%
・中華系 30%
・インド系 10%

どちらの国にも共通して言えることは、一定割合で中華系が住んでいること。複合民族国家として共生している一面があるのです。中国や香港、台湾との結びつきが強く経済的な理由から時差を合わせているようです。

 

イギリスの植民地であった歴史

マレーシアの歴史
・1896年 マレー半島全域がイギリスの植民地となる
・1963年 マレーシアが成立
・1965年 シンガポールがマレーシアから独立

マレーシアは、その昔イギリスの植民地でした。同じく香港も、そうでしたね。マレーシアでは、紅茶が有名ですし、アフタヌーンティー文化も盛んです。私は以前、語学学校に通っていたのですが、習うのもイギリス英語でした。

 

実際、住んでみて思ったこと

住み始めの頃は、なかなか慣れませんでした。朝、7時は外が真っ暗です。だって本来なら6時の時間帯ですからね。日の出は、だいたい7時30分。やっと外が明るくなり始めます!天気が悪いと薄曇りで暗く、なかなか体が起きれないことも・・。

 

もちろん、日の入りも遅くなります。だいたい、19時30分過ぎから暗くなる感じでしょうか。外にいると、「もうこんな時間?」となることも・・。

 

ちなみに、サマータイム制度はありません。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか??時差が、歴史の大きな影響を受けているというのは、おもしろいですね。マレーシアに来たら時差にこんな歴史があったなーと思い出してもらえたら幸いです。他にも、マレーシアについて書いているのでぜひ、ご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事