スポンサーリンク

マレーシア3番目に大きな都市、「イポー(Ipoh)」へ行ってきました!スズ産業の成功によって、多くの中華系の億万長者が誕生した近代都市です。

美食の街としても知られ、首都クアラルンプールから鉄道で2時間半で行けるので、ぜひ訪れてほしいオススメスポットです!

高速鉄道(ETS)を使うと簡単に行けます!
チケットの取り方から乗り方までまとめたのでぜひ参考にしてみてください!

アクセスの方法

イポーまでのアクセスの仕方は、2種類あります。

  • 長距離バス
  • 高速鉄道(ETS)
鉄道がおすすめ
車内もキレイで、中心地に近いイポー駅が終点なので着いてからも移動が楽!
(バスは、5キロ離れたバス停に止まる為、中心地までさらに移動が必要)
価格
  • 長距離バス: RM30(約 850円)
  • 高速鉄道(ETS): RM35(約 980円)

 

スポンサーリンク

チケットの取り方

KLセントラル駅のチケットカウンターで購入することもできますが、今回はネットの注文が楽で便利だったのでネットでのチケットの取り方をご紹介します!

 電車は、全席指定なので必ずカウンターかネットで購入する必要あり!

 

【トップページ】

 

日程や時間を入力して空きを検索

トップページの「PLAN YOUR JOURNEY」から必要事項を入力して、電車の空きを確認しましょう!

 特に土日や、マレーシアの祝日は混雑します。当日にチケットを取るのは難しい場合もあるので、早めに取っておくことをおすすめします。

 

 

時刻表を参考に時間を決めよう

【時刻表】

大体、1〜2時間に1本の間隔です。
 出発時間は、大体の希望時間を指定して検索すると、近い時間帯の電車を表示してくれます。

 

電車に空きがあればOK!

席で値段が違う
・ゴールド 35RM(約980円)
・シルバー 25RM(約700円)
ちなみに、私はゴールドを選びました!
往復の希望の時間と席を指定して次のページに進みます!

 

個人情報を入力

予約した人数分の個人情報を入力します。

名前
パスポート番号
生年月日
性別

席を指定する

ちなみにC号車は、食堂車になっているので簡単な軽食や飲み物を買うことができます!値段もリーズナブル。

人数分の往復の座席を指定したら次のページに進みます。

あとは、支払いのみ!

最後に、支払いを済ませれば完了です!クレジットカードも使用できます

これでチケットは、完了!

支払いが完了すれば、チケットは取れています!以外と簡単ですよね♪

 最後にメールアドレスの入力を求められたのですが、チケットの詳細はメールアドレスに届かず。本来なら届くはず??

支払いが完了するとPDFでチケットの詳細が出るので保存しました!

スポンサーリンク

チケットは、こんな感じです

ネットで予約すると、こんな感じでチケットが出力されます。

POINT !
プリントアウトせずに、このままスマホの画面で見せても問題なかったです。改札に入る時と、電車に乗ってからの2回提示する必要があり

いざ、乗車!

チケットは、こちらで購入できます。

KLセントラル駅のKTMの待合場所を目指します。この看板を目印にしてくださいね!

 乗車時間の20〜30分前を目安に到着しておくと安心。

待合場所についたら、列車の番号と時刻が貼り出されているので、スタッフから声がかかるまで待ちます。

こんな感じで、同じ列車に乗る人達が待ってます。

出発時間が近づくと、スタッフがプラカード的なのを持って改札まで引率。みんなで連なって改札を目指します。

あとは、チケットに記載された自分の席を目指すだけ!

車内は、こんな感じ。清潔感があって席も広めで快適です!

あとは、イポーまで列車の旅

イポーまでの所要時間は、約2時間半。食堂車に行ってご飯を食べるもよし、クアラルンプールとは違った車窓からの雰囲気を楽しむのもいいですね。

電車の中、かなり冷えます

列車の中は、かなり冷房がきついです。日差しがあると車内も暖かくはなりますが、気持ち程度。

 特に足から冷えるので男性の方は長ズボン、女性の方は膝にかけるものを持って行ってくださいね。

マレーシアって電車に限らず、映画館とかショッピングモールも結構冷えます。

まとめ

クアラルンプールに観光に来たら、少し足を伸ばしてイポー観光なんていかがでしょうか?マレーシアの新幹線的な役割を果たす高速鉄道にぜひ乗ってみてくださいね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事