スポンサーリンク

みなさん、飛行機に乗る時むくみ対策していますか?

3時間ぐらいの飛行時間なら大丈夫でも、6〜7時間・それ以上の飛行時間ともなれば足はパンパン。立ってそこらじゅうを歩き回りたくなるぐらい辛い時ありますよね。

格安航空で6時間以上ともなれば、席は狭く、足は思い通りに動かせない。あまりのストレスに発狂しそうになったことあります。そりゃあ、ビジネスやファーストクラスに乗れたらいいけど・・。

そんな、ストレスを軽減させるには、便利グッズに頼るしかない!

今回は、"むくみの悩みを解決する"オススメの便利グッズを紹介します。

なぜ、飛行機に乗るとむくむの?

エコノミークラス症候群」という言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。

エコノミークラス症候群とは?
長時間、飛行機の狭い座席で同じ姿勢で座ったままでいることで脚の静脈に血栓(血の塊)が出来、到着後、急に立ち上がることが原因で、血栓が急に流れ結果的に肺に詰まり、呼吸困難や心肺停止を引き起こしてしまう恐ろしい病気です。
また、車の座席に長時間座っていること(車中泊なども含む)などでも、発症することがあり、飛行機に乗る時だけになる訳ではない、意外と身近な病気でもあるんです!

むくみの原因は、乾燥と運動不足

飛行機に乗ると、
いつも以上に肌の乾燥を感じることありませんか?

飛行機が上空を飛んでいる時、機内の湿度は20%以下。快適な室内の湿度は、40〜60%と言われています。ちなみに、砂漠の湿度は20〜25%ぐらいなので、砂漠に6時間以上いると想像してもらえればイメージがつきやすいかもしれません。

なぜこんなに乾燥しているのか?

それは、「飛行機のサビや故障の原因」を作らないため。飛行中、外気温は−30〜40度と言われています。

湿度をあげると、結露が発生し故障の原因を作り出してしまうからというのが理由だそう。

しっかりと、水分補給を!
この状態で、水分補給をしないとどんどん体の水分が奪われていきます。さらに、血液がドロドロになるので血栓が出来やすくなるという悪循環に陥るので注意が必要です。

さらに、飛行機に乗ってる間、
1度でも立ち上がったりしていますか?

これって席によるところが大きいかもしれません。通路側だったり、窓側でも隣が家族や友人なら「ちょっとトイレに!」なんて声もかけやすいでしょう。

運悪く、6列シートの真ん中で両隣知らない人だったら?
その人が寝ていたら?

遠慮して、我慢したりしてませんか?

そうすると、ますます動かなくなり、
エコノミー症候群になる可能性を高めしまいます。

スポンサーリンク

むくみ対策に効く!便利グッズ

何も、対策をせずに飛行機に乗ってしまうと、足もパンパン。エコノミー症候群になる危険すらあります。到着してからも、足が重く疲れてしまったら、せっかくの旅行も台無しですよね。

今回は、そんな「むくみ」を軽減してくれるアイテムを紹介します!

1. 着圧ソックス

これは、定番!
実際使っている方も多いかもしれません。

もし、「え?持ってない」という方がいたら、全力でオススメします!

日本旅行医学会の実験で"着圧ソックス"がエコノミー症候群に効果的であるという結果が出ており、着用を推奨しているからです。

ふくらはぎを圧迫することで血流速度が増加し、血栓を作りにくくする事がわかっています。

かさばらないので、旅行に行くなら1足は持っておきたいアイテム!もし、旅先で足が疲れてしまった時は、夜着用するだけで朝スッキリですよ。

2. フットレスト

飛行機内に持ち込める、ハンモックタイプの「フットレスト」は、取り付け簡単のむくみ対策アイテム。

着圧ソックス使ってみたいけど、足の締め付けが気になるという方でも足を置くだけで手軽に使えるのでオススメです。

 航空会社によっては、使用を禁している場合もあるようなので使用前に客室乗務員に確認する方が安心です。

3. 美顔ローラー


私も、実際使っているのですが長時間のフライトには必ず持って行くお気に入りアイテムです。美顔ローラーといえば色々と売っていますが、せっかく買うなら「ReFa(リファ)」がオススメ。

値段は、確かに高いんですが、使ってみると本当にむくみ取れます!安いのを使って効果があるかわからない!となるより実際に効果があるもの使いたいですよね!

気が向いた時に、コロコロすれば足もスッキリ!もちろん、日常使いもできますし、半永久的に使えるので持っておいて損はなし!

