スポンサーリンク

30代のOLです。仲の良い友人と海外旅行へ行った時の話です。

スペイン3大祭りに参加!ダイナミックなお祭りにワクワク

私達はスペインの3大祭りの一つに挙げられる、バレンシアの「サン・ホセの火祭り」に参加するためツアーに申し込みました。このお祭りは、街中に高さ10mを超える巨大な張り子の人形が飾られ、コンクールで最優秀賞に選ばれたもの以外、最終日に全て燃やしてしまう事から「火祭り」と言う名前がついているそうです。

私達はもちろんこの最終日の人形が燃え上がるのを見るため、ツアーに参加しました。日本ではなかなかお目にかかれないダイナミックなお祭りにワクワクしながら、当日、お祭りが行われる街までツアー客全員でバスで移動し、集合時間を伝えられ解散しました。

スポンサーリンク

時間通りに祭りは始まらず、集合時間が刻々と迫る

その際ガイドさんより、集合時間に集まらなかった場合は各自でホテルへ帰ると判断し、バスは出発しますと伝えられました。私たちが参加したツアーは中高年の方々が多く、皆絶対に集合時間に帰ってこようと言い合いながら、各自好きな場所に移動し、人形が燃え上がるのを待っていました。

ところが、待てど暮らせど始まりません。海外は日本の様に時間通りに始まることはないとは思っていましたが、あまりにも始まらず、ついに集合時間がきてしまいました。目的のものが見れず悲しい気持ちになりながらも、自力でホテルへ帰るのは難しいと判断し、友達と集合場所へ戻りました。

スポンサーリンク

時間になってもガイドは帰らず。ツアー客が激怒した理由

しかし、集合時間を過ぎ、ツアー参加者が全員揃っているのに、ガイドさんだけが戻ってきません。どんどん時間だけが過ぎ、集合場所からは見えませんでしたが、人形が燃え始めた雰囲気がありました。しかしいつバスが出発するか分からないため、誰も集合場所を動けず、ツアー参加者の一人がガイドさんに連絡をとっていました。

しかし、いっこうに繋がりませんもう諦めかけた瞬間、ガイドさんが集合場所にニコニコ戻ってきました。ツアー参加者がどうして集合時間に戻ってこなかったのか詰め寄ると、「火祭りが始まっていなかったから、誰も帰ってきていないと思った」と。

そしてご自身は火祭りを堪能してきたとのこと…。その後、ツアー会社からの謝罪と言う事で、ツアー中の飲み物が飲み放題となったのですが、怒りが収まらないツアー参加者達が怒りを次々にぶつけていたら、ガイドさんが泣いてしまいました。

ある夫婦のボソッと言った一言で、楽しい思い出に

それを見た優しそうなご夫婦の旦那さんが「これが本当の火祭りだな」とぼそっと呟かれ、それが無性におかしく、スペインと聞くと、その言葉が思い出され笑ってしまいます。

私もほかのツアー参加者同様、ガイドさんに対してものすごく怒っていたのですが、あのご夫婦の旦那さんの言葉で一気に怒りが楽しさにかわってしまいました。もちろんあのお祭りを体験できなかったことは悔やまれますが、ハプニングがなかった旅行はあまり思い出すこともなく、あとで思い返す旅行としては最高に面白かったと思いました。

どんなハプニングもあの優しそうな旦那さんの様に楽しくとらえられる人間になりたいと思いました。

 

<こちらの記事も人気です!>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事