スポンサーリンク

 

チョコレートやビール、ワッフルが日本でも有名なのがベルギーそのベルギーの首都ブリュッセルには、世界中からたくさんの観光客が集まります。

 

世界遺産にも登録されている、

  • 世界一美しい広場 「グランプラス」
  • 世界一美しい本屋 「トロピズム」
  • ヨーロッパ最古のアーケード街 「ギャルリー・サンチュベール」

などなど、魅力あふれるブリュッセル。

 

Katsu
今回は、ブリュッセルに訪れたときに絶対に行きたいおすすめ観光スポットを5つご紹介!

ブリュッセルの観光スポット 5つ

1. グラン・プラス

文豪ヴィクトル・ユゴーが「世界一美しい広場」と称えたことでも知られる「グラン・プラスフランス語で「偉大な広場」という意味を持っています。

 

ちなみに、ベルギー最大の都市であるアントワープには「フロート・マルクト」という広場がありますが、こちらはオランダ語で「偉大な広場」という意味です。

 

 

グラン・プラスは、1998年にユネスコの世界遺産にも登録されています。アクセスも非常に良く、ブリュッセル中央駅から歩いて5分ほど。道も分かりやすいので、迷わず行くことができるでしょう。グラン・プラスを囲む建物は、どれも素晴らしい外観です!

 

 

まず、市庁舎(Hotel de Ville)


こちらは、15世紀に建てられたゴシック様式の建物で、高さは96m。中央の塔の上には、ブリュッセルの守護聖人である大天使ミカエルの像があります。
ちなみに、2年に一度開催されるフラワー・カーペットでは、市庁舎のテラスに有料で登ることができます。

 

参考記事

 


次に、王の家(Maison du Roi)
王の家は、市庁舎に向かい合うところに位置しており、現在はブリュッセル市立博物館となっています。市庁舎にも見劣りしないネオ・ゴシックの豪華な建物です。

 

入場料は大人3ユーロとお手頃なので、時間がある方は中をのぞいてみてはいかがでしょうか?ちなみに、王の家には小便小僧の衣装も展示されています。

 


photo by Emmanuel PARENT

 

他にもグラン・プラスには、ギザギザ屋根がかわいらしいギルド・ハウスやビール博物館、チョコレート博物館などがあります。

 

また、フラワー・マーケットがほぼ毎日行われているのは、世界的に有名なベゴニアの産地であるベルギーならではです。おしゃれなカフェもたくさんあるので、天気が良ければテラス席でゆっくりとティータイムを楽しむのがおすすめです!

 

 

夜にはライトアップもされるので、まるで中世にタイムスリップしたような幻想的な気持になれますよ。ブリュッセルに宿泊するのであれば、夜のグラン・プラスに訪れるのもおすすめです。

 

詳細情報

グラン・プラス(Gland Place)

住所  :Grand Place,Brussels
開館時間:終日
料金  :無料

 

2. 小便小僧

世界三大がっかりという、不名誉なことで有名な「小便小僧」確かに、特別大きいわけでもなければ、装飾が豪華なわけでもありません。しかし、地元民からは「ジュリアン」の愛称で親しまれています。

 

また、世界中からこの「ジュリアン」に贈られてきた衣装は、実に900着以上


ブリュッセル地元民はもちろん、世界中からも愛されていることがよくわかりますよね。訪れる時期によっては、世界中から贈られてきた衣装でおしゃれに着飾っているかもしれませんよ!

 

 

ジュリアンの銅像は、1619年に制作されたもので、現在設置されているのはレプリカです。本物は、グラン・プラスに面した王の家に所蔵されています。

 

 

ジュリアンが作られた由来はいくつか残っています。

 

その中の一つが、少年の英雄話。ブリュッセル市内を爆破しようとした反乱軍の爆弾の導火線を、少年が小便をかけて止めたというもの。確かに、爆発を免れたブリュッセル市民としては、この少年は英雄として銅像を作るに値する存在だったのでしょう。

 

少年は王子という説もあります。

 


なお、世界中からジュリアンに贈られた衣装は、王の家で見ることができます。日本からの贈り物もあるので、興味のある方はのぞいてみてくださいね!

 


また、驚くべきことに小便小僧の直ぐ近くには「小便少女」の銅像もあります。せっかくなので、セットでチェックしておきましょう。

 

詳細情報

小便小僧(Manneken-Pis)

住所  :Manneken Pis,Brussels
開館時間:終日
料金  :無料
ホームページhttps://www.manneken-pis.be/

 

3.ギャルリー・サンチュベール

ヨーロッパの中でも最も古いアーケードと言われるのが、「ギャルリー・サンチュベール

 

 

1847年に完成した長さは212mのアーケードは、魅力的なお店が軒を連ねています。それに加えて、アールヌーヴォーの美しいアーケード街は、ただ通るだけでも十分に価値があります。また、グラン・プラスからすぐに行けるので、ブリュッセルに訪れるときは必ず寄りたいスポットです!

