アジア

【インドのお土産11選】圧倒的パワフルな国の人気のお土産とは?

独自の文化が根付く、エネルギッシュな国「インド

そんなインドでは、インドでしか買えないスパイスや伝統医療であるアーユルヴェーダグッズ・カラフルなアクセサリーなど、魅力的なお土産がたくさんあります。

そんな中でも、おすすめなアイテムを厳選して11選ご紹介します!

インドでのお土産購入時の注意点

インドでは、お土産購入時も色々と手を抜けないのが実情。ポイントをしっかり押さえて、楽しいお買い物をしてくださいね!

1. ぼったくりに注意

インドでは、残念ながらぼったくりが横行しています。特に、話を信じやすい日本人はインド人にとって格好のぼったくり相手。

値段をふっかけてくる人も多いのが実情。

  1. 予算オーバーなら買わない
  2. 要らないものは毅然とした態度で断る
  3. 予め大体の相場を調べておく
  4. ふっかけられた場合、別の店では○○円だったと伝える

などの対策を取りましょう。

何より大事なのは、うまく丸め込まれて必要のないものを買ったり、必要以上に買わされてしまうこと。

後悔しないように、冷静に判断する様にしましょう!

2. お土産を買う場所

お土産を買うなら、お土産店や小さな商店、ドラッグストアなどが便利。数は少ないですが、スーパーマーケットもあります。

小さな商店や露店、屋台などは値段が付いていなかったり、古いものが売られていることも多いですが、掘り出し物が破格で手に入ることも。不安な方は、デリーなどある程度大きなお土産店やスーパーマーケット、空港のお土産店などでお買い物をした方が安心です。

3. お金の払い方

基本は、インドの通貨の「ルピー」での支払いになります。クレジットカードを使えるお店は限られているので、現金を持ち歩くようにしましょう。

また、大きい額の紙幣で支払うとお釣りを間違えられたり、誤魔化されたりすることも多いので、なるべく小額紙幣を多めに用意しましょう。

インドではスリも大変多くなっているので、
現金やパスポートは、必ず肌身離さず持ち歩くことを心がけたいです。

パスポートもお金も、肌身離さず、首からも下げられる財布があれば安心ですね!

[getpost id=”5209″ title=”インド旅行の持ち物記事は、コチラ”]

インドに行ったら買いたいお土産11選

1. スパイス

インドに行ったらまず買いたいのが、スパイス
さすがカレー天国とあって、数多くのスパイスが手に入ります。

気になったスパイスを一種類ずつ買うのもいいですが、「チャイミックス」や「カレーミックス」など、あらかじめミックスされたスパイスなら、家で簡単にインドの味を再現することが出来ます。

スパイス専門店はインドに数多くあり、どこも香りを試せます。日本ではなかなか手に入らないスパイスも、インドだったら格安で手に入るチャンスですよ。

2. 紅茶

ダージリンやアッサム、ニルギリなど世界的に有名な紅茶の生産地であるインド。インド産の香り良い紅茶は、ぜひお土産にゲットしたいところ。

普通の茶葉以外にも、茶葉とスパイスがミックスされていてミルクを注げばチャイが楽しめるタイプのものも人気です。

3. ローズウォーター

バラの花びらを蒸留させて作られた「ローズウォーター」は、インドの女性が日常的に使っているアイテム。

保湿・美肌成分がたっぷりと含まれているので化粧水や、日焼け後の肌のレスキューにも使えます。日差しの強いインド旅行中も、強い味方となりそう。

また、バラの香りは特に女性に、高いリラックス効果をもたらすので一つは持っていたいアイテム。日本で買うとお値段が張るローズウォーターですが、インドでは日本で買う半額以下で手に入りますよ。

女性へのお土産にもおすすめです!

