アジア

マレーシアで仮想通貨? タックスヘイブンってなに?節税対策をまとめてみた。

今回は、話題の仮想通貨についてまとめました。

実は、マレーシアは【タックスヘイブン】と呼ばれる租税回避地としても現在、注目を集めてることをご存知ですか?

詳しくまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨に税金ってかかるの?

結論はい、かかります。
しかも、かなり高額です。

2016年末に、10万円だった1ビットコインは、2017年末には100万円を超え、その言葉を耳にする機会も増えたのでは?

今では、イーサリアムやリップルなど数多くの仮想通貨が世の中に出回っていますよね!最近では、フィリピンの仮想通貨ノアコインもかなり話題だと耳にします。

価格に乱降下はあるものの、期待を込めて保有している方も多いのでは?

仮想通貨が分類される雑所得とは?

f:id:minoru02152002:20180224235432j:plain

基本的に、1年間の仮想通貨の利益が20万を超える場合は、納税の義務があります。

納めないとどうなるの?

納めなければ脱税となり、
5年以下の懲役500万円以下の罰金となります。

仮想通貨も分類されている、「雑所得」とは、下記のことを指します。

  • アフィリエイト
  • オークションの売上金
  • FXや為替の差金
  • 年金

などがあります。

税金には、さまざまな種類がありますが節税しにくいと言われるのが雑所得・・。

いつ税金が発生するの?

じゃあ、持っているだけで税金の対象に?

基本的に、利益を現金やモノ・別の通貨に交換するなどし、その金額が20万円を超えたら納税義務が発生するという仕組みです。

  • 仮想通貨を売却した
  • 仮想通貨で買い物
  • 仮想通貨を他のコインにトレード
  • マイニングで利益を得た

※上記のようなことを行なった場合は、税金の対象となるので注意が必要です!

一体、いくら税金がかかるのか

その税率は、最大で55%かかるといわれています。

実は、得た金額によって細かく分かれているよう。
下の表を参考にして、自分が利益に対しいくら税金がかかるのか参考にしてみてください。

税金の計算方法
給料+その他の収入+仮想通貨の利益=納税額

【所得税の速算表】
f:id:minoru02152002:20180225004522p:plain

所得税にプラスして住民税も10%課税されるので、厳密にいうと最大55%となるのです。

節税に役立つ5つの方法

仮想通貨って換金しずらい?と感じたあなたに!節税になるであろう方法」を以下にまとめました!

※あいまいな部分も多く、確実!とは言えませんが参考にしてみてください。

節税対策まとめ
1. トレードせず、長期目線で保有
2. 毎年、少額づつ売却
3. 個人事業主になる。法人化する。
4. ふるさと納税を活用する
5. 税制優遇措置のある国への移住

では、細かく説明していきます!

1. トレードせず、長期目線で保有

2020年までに、1ビット1000万に上がる!?とも言われるビットコイン。

その他のアルトコインも現在の価格より、大幅に上がることが予測されていますね。そのために、ホールドする派も一定数いるようです。

2. 毎年、少額づつ売却

仮想通貨を現金に交換したり、商品を購入したりすると税金が発生します。20万円以内であれば税金はかかりません少しづつ売却するという方法もありますね。

ちょっと現実的ではないのかな・・

3. 個人事業主になる。法人化する

仮想通貨取引事業として、税務署に開業届を出す方法です。

開業する場合
・白色申告:10万円
・青色申告:65万円
2種類の控除があります。

利益が1000万円以上ある場合、個人事業主・法人化の目安になるとのことですが、詳しいことは税理士さんに相談するのもオススメです。

4. ふるさと納税を活用する

f:id:minoru02152002:20180225235350j:plain

人気の節税対策の1つですよね。

応援したい、好きな自治体に寄付をして特産品をお礼として受け取り、さらに寄付金が税金から控除されるという制度です。

自分がいくら控除されるのか?
知りたい方は、シュミレーションサイトがあるので参考にしてみてください。

控除金額シミュレーション | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]

5. 税制優遇措置のある国への移住

日本より税金の安い国への移住をするという方法。
これについては、さらに詳しく見ていきましょう!

タックスヘイブンを利用する

f:id:minoru02152002:20180226002036j:plain

タックスヘイブンとは、【租税回避地】という意味です。外国資本や外貨獲得のために意図的に低税率の税制優遇措置をとっている国のことを指します。

租税回避で有名な国といえば、

  • モナコ公国
  • 香港
  • シンガポール
  • スイス
  • パナマ
  • マレーシア

などが挙げられます。

パナマ文書の流出で世界経済を揺るがしたことも記憶に新しく、世界中の多くの企業や政治家が名を連ね、節税をしていることが明るみとなりました。

タックスヘイブンは、違法?

租税回避は、脱税ではありません

無税や税率の低い国のルールを活用しているので問題はありません。節税としては有効な手段であると言えるでしょう。

ただ、企業や富裕層の資金が自国から流れてしまうので、必然的に税収は減ります。その結果、日本は所得税率や法人税率の引き上げが余儀無くされています。

海外移住が有効?

f:id:minoru02152002:20180226005630j:plain

はい、有効です。

今、投資家の間で話題になっているのが【租税回避地への海外移住】です。
では、マレーシアを例にお話していきましょう!

