スポンサーリンク

旅行から帰ってきたあと、話のネタにもなるお土産にはこだわりたいですよね。でも、「ブラジルって何が有名なんだろう?」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

ぶちこ
今回は、ブラジル人の夫を持つ私がブラジルから帰国した際に購入してきたお土産をご紹介します!

みんなに喜んでもらえて、話のネタになるようなブラジルのお菓子ばかりを厳選したので最後まで読んでみてください♪

ネットで購入できるものは紹介もしているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

ブラジルのお菓子のお土産

1. 定番お土産 パソキッタ

パソキッタは、細かく砕いたピーナッツと砂糖、少しの塩で作られたやさしい味の素朴なお菓子です。ブラジルでは子供から大人まで幅広い世代に好まれています。

日本のきな粉のような食感で、口の中に入れると、ほろほろと崩れます。癖になるおいしさなのですが、別名カロリーお化けとも言われるくらいカロリーが高いので、食べすぎには注意が必要です。

小さいながらも、1個でもかなりの満足感を得られるので、ばらまき用におすすめです。大きい円形のプラスチックに個装で入っているものや長方形のミニパソキッタが配りやすいと思います。

パソキッタファンの中には、溶かしバターとあわせてピーナッツバターを作る人もいるようです。

アマゾン、楽天でも購入できます

2. 美容好きに ブラジルナッツ

ミネラル豊富なブラジルナッツは美容や健康を気にする女性に喜ばれるお土産です。

味はマカダミアナッツに似ていて食べやすいです。ブラジルナッツは人工栽培がほぼ不可能といわれており、ブラジルをはじめベネズエラやギアナなどのアマゾン川流域の熱帯雨林でしか採れないのだそう。

その高い抗酸化作用からアンチエイジング効果が見込めたり、生活習慣病予防効果などでも注目されています。

日本でも話題になったことがあるので、知っているという人もいるのではないでしょうか?疲労回復効果も期待できるので、女性だけでなく、健康を気にされている方にもおすすめです。

アマゾン、楽天でも購入できます

3. 甘い物好きに ボンボン

ボンボンは、やわらかいチョコレートクリームがウエハースで包まれていて、さらにその上からチョコレートコーティングがされているお菓子です。

引用:http://www.farofeiros.com.br/sonho-de-valsa/

さくさくとしたウエハースの食感が楽しく、食べ応えもあります。ブラジルのスーパーのレジ横には必ずと言っていいほど置かれており、ブラジル国民にもとても身近なお菓子です。

値段も1個30円程度と安いのに、カラフルで見た目がかわいいボンボンは、甘い物が好きな人にあげたいお土産です。

4. これはハマる ドッセ・デ・レイチ

牛乳に砂糖を加えて煮詰めた「ドッセ・デ・レイチ」は、ブラジルでも定番。ピーナッツバターのようにパンに塗って食べたり、フルーツに塗って食べたりできます。

ビンやプラスティック容器のものは結構重さがあるので、荷物を増やしたくない方には、ベーカリーなどで売っている小さなチューブにつめられているものがオススメ。

ブラジルの人は、チューブ容器の角を歯で噛み切って、そのまま少しずつ吸って食べます。

中には、さくさくのドッセ・デ・レイチの中に、とろとろのドッセ・デ・レイチが入っているものなどもあり、様々な種類があるのも特徴です。

生キャラメルが好きな人は間違いなく好きだと思います。

5. 不思議な食感 バラ・デ・バナナ

むちむちした食感の「バラ・デ・バナナ」はその名のとおりバナナでできたお菓子です。キャンディのような包み紙に入っているのですが、見た目は驚くほど真っ黒

バナナと砂糖を煮詰めて作られています。

ソフトキャンディのような、グミのような、なんともいえない食感です。

ひと噛み目はその食感に驚くのですが、2回、3回と噛んでいくと、バナナの風味とやさしい甘さが感じられ、気づいたときには次の一個に手が伸びているほど病みつきになります。

