旅の英語

【旅行の英語】海外での入国審査、税関で使える英会話パターン7選

 

Mino
Mino

18歳で初めて海外旅行をしてからその魅力に取り憑かれ、今では1年の半分以上を海外で過ごすMinoです!

今回は海外へ行くならほぼ確実通らなければならない入国審査、税関で使える英会話パターンを紹介します。

入国審査担当の人や税関職員は無愛想な人が多いのでついつい緊張してしまいますが、聞かれることはどの国に行ってもほぼ一緒です。

今回紹介する「よくあるパターン」だけ覚えて乗り切りましょう!

【旅行の英語】海外での入国審査、税関で使える英会話パターン7選

1. 入国審査での会話

1-1. パスポートを提示する

入国審査の人
入国審査の人

Please show me your passport?
あなたのパスポートを見せてください。

あなた
あなた

Here it is.
どうぞ。

1-2. 入国の目的を伝える

入国審査の人
入国審査の人

What’s your purpose of your visit?
あなたの滞在目的はなにですか?

回答パターン1

あなた
あなた

Sightseeing.
観光です。

回答パターン2

あなた
あなた

I’m just passing through.
乗り継ぎするためです。

1-3. 同伴者の有無を答える

入国審査の人
入国審査の人

Are you traveling with anybody?
同行者はいますか?

回答パターン1

あなた
あなた

Yes, I’m with my wife.
はい、妻と一緒です。

回答パターン2

あなた
あなた

No, I’m traveling alone.
いいえ、1人です。

1-4. 滞在期間を伝える

入国審査の人
入国審査の人

How long will you stay?
どのぐらい滞在する予定ですか?

あなた
あなた

For 2 weeks.
2週間です。

1-5. 滞在場所を伝える

入国審査の人
入国審査の人

Where are you going to stay?
どこに滞在する予定ですか?

回答パターン1

あなた
あなた

I’m going to stay at Hilton Hotel in Waikiki.
ワイキキのヒルトンホテルに滞在する予定です。

回答パターン2

あなた
あなた

I’m going to stay at my friends house in Ewa beach.
エヴァ・ビーチにある友達の家に滞在する予定です。

国によっては帰りの航空券の提示を入国の際に求められる場合があります。あらかじめコピーを準備しておくと安心です。

また、アメリカへ入国する際は72時間前までに電子渡航認証システム(ESTA)を事前申請する必要があります。アメリカ本土に限らず、ハワイやグアムに行く人も必ず申請が必要なので注意してください。

ESTAの有効期限は2年間なので、その間にパスポート情報に変更(パスポート再発行など)がなければ再申請の必要はありません。

2. 税関での会話

2-1. 申告するものがあるかどうかを伝える

あなた
あなた

Here is my declaration form.
申告書です。

税関の人
税関の人

Do you have anything to declare?
何か申告するものはありますか?

回答パターン1

あなた
あなた

Nothing.
ありません。

回答パターン2

あなた
あなた

I have 3 bottles of wine.
ワインを3本持っています。

税関の人
税関の人

You’ll have to pay duty on this. Please line up there.
これは課税対象になります。あそこの列に並んでください。

回答パターン3

あなた
あなた

I’m not sure if I have anything to declare.
申告するものがあるかどうかわかりません。

2-2. 持ち込み品の使用目的を伝える

税関の人
税関の人

Open your suit case, please. What is this?
スーツケースを開けてください。これは何ですか?

あなた
あなた

This is for my own use.
私の身の回り品です。

税関の人
税関の人

Ok. Please give this declaration form to the officer at the exit.
わかりました。この申告書を出口にいる係官に渡してください。

海外旅行にいく際、基本的に肉類の持ち込みは制限されることが多いので持っていくのはやめた方が良いです。

ちなみにシンガポールではチューインガムの持ち込みが禁止されていたりするので、渡航前に持ち込みが禁止されているものが何かを事前に知っておくことが大切です。

また、アメリカのスーパーなどでよく売っているビーフジャーキーなど牛肉加工製品は日本への持ち込みが禁止されています。

お土産用に購入しても没収されてしまうので、日本へ帰国する際にも十分注意してください。

 

【コラム】税関での嘘はバレる

ハワイ留学時代、日本へ帰国することも多かったので頻繁にアメリカへの出入国を繰り返していました。

ハワイへ戻る際はいつも大量のカップ麺やインスタント味噌汁などをスーツケースいっぱいに持ち帰っていたのですが、1度だけ入国審査で食べ物の持ち込みを申告しなかったことがありました。

するとそんな時に限って「スーツケースを開けてください」と言われ、税関職員の前で鍵を開けると中には大量の日本食…

税関職員に怖い顔で「これは食べ物じゃないのか?」と聞かれ、冷や汗をかきながら「食べ物です…すみません」と答えたのを今でも覚えています。

幸い、税金がかかるほどの高価なものではなかったのでそのまま入国させてもらいましたが、本来であれば罰金です。

アルコール類などは量によっては税金がかかりますが、ちょっとした日本食であれば税金がかかることはまずありません。

ですので、申告書では嘘をつかず、正直に書くようにしましょう。

Mino
Mino

海外旅行へいく前には観光地の情報だけでなく、持ち込み品についてもきちんと調べておくと快適な旅ができますよ!

 

ABOUT ME
Mino
Mino
大学卒業後にハワイへ留学。 サーフィンやバスケが好きで、充実した4年間の南国ライフを送る。 日本へ帰国後は一部上場企業へ就職したが、9年間で退職。 南国生活が忘れられず、マレーシアへ移住。 好きなマレー料理はナシレマ。 3年以内にハワイへの再移住を目指し準備中。
最短で英語をマスターする方法

60年間の歴史をもつ「七田式英会話メソッド」は、全世界で100万人以上が実践した英会話をマスターするための新しいメソッドです。

  • 海外旅行先で英語を話したい
  • 仕事で英語を使うので短期間で覚えたい
  • 外国人の友達がほしい
  • TOEICの点数をアップしたい

と思ったことはありませんか?

日常生活でよく使う英会話60パターンを七田式メソッドを使って丸暗記すれば、関連する600フレーズをわずか60日間で完全にマスターすることが可能。

日本人の英語力は、世界88か国中49位で低く「英語を聞けてもしゃべれない」というのが多くの人の悩みです。

七田式英会話メソッド」ではそんな英語に関する悩みをたったの60日間で解決してくれます。

実際に七田式英会話メソッドを学んだ人たちは、

  • 英語で話しかけられても自然と返事を返せるようになった
  • 留学先でもスムースに外国人とコミュニケーションが取れた

とその効果を実感しています。

2020年には東京オリンピックを控え、英語を使う機会も増えます。

今まで色々な教材を試したけどうまくいかなかったという人も、歴史と実績のある「七田式メソッド」を一度試してみてください。