スポンサーリンク

バリ島といえばインドネシアにある、「東南アジア屈指の高級リゾート地

島全体が観光スポットとなっていて、海も山も存分に楽しめます。大自然を生かしたアクティビティや心身共にリラックスできるスパも人気がありますよね。

自然派のナチュラルコスメも女子には大人気!

今回は、バリの基本情報と旅に役立つ持ち物をまとめました!

バリ基本情報

直行便で約7時間
3泊5日〜
−1時間
・4〜10月
インドネシア語
ヒンドゥー教
30日以内の滞在は不要
主にタクシー(配車アプリなど)
ルピア 
1Rp=80円(2018年6月現在)
水洗。紙は流せません
飲めません
220V(プラグC)

旅の予算は?

予算は、滞在日数+1〜2万円

物価は、日本の1/3程度。
食事は、日本より安く屋台ならさらに安く済みます。近年のバリ島は、物価の上昇が著しいですが、まだまだ日本より物価はかなり安くなっています。

 ※大衆食堂やタクシーでは、小額紙幣を持っておくのがベター。

fa-chevron-circle-right大体の目安

タクシーの初乗り Rp.7000(55円〜)
バス Rp.20000(160円〜)
屋台 Rp.15000(120円〜)
ミネラルウォーター Rp.3000(25円〜)
缶ビール Rp.17000(140円〜)

バリの中心部では、クレジットカードが普及しています。多くのショップやレストランで使用できるので安心を。

平均気温と降水量

四季はありません。

  • 乾季(4月〜10月)
  • 雨季(11月〜3月)に分かれています。

雨季でも1日中、雨が降ることはありません。1日に数回、スコールが降ります。雨のあとは、風が吹き涼しく感じるはずです。

年間の平均気温は、28度前後
スコールは、短い間バケツをひっくり返したような激しい雨と、雷になることも。すぐに止む場合が多いので心配はいりません。が・・外を出歩くことが多ければ、折り畳み傘があると安心です。

治安は??

治安は、それほど悪くありません。

ただ、気をつけなければならないのが軽犯罪

  • 女性が一人で夜に出歩く
  • 大金を持ち歩く
  • スリやひったくり
  • 置き引き
  • タクシーのぼったくり

観光客を狙った犯罪はどこでも発生します。海外であるということを忘れずに、旅先での気のゆるみにつけ込まれないように、慎重に行動することも必要ですね。

気をつけたいマナーとタブー


バリ島を旅行する際に、知っておいてほしい最低限のマナーとタブーをまとめました。

チップが慣習化しつつあります

元々は、チップの習慣がなかったのですが「ホテル・レストラン」では、チップ制度が慣習化しつつあります。

レストランやホテルにサービス料として含まれている場合は、不要
いいサービスを受けた時は、チップを置いてあげると喜ばれるでしょう。
チップの目安
・エステやマッサージ 最大でRp.5万
・ポーター Rp.1万〜2万
・レストラン 5〜10%
・タクシーをチャーターした場合
金額の5〜10万%
※Rp.1=約80円

左手は、使わない

左手は、不浄」とされています。

理由は諸説ありますが、トイレの後に水を組んで左手で流しながらお尻を洗う習慣があるので「不衛生」とされていたり、イスラム教の慣習が影響し残っているなど・・。

ちなみに、インドネシアは90%がイスラム教でバリ島は90%がヒンドゥー教です。

個人的な主観
あくまで実際にイスラム圏に住んでいる個人的な主観ですが、「食事や、物の手渡しは意識して右手を使う」といいと思います。クセで左手を使ってしまうこともありますが、出来るだけ右手に持ち替えて、右の手のひらを上にしてお金を渡すと、大体の人がとても丁寧にお金を受け取ってくれますよ。

子供の頭を撫でてはならない

子供の頭に軽々しく触るのは禁止です。

人の頭には精霊が宿っていると考えられており、神聖な部分です。ましてや、不浄とされる左手を使って触るなど厳禁。大きなトラブルの元となるので注意してくださいね。

人前でむやみに大声を出さないこと

バリの人は、島国特有の「ゆったりとした性格」の人が多め。大声や怒声を嫌う傾向にあります。トラブルの際も、感情的にならずに冷静に対応することを心がけるといいでしょう。

寺院内での服装やマナー

寺院を見学する際は、肌を露出した服装は厳禁

貸し出しされている「サロン(腰布」を巻いて入らなければなりません。また、神聖な場所のため以下に該当する人は寺院内に入ることが許されていません。

 生理中の女性や身内に不幸があった人はダメ。ケガなどで出血している人もNGです。守らなければ、身内に不幸が起こると考えられています。

 飲酒に関するルール

インドネシアでお酒が飲めるのは、21歳から!
コンビニやスーパーでも購入できますが、イスラム圏ということで若干高め。

喫煙者のマナー

バリ島では、2011年に禁煙法が可決され、交通機関・公共の施設はほとんどが禁煙です。違反した場合、6ヵ月の懲役または、Rp.5000(4万円)の罰金刑があるので注意が必要です。

