スポンサーリンク

20代の主婦です。以前OLとして働いていた会社で行った社員旅行での話です。

楽しみにしていた社員旅行。行き先は香港・マカオ!

旅行が好きな私ですが、当時は海外旅行をする時間もお金もなく、社員旅行で行くことになった海外旅行を楽しみにしていました。 行き先は香港に1泊とマカオに1泊の2泊3日の内容でした。

3日分の洋服をわくわくしながら選んだり、持っていくものも念入りに荷造りしたりと、とても楽しみだったのを覚えています。

しかし、出発当日の地元の空港から香港へ、経由地の台北にて乗り換えを行なった際に事件は起きました…。

スポンサーリンク

事件は経由地の台北で発生!預けていたスーツケースが…

それは、台北に着いて一旦預けていたスーツケースを受け取るはずだったのですが、みんなで一緒に預けたはずの私のスーツケースが出てきません「社員の誰かが私のを取ってくれたのかな?」と思いながらみんなに聞きましたが、誰も知らないと言うし、また荷物の受け取りの場所へ戻り、同行の旅行会社の人に空港スタッフに確認してもらったのですが、私の荷物は出てきませんでした。

「みんなで預けたのになぜ私のだけ!?」と思いながら、そして旅行はこれからというのに、2泊3日どうしようかと不安なまま、飛行機は予定通り乗り換えて香港へ。私の荷物は空港スタッフが引き続き探し、旅行会社の人に連絡が来るようにしてもらいましたが、乗り換えた飛行機の中でも不安なままでした。

気持ちを切り替えて、社員旅行を楽しむことに

とはいいつつ、社員のみんなにも心配をかけていたので「なるべく私も楽しもう!」と開き直り、香港に着いてからは荷物のことは忘れて過ごしました。香港に着いた後に、旅行会社の人に空港スタッフから連絡が入ったのですが、私のスーツケースはなぜか台湾へ着いていたようでした!

みんなと一緒に預けたのに私の荷物だけ他の国へ行ってしまったのが不思議ですが、その時には開き直っていたせいか、なんだかそのことが面白くなっていました(笑)。

バッグが戻ってきたのは最終日!でも楽しい思い出に。

結局、自分の手元にスーツケースが戻ってきたのは、3日目のマカオのホテルにて。もうほぼスーツケースは必要なかった頃に戻ってきたのですが、自分のスーツケースと再会できたときは抱きしめてしまいました。社員のみんなも笑ってくれて、逆に良い思い出になりました。

まさか、みんなと一緒に預けた荷物の中で私の荷物だけが他の国に行ってしまうなんて思いもよらなかった経験で、どうすれば良かったのかも未だに不明ですが、おかげで社員のみんなの印象に残る旅行になったことは良かったと思います。

旅行の後もその時の話になりみんなで笑えたのが良かったです。しかしその時は荷物が戻ってきたから良かったものの、今後は海外旅行に行く時は貴重品だけは絶対にスーツケースには入れてはいけないと、この旅行を通して思いました。

 

<こちらの記事も人気です!>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事