スポンサーリンク

 

今回、チェンマイにあるトラと触れ合えるスポット「タイガーキングダム」に行って来ました!人間の手によって生まれた頃から育てられて来たトラ達は、まるで大きな猫

 

今回、行き方やチケットの種類など徹底解説していますので参考にしてみてください♪

 

TIGER KINGDOM

 

 

TIGER KINGDOM(タイガーキングダム)
チェンマイ・プーケット

詳細情報
住所51/1 หมู่ที่ 7 ถนน แม่ริม - สะเมิง Rim Tai, Amphoe Mae Rim, Chang Wat Chiang Mai 50180
営業時間:8:00〜18:00
休園日:なし
電話番号053 860 704

 

タイガーキングダムとは?
2008年3月にチェンマイにオープン。2番目の支店が2013年7月にプーケットに開園されました。オーストラリア人旅行者の「トラにもっと近づきたい」という小さな要求から始まったそうで、その後世界有数に施設へと成長しました。

以前は、バンコク西部にトラと触れ合えることで世界的に有名な「タイガー・テンプル」がありましたが、違法な繁殖を繰り返した上、闇取引や虐待を行なっていたことが発覚し閉鎖。

 

現在、トラと触れ合うことができる場所は、タイガーキングダムかシラチャータイガーズーとなっています。
スポンサーリンク

タイガーキングダムへの行き方

 

 

タイガーキングダムは、チェンマイの中でも郊外にあります。

 

  • チェンマイ空港から約18km
  • 旧市街周辺から約17km
  • ニマンヘミン通りから約14km

車で30分〜40分ぐらいかかるイメージです。

 

バンコク市内のように、地下鉄やモノレールなどの公共交通機関は発展していないので、以下の交通手段を利用して向かう事になります。

利用する交通手段
・ソンテウ
・トゥクトゥク
・Grab(グラブ)タクシー
・ツアーに申し込む

 

私は、東南アジアで広く使われている配車アプリのGrab(グラブ)を利用して向かいました。大体、往復450バーツぐらいで行けます。ソンテウやトゥクトゥクでも、往復500バーツ前後で行けるとのことですが、正直あまりオススメしません。

 

トゥクトゥクは、短距離の移動向け。長時間乗ってると、排気ガスや砂埃で大変な事になります。間違いなく疲れます。また、値段も交渉になってくるので乗り慣れた人でなければ難しいかもしれません。

 

ソンテウなら、トゥクトゥクより乗り心地は問題ありませんが、やっぱり壁となるのが値段のこと。大体、往復500バーツぐらいと相場を知っておいて交渉していくのがオススメ。あまりにも自分の想像と違う値段を言われたら、別のソンテウを探しましょう。

 

もちろん親切なドライバーさんも多くいますが、観光客という事でぼったくる人だっています。

 

私は、そういった値段交渉が面倒なため、あらかじめ行き先を入力する事で金額がわかる「配車サービス」を利用します。今まで、東南アジア4カ国7都市以上で使ってきましたが、ぼったくられる事もなく安全に旅行が出来ますよ〜♪

登録方法や使い方は、別の記事にまとめているので参考にしてください。
↓ ↓

ツアーを利用するのもおすすめ!

私は今回、タイガーキングダムだけに行って帰ってきましたが、周辺にはスネークファームや象乗り体験が出来る場所もあります。首長族の村とかね!

 

引用:QTQの東西南北

 

タイガーキングダムでは基本、「トラと写真を撮って、触れ合って終わり」です。それが貴重な体験なんですけど、それ以外することがないのも事実。2時間もあれば十分です。せっかくなら、周辺にある観光地を色々と回ればよかったなぁ〜と後悔・・。

 

ホテルまでの送迎から、観光地の何カ所かを効率的に回れるおすすめツアーを選べばさらに充実した旅行になること間違いなしですね!