4. Himalaya(ヒマラヤ)コスメ

自然由来の伝統療法である「アーユルヴェーダ」が根付いているインド。そんなインドでは、アーユルヴェーダに基づいた、植物やハーブを使用したナチュラルコスメが大人気。

中でもインドの国民的コスメブランドである「Himalaya(ヒマラヤ)」はリーズナブルな値段でバラエティ豊か!インドの町中のどこでも手に入るので、お土産にとってもおすすめ。

クリームや石鹸、パックや化粧水など、どれも可愛いパッケージです。中でも一押しは、リップバーム。なんと1本50円という驚きの価格!キャロットシードオイルなどが使われており、とてもしっとりする、と大人気のアイテム。
リーズナブルなので、バラマキ土産にも良さそうですね。

5. ビンディ

ビンディとは、インド人がおでこに付けているジュエリーのこと。インド人と言えば、このビンディとターバンを連想する方も多いのでは?

ビンディは色も形も色々なものが揃っていて、シールタイプになっているので、旅行中にインド人になりきっておでこに貼ってみたり、小物などに飾りとして貼ってみたり、ネイルアートに使ってみたり、使い方は自由自在。

可愛いデザインがたくさんあるので、是非お気に入りを見つけてくださいね。

6. ストール


シルクやカシミア・綿など、さまざまな種類のストールが売られています。お値段もピンキリで、手軽に買えるものから高品質でお値段が張るものまであります。

インドらしいカラフルな大判ストールは、一枚あると便利です。

7. ヘナタトゥー

インドの人たちが日常的にしている「ヘナタトゥー」は、ヘナという植物からできたペーストで腕や足に模様を描くタトゥーのこと。2週間程度で消えるので、旅行者にも大人気。

お店や屋台で、好きなデザインを選んで描いてもらうこともできますが、このヘナのペーストを買って、自分で好きなデザインを描くこともできます。

持ち帰って、日本で試してみるのもいいですね。

好きなデザインを肌に書いて、数分置いて洗い流せばOKなので、とても簡単にタトゥーが楽しめちゃいます。

8. バングル

インドの女性たちが両腕にジャラジャラと付けている、カラフルなバングル。色もデザインもたくさんあり、10本くらいのセットで2~300円で手に入ります。インド流に、何本も重ね付けするのがおすすめです!

9. 神様グッズ

様々な宗教が根付くインドでは、信仰が人々の生活の一部となっており、様々なグッズが揃っています。

これらのグッズは旅行者にも記念の品として人気で、日本でも馴染みのある「ガネーシャ」などを模した像や置物、ハガキやキーホルダーが人気です。

10. インド食器

インドのローカルな食堂に入ると、大きなステンレスプレートの上にナンやご飯、そして小さなステンレスのお椀に数種類のカレーが盛られて出てきます。

このステンレスの食器たちは、軽くてシンプル。さらに割れにくいので、普段使いにもピッタリ。最近では日本でも食器屋や雑貨屋などで手に入りますが、インドでは町の至る所で破格で手に入るので、ぜひ一つゲットしてみては!

お家でカレーを作る際も、現地感が出てぐっと雰囲気が増しますよね。

他にもカレーなどの汁物を入れることが出来るステンレスの二段、三弾重ねのお弁当箱もシンプルで使いやすく、人気があります。

11. ギー

最高の油」と言われ、ココナッツオイルなどと共に、日本でも健康志向の方の間で浸透しつつある、「ギー

ギーはインドで古くから使われており、バターから余分な成分を抜いたピュアオイルで、バターよりも腐りにくく、脂肪燃焼効果やアンチエイジング効果など、嬉しい効果が盛りだくさん!

お料理の他、保湿などにも使えて一つあれば重宝します。ビンに入ったギーはインドの各お土産店やスーパーにあるので、ぜひ試してみては。

今話題の「バターコーヒー」にも使えますよ!
[getpost id=”5320″]

まとめ

インドのおすすめのお土産、いかがでしたか?

最近ではインド食器やギーなどは、日本のおしゃれなショップでも見かけるようになってきていますが、インドでは日本で買うよりもっとリーズナブルに手に入るので、せっかくインドへ行ったらステキなお土産を見つけてきてくださいね!

[getpost id=”4927″ title=”あなたにオススメの記事”]

ABOUT ME
popen
popen
海外旅行が大好きなバックパッカー。ニュージーランドのワーホリ日記をブログで発信中。ライター紹介からブログに飛べます!「NZワーホリわくわく日記」