スポンサーリンク

医療関係の仕事をしているアラフィフ女性です。海外旅行は好きで、年に1回は行きたいと思っています。海外旅行に持って行って良かったものを5つ紹介します。

1. 機内でも快適に眠るためのエアー枕

1つ目はエアー枕です。海外に行くとなると、ある程度のフライト時間になります。現地に着いてそのまま観光などという場合もあるかと思います。そのときは、機内での睡眠がとても大事になります。

エコノミーですと、リクライニングもそんなにできませんし、座った状態でより快適に睡眠をとるためには、首を固定してくれるエアー枕は必須です。エアー枕なしで寝ると、首が左右どちらかに傾いて、痛くて目が覚めることがあります。これは安眠妨害です。

スポンサーリンク

2. 防寒用の薄手のカーディガン

2つ目は機内で使うための靴下やカーディガンなどの羽織るものです。薄手の物で良いと思います。羽織るものなどはクシャクシャと小さくなるものがかさばらなくて、荷物にもなりませんのでおススメです。

夏場の飛行機の中はほとんどの場合、冷房が効きすぎています。とくに海外の飛行機会社ですと寒いくらいです。長時間寒い機内で過ごすのは良くないです。身体を動かすこともありませんからなおさらです。ちょっとした防寒対策が必要です。

スポンサーリンク

3. 食事やトイレで役立つウェットティッシュ

3つ目はアルコール除菌のウェットティッシュです。海外ではおしぼりはほとんどのお店で用意されていません。ちょっとお菓子をつまみたくなったときや、手が汚れてしまったときなどに便利です。

また、海外では日本のようにトイレがどこにでもあるわけではありません。手を洗いたくても洗えないことが多いです。その時にウェットティッシュがあると助かります。

びっちりと観光していると、お昼ご飯をゆっくり食べることができないことがあります。そんなときはちょとしたカフェなどで軽く済ませてしまうことが多々あります。そういう時にササっと手を拭くものがあるといいですね。

4. ホテルでリラックスするためのスリッパ

4つ目はスリッパです。海外のホテルには、日本のホテルのようにスリッパが備え付けてあるところはほとんどありません。旅の疲れを癒すためにも、ホテルの部屋のなかでは靴は脱ぎたいですよね。特に夏場などは靴が蒸れてしまいますので、スリッパがあると重宝します。

また、シャワーを浴びた後に靴を履くのもイヤなものです。部屋でのちょっとした移動などにもスリッパがあると便利です。100均などのスリッパで十分です。帰りは捨ててきてしまえば、荷物も減りますし問題ないですね。

5. いつでも美味しいフリーズドライの日本食

5つ目はフリーズドライのお味噌汁です。スープやポタージュみたいなものでもいいと思います。フリーズドライのお味噌汁はおどろくほど美味しいですね。海外での食事が続くと、お味噌汁がとてもありがたく感じます。粉末やペースト状のものもあり、とても便利です。

小さいですからスーツケースの端やポケットに入れておいてもなにも問題はありませんね。ホテルには、ポットとカップが置いてあるところがありますからお湯は使うことができます。

まとめ

日本にいるときのように「何かあったらコンビニで買えばいいや」ということは、海外では難しいと思います。なんでもコンビニで揃えることのできる日本は本当に便利です。せっかくの海外旅行ですから、思いっきり楽しむことができるように、準備は万端でお出かけくださいね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事