 

おすすめツアー

【チェンマイ発!】送迎付/昼食付/タイガーキングダムとスネークファーム(ゾウ乗り体験プランもあり)を回るツアー★

 

チケットの料金とトラの種類

チェンマイのタイガーキングダムには、さまざまな種類のトラがいますが、種類によって値段も異なります。「色んなトラとたくさん写真を撮りたい!」という方向けに、お得なパッケージプランも用意されています。また、身長や年齢によって制限もあるので、注意が必要です。

 

公式サイトの情報を参考に、表にまとめましたので参考にしてみてください。

トラの種類
・ジャイアントタイガー
・ホワイトタイガー
・ビッグタイガー
・スモールタイガー
・ライオンもいます

チケットの料金表一覧

 

画像クリックで拡大できます

 

 ※サイトに記載されている内容と、実際に行って撮ってきた写真に種類や値段の部分で若干誤差があります。ご了承ください。

 

1人あたりの料金

Giant Tiger 1,300バーツ
(約4500円)
・18才以上
・160㎝以上
White Tiger 1,200バーツ
(約4200円)
・年齢制限なし
・150㎝以上
Big Tiger 799BHT
(約2800円)
・18才以上
・160㎝以上
Medium Tiger ・年齢制限なし
・150㎝以上
Small Tiger ・年齢制限なし
・140㎝以上
Lion ・18才以上
・160㎝以上

 

パッケージチケットの料金一覧

 

 

・Big Tiger
・Lion
1,500バーツ
(約5,160円)
・18才以上
・160㎝以上

 

 

・Big Tiger
・Small Tiger
1,500バーツ
(約5,160円)
・18才以上
・160㎝以上

 

他にも、

・Big Tiger
・White Tiger
・LIon
2,500バーツ
(約8,600円)
・18才以上
・160㎝以上
・Big Tiger
・Small Tiger
・LIon
2,500バーツ
(約8,600円)
・18才以上
・160㎝以上
Take All
(全5頭)
5,000バーツ
(約17,200円)
・18才以上
・160㎝以上

など、全部で種類用意されています♪

 

1. まず、チケットを購入します。

入り口に入ってすぐにあるカウンターで、どのトラと写真を撮るのかを決めます。スタッフのお姉さんが、「パッケージがお得で人気だよ〜!」とおすすめしてきますが、正直1頭と撮れれば十分です。満足できると思います!

 

 

私は、貴重な機会なので希少なホワイトタイガーを選びました♪

 

トラの種類を選ぶと、仮チケットが発券されます。支払いのカウンターは別なので、奥のキャッシャーへ向かいます。

 

 

またチケットを選んだ際に、「合意書」のサインを求められるので、名前・年齢・国籍を書いて提出します。「万が一トラに襲われることがあっても責任は負いません」「チケットの払い戻しは出来ません」といった旨が記載されています。

 

 

キャッシャーに着いたら、最初にもらった仮チケットを渡してください。支払いには、クレジットカードも利用できますのでご安心を!

 

 

支払いを済ませると、選んだトラの種類の本チケットが発券されます。これは、中に入って撮影場所のスタッフの人に渡すものなので、無くさないようにしてください。

 

 

2. 園内の雰囲気を楽しもう

園内は、自然が豊富。蚊がいるので虫除けスプレーを持っていくなど、虫除け対策はしておきましょう!日差しを遮るものも少ないので、帽子やサングラス・日焼け止めも持って行くと役に立ちます♪

 

 

 

園内は、トラがいる檻が数カ所に設置されています。撮影するトラ以外の檻も近くで見ることが出来ますし、スタッフの人たちも「見て行っていいよ〜!」と気軽に声をかけてくれるので、色んな種類のトラを観察してみてくださいね!

 

園内のMAP

 

ジャイアントタイガー

 

ホワイトタイガーの子供

 

トラあるあるも面白い!

 

 

園内の所々に設置されている「トラの生態」が知れる説明書きも面白い!全部英語の説明になっていますが、読みながら回るのもおすすめです。

 

画像クリックで拡大できます

 

3. ホワイトタイガーと写真撮影!

実際に、撮影する場所に着いたらスタッフにチケットを渡してください。スタッフからは、「注意事項」に目を通すように言われます。

 

 

+300バーツでプロのカメラマンに撮影も頼める

 

一緒に写真を撮ったホワイトタイガー

 

ここで、スタッフからプロのカメラマンに撮影を頼むかどうか案内があります。お願いすると、一眼レフカメラで約20カットとCDに焼いたデータをもらえます。USBでもらう場合は、別途さらに追加料金が必要だったと思います。

 

個人的には、300バーツ(約1,000円)払ってお願いするのがおすすめです!!私も利用しました♪

 

例えば2人で行く場合、2ショット写真は欲しいですよね!ただ注意事項にあるように、スタッフは安全管理の為、写真撮影はしてくれません。撮影サービスを利用しないと、交代で撮影することになるので自撮りでもしなければ2ショットは撮れません。

 

私が行った時は、持ち込んだスマホでも撮ってくれました!ソロでも2ショットでも、バシバシ撮ってくれて、30枚+動画まで。それとは別に一眼レフでも撮ってくれるので、むしろ安い!と思いましたよ〜♪

 

写真の出来上がりは、こんな感じ!