 偽物が同じ値段で販売されている事があるようです。必ず、お店か正規のオンラインサイト・正規品を販売しているアマゾンのショップなどで購入を。

 

公式サイトは、コチラ

4. ふくらはぎ専用ローラー


むくみ(浮腫)は、血液や水分の循環が悪くなっている状態。特に、血液循環のポンプの役割を果たすふくらはぎの筋肉の力が低下する事で、水分がたまりむくみを発生させます。

モンデリング」なら、好きな時に足にハメてコロコロするだけ!特許登録の螺旋の輪がしっかり足にフィットして、気持ちよく足をほぐしてくれます。

値段もリーズナブルで、カバンに忍ばせておいても邪魔にならないサイズ感がいいですね!

公式サイトは、コチラ

5. 足裏シート

足裏って実は、毒素が溜まりやすい場所。心臓から遠いので血液の循環が悪くなりがち。むくみも足の血行が悪くなってしまう事が原因なので、飛行機に乗ったら貼っておきましょう。

目的地に着いた頃には、足もスッキリしているはずです!着圧ソックスや、フットレストと併用すればさらなる効果が得られそうですね♪

貼るだけで体が軽くなる!
フットケア楽天No.1
樹液シート製造直販専門店をチェック

6. むくみ解消マッサージクリーム

MEGURU BOTANIC(メグルボタニック)
むくみをマッサージクリームでケアするアイテム。

人気女性誌などでも取り上げられていて、引き締め効果のあるマッサージクリームを使えば「エステみたいに気持ちがいい」と大人ボディを目指す女子たちから熱い視線を浴びているグッズ。

メグルボタニック」は、ラベンダーやローズマリーなどの有機ボタニカル原料10種類が配合され、潤いやハリを与えながらむくみを解消してくれます。

さらに、毎月300名限定のサプリメントとクリームをダブルで試せる「集中Wケアモニター」を募集中。むくみの原因となるカリウム不足をしっかり補えるサプリなのでW使いで効果抜群!

集中Wケアモニターとは?
初回は、送料無料の1850円でサプリメントとボディクリームが試せるお得なキャンペーン。変化をより感じられるよう3ヵ月(14,810円)の継続が必須条件。高そう!と感じるかもしれませんが、高級なボディークリームやエステよりは、「リーズナブルで意外と高コスパ」と人気のキャンペーンです。

もちろん、クリームだけ(1本 5400円)、サプリだけ(1袋 3240円)でも試せるので一度チェックしてみてくださいね!

コチラからチェックできます↓↓
[現役モデル愛用、エステサロン採用、実感満足度96%、凄いボディクリーム]

7. 足指ソックス

小さく、コンパクトで持ち運びが楽なので旅行にもぴったり!スリーピングソックスとも呼ばれるこの靴下は、足指を開いて血行をよくするアイテム。

履くだけで、足指をマッサージしているのと同じ効果が得られるので、同じ体勢をしていて辛い時にスーッと血の巡りをよくしてくれますよ。

8. 低周波治療器

むくみがひどすぎる方には、「低周波治療器」がオススメ。普段、むくみがひどい方は、旅行に限らず普段の生活の中でも辛いむくみと戦っている方も多いと思います。

全身の辛いコリやむくみの酷い場所に専用のパットを貼り付ければOK!自分の好きな強さでマッサージをしてくれる優れもの。

重さも100g以内なので、手軽の持ち運べるのも嬉しいポイントですね!

9. むくみ対策サプリ

むくらっく

出来るのなら、体の中からむくみにくい体質を作りたい。そんな辛いむくみには、サプリメントも有効です。

こんな生活習慣していませんか?

  1. 脂っこい食生活や間食が多い
  2. 立ちっぱなし、座りっぱなしが多い
  3. 水分の摂りすぎや摂らなさすぎ
  4. お酒が大好き!

そんな方は、旅行に行く前から準備して、むくみにくい体質作りをしていきましょう!サプリと今まで紹介したアイテムをダブル使いでむくみ対策は、バッチリ!

むくらっく」は、自然素材の成分を使った女性に嬉しい、むくみ解消サプリメント。初回は、送料無料の980円でお試しができます!いつでも休止・再開ができるので初めての方でも安心して試せます!

気になる方は、コチラから↓↓
[女性のための植物性サプリむくらっく!パンパン卒業へ]

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

旅先でも、むくみ対策をしっかりしておく事で「どれだけ現地で元気に過ごせるか?」というのは大きく変わってきます。

あなたにぴったりの"飛行機の中でのむくみ対策"を見つけて楽しい旅行にしてくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事