スポンサーリンク

20代のOLです。これまでの海外旅行で最も絶望感を味わった旅は7年前に大学の卒業旅行で行ったヨーロッパ旅行でのことです。

国内で両替を済ませ準備万端と思いきや…

これまで15カ国以上の海外を旅行しています。その中で私が最も絶望感を味わったのは大学生の卒業旅行で行った2週間かけてのヨーロッパ旅行でした。ルートはまずオランダに一人で行って観光し、イギリスで当時留学中だった日本人の友人と合流し、その後フランス、ドイツと回り、イギリスに戻るというものでした。

4カ国を巡るルートで外貨はユーロとポンドが必要でした。私は国内で外貨を準備して旅行することに。空港はレートが高いと思い、換金は前もって銀行で済ませました。さて最初の国オランダへ到着。ホテルで荷物をほどいていた時のことです。

スポンサーリンク

探しても見当たらないポンドを思いもよらぬ場所で発見

どこを探しても入れたはずのポンドがありません。ユーロはありました。頭が真っ白になりました・・。旅行初日で、お金がないことに気付き激しい絶望感にも襲われました。

盗まれたかと思ったのと、パニックなのとで確認したところでどうしようもないのは分かっていたのですが、家族に電話をかけました。

当時私はスマートフォンではなく、携帯電話を所持していたのでラインなんて機能は使っていませんでした。国際電話をかけると料金が高いと思い、ホテルの電話を慌てて借りたのを覚えています。家族に電話を繋げて私の部屋にポンドがあるか尋ねたところ、情けないことに部屋に置き去りにされていることが判明。

仕方なく、わずかな日本円をポンドへ換金

どうしてパスポートの次に必要なお金を入れ忘れたのか?今でも自分を信じられません。盗まれていないことだけが分かりましたが、お金がない事実は変わらず。

とりあえず、ユーロ圏にいる間はユーロを使えばいいけれど、イギリスにいる間のお金がありませんでした。最低限財布に入れていた1万5千円ほどの日本円をポンドへ換金。1円でももったいないので手数料が一切かからない両替屋を見つけて換えました。

それでもポンドは足りなかったので、ユーロからポンドへ換金も。何とか旅行することはできましたが、結果ケチケチしながら旅行することに・・。せっかくのヨーロッパでお金を気にせず好きなことをして、好きなものを買いたかったのに、大きなミスのせいで悔しい思いをすることになりました。

パスポートとお金は必要以上に確認!

この絶望的な事件のあと、私は絶対にお金は必要以上にきちんと荷物に入れたかを確認することにしました。また念のために国際キャッシングができるカードを所持することにも。お金がないと旅行を十分に楽しむことができません。

悲しい思いをしないためにも、お金はきちんと余裕を持って行くことにしています。現金以外でクレジットカードを利用することもあります。

海外旅行に最低限必要な

  1. パスポート
  2. お金
  3. 航空券

は絶対に忘れてはいけません!と私の経験から声を大にしてみんなに伝えたいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事