 

魅力あふれるお店の中でも、ぜひ立ち寄りたいお店をいくつかご紹介します。

 

まずは、世界一美しい本屋さん「トロピズム(Tropismes)」

 

引用:arsène

 

こちらの本屋は、もともと劇場だったホールをリノベーションして本屋にしています。そのため、天井が高く美しい装飾がなされた大きな柱が並んでいます。

 

天井からは柔らかな灯りがともされており、壁は一面ガラス張りです。本を楽しむというよりも、建物の雰囲気を楽しむことができるおすすめのスポットです。

 

引用:The Word Magazine

 

次は、ベルギーで有名なチョコレートの名店たちです。


ギャルリー・サンチュベールには、

  • ノイハウス
  • ゴディバ
  • マリー
  • レオニダス
  • ピエール・マルコリーニ
  • コルネ・ポート・ロワイヤル

 

と日本でもよく知られる有名店があります。

 


ギャルリー・サンチュベールを歩いていると、とってもかわいらしくディスプレイされたチョコレートを目にすることができます。

 

チョコレートは一粒から購入することができるので、色々試してみましょう。日本では販売されていないチョコレートもあるので、自分用にお土産用にのぞいて見てくださいね!

 

詳細情報

ギャルリー・サンチュベール(Galeries St-Hubert)

公式ホームページ:https://www.grsh.be/

 

4. デリリウム・カフェ(Delirium Cafe

赤坂や六本木でも店舗が出ている「デリリウム・カフェ(Delirium Cafe)」の本店です。ベルギーと言えばビールが有名ですが、こちらのカフェはなんと2,400銘柄のビールを提供しており、ギネスブックにも登録されています。

 

場所は、グラン・プラスから歩いて5分もかからないところにあります。

 


引用:Seek the World


かわいらしいピンクのゾウの看板が目印。
店内は、天井に様々なビールの王冠をあしらったデザインがあり、ビール好きで集まる場所になっています。特に、週末の夜は多くの観光客で賑わいます。

 

引用:Cu Meo [the Night Owl Art] - WordPress.com

 

ゆっくりと雰囲気を楽しみたいのであれば、昼間から夕方にかけて訪れるのがおすすめ。ちなみに、気に入った銘柄のビールをお持ち帰り用として購入することも可能です。

 

詳細情報

デリリウム・カフェ(Delirium Cafe)

住所  :Impasse de la Fidelite 4, 1000
営業時間:10:00~翌日4:00(月曜日~土曜日)
10:00~翌日2:00(日曜日)
定休日 :なし
ホームページhttp://www.deliriumcafe.be/

 

5. 王宮(Palais Royal)

グラン・プラスからブリュッセル中央駅を越えて300mほど行くと、大きく美しい「ブリュッセル公園」があります。

 

ブリュッセル公園に面したところにあるのが、王宮です。こちらの王宮は、ベルギー国王が執務を行う場所であり、国賓など重要な人物を迎え入れる場所でもあります。

 

 

普段は中に入ることができないのですが、夏季限定で無料開放されています。ブリュッセル公園と王宮のコントラストだけで十分訪れる価値があります。

 

photo by Anna & Michal


建物が完成したのは、1904年でレオポルド2世の時代です。正面の入口は大理石でできており、重厚な造り。
その中でも必見なのが、鏡の間です。きらびやかなシャンデリアやアーチ形の天井には美しい天井画が描かれており、息をのむ美しさです。

 

photo by Anna & Michal


また、歴代のベルギー国王やベルギーの歴史を学ぶことができる博物館もあります。
ブリュッセル中央駅から王宮に向かう途中には、ブリュッセル有数のフォトスポット「芸術の丘」や「王立美術館」などもあるので、あわせて立ち寄ってみてくださいね。

 

詳細情報

王宮(Palais Royal)

住所  :Rue Brederode 16, B-1000 Bruxelles
開館時間:10:30〜16:30(7月下旬~9月上旬)
休館日 :月曜日、8/15
料金  :無料
ホームページhttps://www.monarchie.be/en/heritage/royal-palace-of-brussels

※夏季期間以外は、外部のみの見学が可能です。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、小さなパリとも言われる美しい街並みが特徴のブリュッセルを紹介しました。街を歩いて建物を見ているだけでも楽しめるのがブリュッセルのすてきなところ!

 

ちなみに、パリから電車で1時間半、アムステルダムから電車で2時間と隣国へも日帰り旅行が可能です。

 

Katsu
ぜひ、ブリュッセルを訪れる際の参考にしてみてくださいね!
よく読まれている記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事