製造されてから時間が経つにつれ、硬くなっていくそうなので、フレッシュなものを選ぶようにしてください。

ブラジルのバナナはとても甘くておいしいので、フルーツ好きな友達にオススメのお土産です。

6. 話のネタに ゴイアバーダ

甘酸っぱい南国フルーツのグァバと砂糖を煮詰めて作る「ゴイアバーダ食感は日本の羊羹のようにねっとりしていて、日系人の間では「グァバ羊羹」と呼ばれているそうです。

引用:Santa Amália

とても甘いのですが、小さくカットしてクリームチーズと一緒にクラッカーやパンに塗って食べるのがおすすめです。

この食べ方は、「ロミオとジュリエット」と呼ばれているそうですよ。

日本の羊羹のように、好き嫌いがはっきりするかも知れませんが、みんなでわいわい言いながら試食するのにはもってこいのお土産です。

アマゾン、楽天でも購入できます

7. 癖になる シュハスコ味ポテトチップス

ブラジルの有名な食べ物といえば、シュハスコを思い浮かべる人は少なくないと思います。

ブラジル人もシュハスコが大好きなので、シュハスコ味のスナックもたくさん売られています。その中でもおすすめはシュハスコ味のポテトチップス。

その風味と、強い塩気は後を引くおいしさです。お酒のおつまみなどにも合いますよ!

8. さくさく感が楽しい タピオカスナック

タピオカというと、台湾のタピオカジュースを思い浮かべますが、ブラジルでタピオカと言うと、タピオカ粉で作った白いクレープが一般的です。

お土産におすすめなのは、このタピオカ粉で作ったスナック。

リング状の見た目で、真っ白なこのスナックはブラジルのスーパーやベーカリーに売っています。

味付けはうすい塩味なのですが、さくさくの軽い食感で、無意識で食べ続けてしまうお菓子です。大袋で売っていることが多いので、お子さんのいるご家庭などにもオススメです。

9. かわいい ウエハース菓子

日本では種類も少ないウエハースですが、ブラジルでは大人気のお菓子です。

中でもBisはチョコレートでコーティングされた一口サイズのウエハースが一袋に20個入っており、ばら撒き用お土産にも最適です。

引用:aba

価格も100円程度で売られていますし、スーパーではよく安売りもされています。ブラジルで一番愛されているチョコレート菓子とも言われているそう。

定番のチョコレート味をはじめ、ホワイトチョコレート味、オレオ味、レモン味などがあります。いろんな味を購入して、ミックスして渡しても喜んでもらえると思います。

10. アメンドイム・ジャポネス

ブラジルは日本の真裏にありますが、実は在住している日本人や日系人も多く、日本に関係するものも多く売られています。

アメンドイム・ジャポネスもそのひとつ。
ジャポネスは「日本の・日本人」という意味を持っています。

しょうゆ味だけど少し甘いクラッカー生地に包まれているピーナッツは、「日本」と銘打っているだけあって、日本人の味覚にも合うおいしさです。

お酒のおつまみにもぴったりなので、お酒好きの方へのお土産におすすめです。

番外編:優秀お土産 マテ茶

お菓子ではないけれど、どうしてもはずせないおすすめのお土産といえば「マテ茶ビタミンやミネラルの含有量が高く、飲むサラダとも言われています。

日本でも一時期ダイエットに効果が期待できると、ブームになったマテ茶ですが、ブラジルではスーパーの従業員や連邦警察でも仕事中に飲んでいる人も見かけるほど、とってもポピュラーな飲み物です。

マテ茶はシマフォンという専用のカップに熱々のお湯を入れて飲むのですが、お土産にオススメなのは、マテ茶のティーバッグ。

軽くて持ち運びに便利なので、荷物が多くなりがちな帰国時にも持ち運びしやすい優秀なお土産です。Leaoのものが現地でも一番人気です。

基本的にはどのスーパーにも置いてあります。

アマゾン、楽天でも購入できます

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

基本的にはすべてスーパーで売られており、ブラジル国民から愛されているお菓子ばかりです。ブラジルのスーパーは広いところが多く、ご紹介した以外にも個性的なお菓子がたくさん並んでいます。

旅行で訪れた際にはぜひスーパーで宝探しをしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事