マレーシアでは、仮想通貨は課税対象にならずGSTと呼ばれる消費税が6%かかるのみ!先ほどの表を参考に、マレーシアだといくらの税金で済むのか計算してみましょう!

f:id:minoru02152002:20180225004522p:plain

日本で利益4000万円で確定しようとすると、税金が55%(住民税10%を含む)

その額なんと2200万円。半分以上が税金に消えてしまいます。

マレーシアだと、驚きの納税額になります。

6%の消費税のみで240万円で済んでしまうのです。

住む場所が違うだけでこんなにも税金が変わってくるなんてびっくりですよね!

※2018年6月1日より、
政権交代の公約としてGSTが0%となっています

なぜ、マレーシアなのか?

f:id:minoru02152002:20180301161445p:plainメリットとは?

マレーシアでは、自国以外で稼いだお金に対して税金を払わなくてOK。投資による利益や配当に対する課税も基本的にありません。

ということは、マレーシアに住みながら日本の取引所で利益をあげた場合、マレーシアで税金を払わなければならない!という必要は、ありません。

マレーシアにある金融の島「ラブアン島」とは?

ラブアン島は、東マレーシアにある小さな島。
「ラブアン島」において設立できるラブアン法人は、税金が安くさらに就労ビザが取得できるなど多くのメリットを持っています。

ラブアン島は、アジア有数のタックスヘイブンの島なんです!

“マレーシアに長期滞在をしたい”と思ったあなたが、ビザについてネットで調べれば、必ず出てくるのが「MM2Hビザ

取得する際に、年齢によって資産や収入の証明をする必要があり、誰でも簡単に取得ができると言えるものではありません。

[getpost id=”39″ title=”MM2Hとは?”]

その点、「ラブアン法人」は手続きがスピーディーで一定の条件はあるものの誰でも簡単に会社の設立が可能なんです。

ラブアン島に会社を設立するメリットとは?

  1. マレーシア法人で法人ビザを取得するより、スピーディー
  2. ラブアン就労ビザ保持者は、マレーシア本土への移住も可能
  3. マレーシア法人と同様に有効期限2年のビザが取得が可(更新も可能)

など、他にも多くのメリットが存在します。

こちらの記事が参考になります!

ラブアン法人を活用するメリットとデメリットについてご説明いたします(マレーシア法人 SDN. BHD. を利用する場合やMM2Hを利用する場合との比較にも言及しています)

ちょっと待った!出国税がかかる?

実は、日本には国外転出時課税制度(出国税)と呼ばれる制度があります。一定の高額な資産を保有する者に対し、国外へ転出する際に、課税を行う制度のこと。

対象となる人
出国時の有価証券や株式等の合計金額(評価額)が1億円以上に達している場合。
国外転出をするまでの10年以内に国内に住所または居住していた期間が5年超である場合。

でも大丈夫!この出国税は、仮想通貨に対しては適用されません(2018年5月現在)

最大のメリット
【利確をしないまま国外に持ち出し、利確する場合は租税回避地の法律に従うことで大幅な節税が可能となるのです。】
マレーシアであれば、6%の消費税のみ負担すればOK。
※2018年6月1日より、政権交代の公約としてGSTが0%になっています!

海外移住って簡単?難しい?

マレーシアを例にお話しします。マレーシアといえば、日本人が住みたい国12年連続No.1で多くの日本人が生活をしています。では、なぜ多くの日本人が移住をするのでしょうか?

  1. 日本人が働ける仕事が多くある
  2. MM2Hという長期滞在ビザがある。
  3. タックスヘイブンが適用される。
  4. 法人が設立しやすい

もちろん、これだけではありません。実際に住んでいて住みやすいと感じることは、

  • 英語が通じる国
  • 親日である
  • イオンなど日系スーパーが多く進出
  • 日本食に困らない
  • 多国籍国家で外国人に対して差別がない
  • 気候が年中安定している
  • 物価が安い(おおよそ日本の3分の1)
  • エアアジアの本拠地(近隣諸国に格安で旅行ができる)
  • ゴルフが安い
  • 子育てしやすい環境が整っている

など、多くのメリットがあります。

もちろん、誰でも簡単にできる!とは思いませんが、欧米諸国に移住するより、圧倒的にハードルは低く、日本人も多いので情報も集めやすいのではないかと思います。

こんな記事を見つけました。

「スタジオに絶対来られないスゴイ人」(毎日放送)で、今年仮想通貨で5億円を稼いだという人物が現在の暮らしぶりを明らかにした。その中で、現在はマレーシアに住んでいるという35歳のニシノカズ氏が登場した。

実は、芸能人のGACKT(ガクト)さんも、マレーシアに移住し1年の半分を過ごしていると一時期話題になりましたね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

仮想通貨を持っている人たちにとっては、頭を抱えてしまうような税金の問題。タックスヘイブンで海外移住というのも1つの選択肢かもしれません。

[getpost id=”11″ title=”あなたにオススメの記事”][getpost id=”1612″ title=”あなたにオススメの記事”]

ABOUT ME
ひとさん
ひとさん
海外移住をきっかけに旦那さんとブログをスタート!海外旅行・食べること・写真を撮ることが趣味です。現在は、夫婦でパソコン1つで東南アジアを旅してます!将来は、フレンチブルを飼って海沿いを散歩するのが夢。