スポンサーリンク

現在専業主婦の20代です。2年前、主人と新婚旅行で初めて海外のシンガポールに行った時の話です。

初めてのシンガポールに大興奮!

初めての海外旅行に興奮していた私は、飛行機の中でもほとんど眠れずに現地に到着しました。 現地には朝の8時頃到着し、主人とまず宿泊するホテルに移動。 しかしホテルのチェックインは15時からと言われ、旅行開始早々に途方に暮れる羽目に。

キャリーバッグのみ預かってくれるとのことだったので、手荷物だけもって朝ごはんを食べに町にでました。 英語が全然話せない私達夫婦でも、なんとか朝食にありつけました。

当時日本は真冬でしたが、シンガポールは夏に近い気温なので日差しがとても暑かったのを覚えています。

スポンサーリンク

ホテルに隣接したショッピングモールへ行くことに

お昼間近になると、ホテルと隣接したショッピングモールが開店したのでそこに行きました。モール内には飲食店やブランドショップ、雑貨屋、カジノ、カフェ、映画館など一通り揃っていて見ているだけでワクワク

まずは一通り見て歩き、お昼ご飯を食べにフードコートへ!一風堂なんかもあってちょっとビックリ。 現地の唐揚げ?のようなものと、ココナッツラーメンみたいな食べ物を完食。

日本にはない不思議な味でした。
そのあと主人とカジノへ。生まれて初めてのカジノなので、まずは5ドルくらいの低いレートでルーレットやサイコロを楽しみました。

ナイトサファリに行った後は大人の楽しみカジノへ

お昼を過ぎたので、ホテルに戻ってみると「お部屋の準備が出来ました」とのこと。部屋は素晴らしいオーシャンビューで感動しました。飛行機から寝ていなかった私は疲れがドッと出てしまい、数時間お昼寝。

夕方になって夕食をとった後、有名なナイトサファリにも遊びに行きました。夜なので夜行性の動物は元気がよく、昼とはまた違った雰囲気を楽しめました。

さて、1日シンガポールを満喫して気が大きくなってしまった私たちは、再びカジノで遊ぶことに。しかしもう5ドルでは満足できなくなっていました。5ドルかけて倍になり、さらに10ドルかけて倍になり、楽しくなってきた私たちは、最終的に300ドルや500ドル賭けて遊ぶように。

カジノで散財した私たちの所持金は…

はじめは純粋に楽しんでいましたが、段々お金を増やすことがメインに・・・。 最低限のお土産と、2日目3日目の旅費を残して深夜まで散財。結局最終日もホテルを出るギリギリまでカジノで散財し、帰りに残ったお金は5ドル札1枚と小だけ。

一時は旅費がペイできるまで膨れましたが、全額飲まれてしまいました。当時はもったいなかったなーと思いましたが、今となっては二人の笑い話です。

何事もほどほどが一番!

何事も程ほどが一番ですよね。

私達夫婦は無計画に行き当たりばったりで旅行に出たので、よけいに歯止めがききませんでした。計画的に、嗜む程度ならまた違った楽しみ方ができるのだと思います。これから海外に旅行に行かれる方、またその国にカジノがある場合は要注意です。

計画的に、予算を決めて程ほどに楽しんでくださいね!メインがカジノになってしまうと、思い出の7割がカジノになってしまいます。

せっかくの海外旅行なので他のことも楽しんでください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

よく読まれている記事