今回は、成長したホワイトタイガー2頭と写真を撮ったのでサイズもビッグ!スタッフは3人+カメラマン1人でした。

 

 

まずは、のんびり座っていたトラとパシャり。トラが起きているのか?歩いているのか?といったトラの状態でも撮影できる写真は変わってくると思います。最初のトラは、石段の上に座っていたので後ろからの撮影がメインになりました。

 

 

ジロリと振り返られると、その迫力にビックリしてしまうほど目力があります。実際に旦那さんは固まってしまい、引きつった笑顔になってました(笑)でも、子供の頃から人間に育てられているせいか、全然危険な感じは全くありませんでしたよ♪

 

 

2匹目のホワイトタイガーとはさらに至近距離で撮影することができました♪カメラマンのお兄さんやスタッフの人たちが「トラポーズやって〜」とか「しっぽ持ってー!」と常に声をかけてくれるので、色んな表情の写真が撮れてます。

 

 

ちょっと恐る恐るな表情もバッチリ!スマホと一眼レフと交互に常にシャッターを押してくれる優しいカメラマンのお兄さんでした♪

 

 

しっぽが重かった〜。毛もごわごわしていて、面白い!トラを触っている驚きと感動でいっぱいでした。また希少なホワイトタイガーということで、毛はうすーい茶色のような色で目が青く、鼻や肉球がピンクなのも不思議でした!

 

 

最後にはベストな角度で、ホワイトタイガーのソロ撮影までしてくれてる!!やっぱり自分で撮るより、プロの方は角度やアングルがわかってるので、満足のいく写真ばかりでした♪

 

CDは、Photo Hubで受け取ろう。

撮影してくれたカメラマンが、受け取りのチケットを渡してくれるので、それを持って入り口近くの「Photo Hub」に向かいましょう!

 

 

パソコンも置いてあるので、写真もその場ですぐにチェックができます!お金は、撮影時にスタッフに先に払うので、ここでは受け取りのみになります。

 

 

こんな感じで、封筒に入れてもらえました。実際にパソコンで見てみましたが、さすがプロ!画質も綺麗だし、何より表情が豊かに写っていたのが嬉しかったです。

 

4. お土産と食事も楽しめる

 

お腹が空いたらレストランで食事もできます。なんと檻の真横なので、トラを見ながら食事ができます。食事をしながら写真撮影に来た観光客で賑わう檻の中を見ているのも面白いですよ〜!

 

はいはい、お仕事の時間ですよ〜

 

飼育員さんと戯れ、色々おっぴろげ

 

出番が来るまでひたすら寝る

 

レストランでは、タイ料理や洋食が楽しめます。値段は、1品100バーツ前後。味も普通に美味しいのでぜひ檻の外からトラを見ながら食事を楽しんでみてください♪

 

ベーコンたっぷり、カルボナーラ

 

タイ風の炒め物

 

お土産さんでは、ここでしか買えないオリジナルグッズも買えます!Tシャツなどの衣類から、ぬいぐるみまで幅広く置いてありました!

 

 

チケットを購入した時に、お土産屋さんで使える10%の割引クーポンももらえるので有効活用しちゃいましょう!

 

 

最後に・・

いかがでしたか?

 

トラといえば、動物園の檻の外から眺める動物のイメージしかなかったんですが、実際に触れて写真も撮れるのは、タイの中でもタイガーキングダムでしか体験できないこと。さらに希少なホワイトタイガーに会えるなんて、本当に貴重な思い出になりました。

 

郊外からは少し離れていますが、行く価値ありのおすすめスポットです!ぜひ訪れてみてくださいね♪

 

チェンマイが好きになった方!実は、簡単に+30日間のビザ延長も出来ますよ〜!

↓ ↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事