禁止されている場所
・公共交通機関
(バス・タクシー・飛行機)
・公共施設
(空港・学校・病院や政府のオフィス) 
スポンサーリンク

持ち物チェックリスト

必要なリストを6つに分類しています。

1. 旅の基本の必需品
2. 衣類や機内の便利グッズ
3. 洗面用品、コスメ
4. スマホなどの電子機器
5. 観光に必要なアイテム
6. バッグ・収納

1. 旅の基本の必需品

パスポートは、旅の必須アイテム。
有効期限もしっかりとチェックしましょう!クレジットカードは、2枚程度持っておくと便利です。

海外旅行で持って行くべきクレジットカード
・VISAかマスタカードなら大体のお店で使える
・海外旅行の傷害保険が自動付帯のカード
・マイルが貯まるカード
・海外のATMで引き出しが出来るカード

航空券は、必ず往復分を準備しコピーを取っておくと安心です。お金は事前に準備してもOKですが、現地で両替する方がレートが良い場合も。

必須アイテム

fa-square-oパスポート fa-square-o現地通貨の現金
fa-square-o航空券のeチケット控え fa-square-o旅の日程表
fa-square-oクレジットカード fa-square-o海外旅行保険の書類

要検討

fa-square-oパスポート写真(2枚) fa-square-oパスポートのコピー fa-square-o国際免許証

パスポートの盗難に備え、写真は2枚準備しておくとGOOD。出かける際は、コピーを持ち歩くと紛失の心配もなく、万が一の時にも安心です。

レンタカーを運転する場合は、国際免許証が必須です。事前に準備を!

 

2. 衣類や機内の便利グッズ

機内で過ごす時間は意外と長いもの。
過ごしやすい服や、アイテムがあると快適ですね。ちょっと高級かレストランに行くなら、ワンピースを持って行くなど、TPOに応じて服装を変えられるように準備するのがオススメ。

衣類

fa-square-oラクな服 fa-square-o靴やサンダル fa-square-oナイトウェア
fa-square-oワンピース fa-square-o水着 fa-square-o衣類の圧縮袋
fa-square-o下着や靴下 fa-square-oストール fa-square-oカーディガン

機内の便利グッズ

fa-square-oネックピロー fa-square-oアイマスク fa-square-o耳栓
fa-square-o携帯スリッパ fa-square-oマスク

個人的には、必ずキンドルを持っていきます!格安航空を利用する時は、座席モニターがなくて正直ヒマです。そんな時の必須アイテムですね。

機内だけでなく、海外はショッピングモールやレストランの冷房もキツイです。羽織るものは必ず持って行くことをオススメします。

3. 洗面用品、コスメ

もちろん、現地で揃います。が、特にコスメや肌に直接つけるものを海外で買うのは心配・・。という方は、使い慣れたものを持って行くと心配がありません。

持ち運びがしやすいように小さな容器に詰め替えて持っていきましょう。

洗面用品

fa-square-oコンタクト用品 fa-square-oヘアケア用品 fa-square-o歯ブラシ
fa-square-oカミソリ fa-square-oボディーソープ fa-square-o爪切り
fa-square-o化粧品 fa-square-o綿棒・コットン fa-square-o生理用品

 

4. スマホなどの電子機器

バリ島は、日本と異なるコンセントなので変換プラグ(Cタイプ)が必要電圧は、220Vです。

電圧が強いので海外非対応の電化製品を持って行く場合は、※変圧器が必須。リストをしっかりとチェックして準備をしましょう!

電子機器類

fa-square-oスマートフォン・タブレット fa-square-oレンタルWi-Fiのルーター
fa-square-oモバイルバッテリー fa-square-oカメラ一式
fa-square-o変換プラグ 不要 fa-square-o変圧器 ※必要に応じて
fa-square-o各種:充電器 fa-square-o海外対応ドライヤー

5. 観光に必要なアイテム

いよいよ観光スタートという時に、
使える!あると便利!なアイテムをまとめました。

一緒に行った友達が、恋人が困っている時さっと取り出せたらスマートですね!

観光に必要なアイテム

fa-square-oガイドブック fa-square-oカメラ fa-square-o常備薬
fa-square-oウェットティッシュ fa-square-oサブバック fa-square-o折りたたみ傘
fa-square-o虫除けスプレー fa-square-o帽子 fa-square-oサングラス
fa-square-o薄手の上着 fa-square-oノート・ペンfa-automobile fa-square-o日焼け止めfa-subway
情報量が多く、個人旅行ならこの1冊があれば間違いなし!旅行上級者も愛読。ガイドブックは、地球の歩き方シリーズがオススメですよ!

6. バッグ・収納

滞在期間や荷物の量によってサイズ感も人それぞれ。旅の負担も大きく変わるので早めに準備しておきましょう。

3泊5日なら中〜大型のケースが便利!

バック・収納

fa-square-oスーツケース fa-square-oサブバック fa-square-oビニール袋
fa-square-o衣類圧縮袋 fa-square-oジップロック fa-square-oラゲッジタグ

ラゲッジタグの重要性

海外旅行でロストバゲージに
合わないように準備しましょう!

 

ブランドのスーツケースだと、色やデザインが被ってしまうことありますよね。間違いを防ぐためにも、印をつけておくのは効果的です。

自分の荷物がターンテーブル上でも見つけやすいというメリットもあります。

【出国時に記載しておくこと】
・名前
・メールアドレス
・行きに利用する経路と便名や日付
・滞在先のホテル名の住所・電話番号
【帰国時に記載しておくこと】
・名前
・メールアドレス
・日本での電話番号
・帰りに利用する経路と便名や日付

まとめ

いかがでしたでしょうか?旅の予定が決まったら、しっかりと事前に準備をして快適な旅を満喫してくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事